中渡瀬 秀一 NAKAWATASE Hidekazu

ID:9000004151423

国立情報学研究所 National Institute of Informatics (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 47

  • 1 / 3
  • Survey on the number of published research data supported by Grant-in-Aid for Scientic Research  [in Japanese]

    NAKAWATASE Hidekazu

    <p> 内閣府によるオープンサイエンスに関する検討会を経て,論文や研究データ等の利活用促進を拡大することが国の基本姿勢と定められた.今後はこの活動が定着してゆくのかを定量的にも見定めてゆく必要がある.本稿では公開される研究データの現状把握にまず主眼を置き,助成金による研究プロジェクトの成果に含まれる研究データの公開状況について調査した結果を報告する.</p>

    Joho Chishiki Gakkaishi 27(4), 370-372, 2017

    J-STAGE 

  • Survey on Publication Productivity based on Bibliographic Database of Science and Technology Documents  [in Japanese]

    NAKAWATASE Hidekazu

    本研究では研究者の発表文献統計に見られる分布特性を明らかにするために科学技術文献データを用いて発表数の推移などを調査・分析した.その結果,著者らの発表活動に関する統計には経年的に安定した分布傾向がみられるものがあることが明らかになった.

    Joho Chishiki Gakkaishi 25(2), 126-130, 2015

    J-STAGE 

  • Extraction Grumbles from Messages on Microblog  [in Japanese]

    NAKAWATASE Hidekazu , OYAMA Keizo

    本稿では日常生活で遭遇するトラブル,製品不具合,困り事などの障害をソーシャルメディアのメッセージから獲得する方法について検討した結果を報告する.これらの障害を収集することは社会生活や製品・サービスにおける問題を改善する上で重要なことである.提案する方法ではメッセージに含まれるネガティブな情動を伴う呟きをグランブルと呼び,これら抽出するために必要な述語の選定を行う.約2億件の日本語ツィートを用いて評 …

    Joho Chishiki Gakkaishi 24(2), 246-249, 2014

    J-STAGE 

  • Context Oriented Analysis of Interest Reflection of Tweeted Webpages based on Browsing Behavior

    HAN Hao , NAKAWATASE Hidekazu , OYAMA Keizo

    Twitterは最も広まっているマイクロブログであり,アクセスしたウェブページをシェアする場として多くのウェブユーザが利用していることから,ソーシャルウェブにおける多様な推薦システムを生み出している。しかし,ウェブページへのアクセスとTwitterにおけるシェアとの差異はほとんど顧みられておらず,多くの推薦システムは「シェアは関心の良い反映である」(つまり,ユーザはアクセスしてみて内容に興味を持っ …

    IEICE technical report. Data engineering 113(150), 157-162, 2013-07-22

  • Context Oriented Analysis of Interest Reflection of Tweeted Webpages based on Browsing Behavior  [in Japanese]

    Hao Han , Hidekazu Nakawatase , Keizo Oyama

    Twitter は最も広まっているマイクロブログであり,アクセスしたウェブページをシェアする場として多くのウェブユーザが利用していることから,ソーシャルウェブにおける多様な推薦システムを生み出している。しかし,ウェブページヘのアクセスと Twitter におけるシェアとの差異はほとんど顧みられておらず,多くの推薦システムは 「シェアは関心の良い反映である」 (つまり,ユーザはアクセスしてみて内容に …

    IPSJ SIG Notes 2013-IFAT-111(28), 1-6, 2013-07-15

  • Context Oriented Analysis of Interest Reflection of Tweeted Webpages based on Browsing Behavior  [in Japanese]

    Hao Han , Hidekazu Nakawatase , Keizo Oyama

    Twitter は最も広まっているマイクロブログであり,アクセスしたウェブページをシェアする場として多くのウェブユーザが利用していることから,ソーシャルウェブにおける多様な推薦システムを生み出している。しかし,ウェブページヘのアクセスと Twitter におけるシェアとの差異はほとんど顧みられておらず,多くの推薦システムは 「シェアは関心の良い反映である」 (つまり,ユーザはアクセスしてみて内容に …

    IPSJ SIG Notes 2013-DBS-157(28), 1-6, 2013-07-15

  • Extraction Q&A from Dialogue on Miniblog  [in Japanese]

    NAKAWATASE Hidekazu , OYAMA Keizo

    近年,ソーシャルメディアの普及が広く進み,その豊富なデータ資源の活用方法が模索されている.本稿ではミニブログ中のメッセージからQ&A 型の知識を抽出する方法について検討した結果を報告する.提案手法では対話的なメッセージの中からそれを発見することを試みる.1 日分の日本語ツィートを用いて抽出実験を行った結果,千数百件程度のQ&A 獲得が見込まれることが判明した.

