松本 隆明 MATSUMOTO Takaaki

ID:9000004266377

NTTデータ技術開発本部 R&D Headquarters, NTT Data corp. (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-12 of 12

  • An Unknown-worm Detection Based on Capturing Self-initiated READ Behavior  [in Japanese]

    MATSUMOTO TAKAAKI , SUZUKI KOICHI , TAKAMI TOMOHIRO , BABA TATSUYA , MAEDA SHUSUKE , MIZUNO TADANORI , NISHIGAKI MASAKATSU

    ワームの感染は,ワーム自身を他のPC にネットワーク経由でコピーすることにほかならない.よってワームの感染行動は,OS のファイルシステム上では,自分自身のファイルをREAD(コピー)し,これを通信API にWRITE(ペースト)するという動作として現れる.本論文では,この「ワームの自己ファイルREAD」を検出することにより,ワームを検知する方式を提案する.原理的にはワームは必ず自己ファイルREA …

    IPSJ journal 48(9), 3174-3182, 2007-09-15

    IPSJ  IR  References (12)

  • A Keylogger Detection Using Dynamic API Inspection  [in Japanese]

    MATSUMOTO TAKAAKI , TAKAMI TOMOHIRO , SUZUKI KOICHI , BABA TATSUYA , MAEDA SHUSUKE , MIZUNO TADANORI , NISHIGAKI MASAKATSU

    本論文では,キーボード入力を取得するというキーロガーの挙動を定式化し,キーボード入力に用いられるAPI の使用を検出することでキーロガーの検知を行う方式を提案する.API の使用を検出する機能を付加した検査用DLL をプログラムにロードさせたうえで実行させることが本方式の特徴である.本論文では本方式の有効性を示すための実験を行い,本方式をWindows OS 上に実装したときの検知率と誤検知率,オ …

    IPSJ journal 48(9), 3137-3147, 2007-09-15

    IPSJ  IR  References (28) Cited by (2)

  • A keylogger detection using dynamic API inspection (part 2)  [in Japanese]

    Takami Tomohiro , Suzuki Koichi , Baba Tatsuya , Maeda Shusuke , Matsumoto Takaaki , Nishigaki Masakatsu

    我々は,キーボード入力を取得するというキーロガーの挙動に着目し,キーボード入力に用いられるAPIの使用を検出することでキーロガーの検知を行う方式を提案している.基礎実験により本方式が未知キーロガー検知に対して有効であることを示したが,本方式には自プロセスをユーザから隠すキーロガーを検知できないという課題を残していた.そこで本稿では,「自プロセスをユーザから隠す」という挙動を新たにキーロガーらしい挙 …

    IPSJ SIG Notes 2007(16), 147-152, 2007-03-01

    IR 

  • A keylogger detection using dynamic API inspection (part 2)  [in Japanese]

    TAKAMI Tomohiro , SUZUKI Koichi , BABA Tatsuya , MAEDA Shusuke , MATSUMOTO Takaaki , NISHIGAKI Masakatsu

    我々は,キーボード入力を取得するというキーロガーの挙動に着目し,キーボード入力に用いられるAPIの使用を検出することでキーロガーの検知を行う方式を提案している.基礎実験により本方式が未知キーロガー検知に対して有効であることを示したが,本方式には自プロセスをユーザから隠すキーロガーを検知できないという課題を残していた.そこで本稿では,「自プロセスをユーザから隠す」という挙動を新たにキーロガーらしい挙 …

    IPSJ SIG Notes 130, 147-152, 2007-03-01

    References (22)

  • An Unknown-worm Spread Prevention Based on the Correlation between the Transmission and Reception Data  [in Japanese]

    MATSUMOTO TAKAAKI , SUGIMURA TOMOYUKI , SUZUKI KOICHI , MAEDA SHUSUKE , BABA TATSUYA , MIZUNO TADANORI , NISHIGAKI MASAKATSU

    本論文ではコンピュータワームのネットワークを介した自己増殖機能に着目し,送受信データ間の相関を見ることにより未知ワームの検知を行う方法を提案する.本方式では,ネットワークを介して「外部から受信したデータ」と「外部に送信したデータ」が類似しているか否かを測ることによって,ネットワークを介したワームの自己増殖活動を捕える.よって,あるPC で未知ワームが新たに発見された場合,そのワーム自身を擬似的なウ …