    Joho Chishiki Gakkaishi 23(2), 135-140, 2013-05-25

    J-STAGE  References (6)

  • Extraction of Q&A from Tweet Texts  [in Japanese]

    Nakawatase Hidekazu , Oyama Keizo

    Technical report of IEICE. Thought and language 112(339), 13-16, 2012-12-08

  • Factor Extraction of Microblog Behavior Model with Panel data and Time line data  [in Japanese]

    NAKAWATASE Hidekazu , OYAMA Keizo

    IEICE technical report. Artificial intelligence and knowledge-based processing 112(94), 31-32, 2012-06-14

    References (3)

  • Survey on the Frequency Distribution of the Reduplicated Word in Newspaper Articles  [in Japanese]

    NAKAWATASE Hidekazu , OYAMA Keizo

    Technical report of IEICE. Thought and language 111(428), 13-16, 2012-01-28

    References (3)

  • Subcategory of Information in Web Search Queries  [in Japanese]

    NAKAWATASE Hidekazu , OYAMA Keizo

    IEICE technical report. Artificial intelligence and knowledge-based processing 111(70), 13-14, 2011-05-19

    References (3)

  • Basic Survey of Modification Structures of Web Search Queries  [in Japanese]

    NAKAWATASE Hidekazu , OYAMA Keizo

    検索エンジンのクエリとして2単語の組み合わせは大きな割合を占める。このクエリはAND検索として処理されることが多いため、その単語の順序は検索結果に影響を与えない。しかしこの2単語から構成されるクエリでは多くの場合、2番目の語が主要部と考えられる。そこで本研究では大規模クエリログから得られる2単語クエリを対象にその文型や傾向を分析した。本稿ではその分析結果について報告する。

    IEICE technical report 110(407), 49-52, 2011-01-28

    References (3) Cited by (1)

  • Extraction of Information Category Names from Web Search Queries  [in Japanese]

    中渡瀬 秀一 , 大山 敬三

    人工知能学会全国大会論文集 25, 1-4, 2011

  • Extraction of Personal History from Multi-Document  [in Japanese]

    NAKAWATASE Hidekazu , KOUNO Takashi , MINE Shinichi , HATA Hideaki

    本稿では文書から人物情報を抽出する手法を提案する.人物情報にはその人が持つ属性や関連するエピソードなどがある.我々はある人物に関する出来事をその人物についての文書群から抽出し,時系列順に提示することを考える.このような情報はその人物の経歴を理解するのに有用である.本手法は2段階からなり,まず複数文書から対象とする人物名と日付表現の両方が含まれる文を抽出する.次にこれらの文から対象人物に関する出来事 …

    IEICE technical report 107(348), 33-36, 2007-11-15

    References (4)

  • Extraction of Personal History from Multi-Document  [in Japanese]

    NAKAWATASE Hidekazu , KOUNO Takashi , MINE Shinichi , HATA Hideaki

    本稿では文書から人物情報を抽出する手法を提案する.人物情報にはその人が持つ属性や関連するエピソードなどがある.我々はある人物に関する出来事をその人物についての文書群から抽出し,時系列順に提示することを考える.このような情報はその人物の経歴を理解するのに有用である.本手法は2段階からなり,まず複数文書から対象とする人物名と日付表現の両方が含まれる文を抽出する.次にこれらの文から対象人物に関する出来事 …

    IEICE technical report 107(346), 33-36, 2007-11-15

    References (4)

  • Discovering IS-A relationships from Text : a method based on Dependencies between Nouns and Verbs  [in Japanese]

    NAKAWATASE Hidekazu , AIZAWA Akio

    When extracting IS-A relationship between nouns from texts, the majority of conventional methods rely on specific expression patterns such as ``A such as B''. However, those expressions cover only a r …

    Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence 22, 585-594, 2007-11-01

    J-STAGE  References (24)

  • Investigation on important-sentence location in summarizing weblog articles  [in Japanese]

    中渡瀬 秀一 , 古瀬 蔵 , 片岡 良治

    言語・音声理解と対話処理研究会 49, 45-50, 2007-03-02

  • Automatic extraction of synonyms with sample phrases using dependency analysis of text and its application to large-scale corpora  [in Japanese]

    Aizawa Akiko , Nakawatase Hidekazu

    タグなし自然言語文による大規模コーパスからの知識抽出法に焦点をあて、係り受け解析から得られる大量の語ペアから類語や例文を効率的にマイニングするための手法を検討する。また、実際に複数の大規模コーパスに適用した結果を報告する。

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI06(0), 140-140, 2006

    J-STAGE 

  • Analysis of an Entry Term Set of a Civil Engineering Dictionary and Its Application to Information Retrieval Systems  [in Japanese]

    AIZAWA Akiko , NOZUE Michiko , Kon NAOYUKI , SAKAMOTO Shinji , NAKAWATASE Hidekazu

    専門的ポータルサイトにおける検索ナビゲーション機能実現のための索引語抽出について検討する。特に、(i)分野に特化した用法に対応できること、(ii)言語処理の専門家でない一般のシステム管理者が容易に辞書管理が行えること、の2点を重視して、既存の専門用語の見出し語集合から単語nグラムどうしの連接コストを定め、これに基づき複合語内解析を行う手法を検討する。また、土木関連分野の専門的な用語辞典の見出し語集 …

    IPSJ SIG Notes 2005(94), 131-138, 2005-09-29

    Cited by (2)

  • Analysis of an Entry Term Set of a Civil Engineering Dictionary and Its Application to Information Retrieval Systems  [in Japanese]

    AIZAWA Akiko , NOZUE Michiko , Kon NAOYUKI , SAKAMOTO Shinji , NAKAWATASE Hidekazu

    専門的ポータルサイトにおける検索ナビゲーション機能実現のための索引語抽出について検討する。特に、(i)分野に特化した用法に対応できること、(ii)言語処理の専門家でない一般のシステム管理者が容易に辞書管理が行えること、の2点を重視して、既存の専門用語の見出し語集合から単語nグラムどうしの連接コストを定め、これに基づき複合語内解析を行う手法を検討する。また、土木関連分野の専門的な用語辞典の見出し語集 …

    IPSJ SIG Notes 2005(94), 131-138, 2005-09-29

  • 1 / 3
Page Top