    IPSJ journal 47(6), 1941-1953, 2006-06-15

    IPSJ  IR  References (23) Cited by (2)

  • An unknown-worm and mutated-worm detection scheme based on capturing self-initiated READ behavior  [in Japanese]

    SUZUKI Koichi , MATSUMOTO Takaaki , TAKAMI Tomohiro , BABA Tatsuya , MAEDA Shusuke , NISHIGAKI Masakatsu

    ワームの感染は,ワーム自身を他のPCにネットワーク経由でコピーすることに他ならない.よってワームの感染行動は,OSのファイルシステム上では,自分自身のファイルをREAD(コピー)し,これを通信APIにWRITE (ペースト)するという動作として現れる.本稿では,この「ワームの自己ファイルREAD」を検出することにより,ワームを検知する方式を提案する.原理的にはワームは必ず自己ファイルREADを行う …

    IPSJ SIG Notes 126, 275-280, 2006-03-16

    References (5) Cited by (1)

  • A keylogger detection using dynamic API inspection  [in Japanese]

    TAKAMI Tomohiro , SUZUKI Koichi , BABA Tatsuya , MAEDA Shusuke , MATSUMOTO Takaaki , NISHIGAKI Masakatsu

    本稿ではキーボード入力を取得するというキーロガーの挙動に着目し,キーボード入力に用いられるAPIの使用を検出することでキーロガーの検知を行う方式を提案する.本来のDLLの代わりにAPIの使用を検出する機能を付加した検査用DLLをプログラムにロードさせた上で試実行させることが本方式の特徴であり,ウイルス検知における動的ヒューリスティック法的なアプローチによるキーロガー検知方式となっている.本稿では本 …

    IPSJ SIG Notes 126, 209-214, 2006-03-16

    References (26)

  • An unknown-worm and mutated-worm detection scheme based on capturing self-initiated READ behavior  [in Japanese]

    Suzuki Koichi , Matsumoto Takaaki , Takami Tomohiro , Baba Tatsuya , Maeda Shusuke , Nishigaki Masakatsu

    ワームの感染は,ワーム自身を他のPCにネットワーク経由でコピーすることに他ならない.よってワームの感染行動は,OSのファイルシステム上では,自分自身のファイルをREAD(コピー)し,これを通信APIにWRITE (ペースト)するという動作として現れる.本稿では,この「ワームの自己ファイルREAD」を検出することにより,ワームを検知する方式を提案する.原理的にはワームは必ず自己ファイルREADを行う …

    IPSJ SIG Notes 2006(26), 275-280, 2006-03-16

    IR 

  • A keylogger detection using dynamic API inspection  [in Japanese]

    Takami Tomohiro , Suzuki Koichi , Baba Tatsuya , Maeda Shusuke , Matsumoto Takaaki , Nishigaki Masakatsu

    本稿ではキーボード入力を取得するというキーロガーの挙動に着目し,キーボード入力に用いられるAPIの使用を検出することでキーロガーの検知を行う方式を提案する.本来のDLLの代わりにAPIの使用を検出する機能を付加した検査用DLLをプログラムにロードさせた上で試実行させることが本方式の特徴であり,ウイルス検知における動的ヒューリスティック法的なアプローチによるキーロガー検知方式となっている.本稿では本 …

    IPSJ SIG Notes 2006(26), 209-214, 2006-03-16

    IR  Cited by (1)

  • Mobile Middleware Towards Ubiquitous Computing Environment  [in Japanese]

    Motonaga Kiminori , Honjo Hiroshi , Hakomori Satoshi , Matsumoto Takaaki

    ユビキタスネットワーク環境においては、様々なサービスがネットワーク上に遍在し、いつでもどこでも、ユーザはそれらのサービスを利用できるようになるであろう。既にブロードバンドや第三世代携帯電話の普及により、いつでもどこでもサービスに接続できる環境が実現されつつあるが、さらにはいつでもどこでも、ユーザの好みやその時々の状況に応じて適切なサービスを提供する仕組みを実現することが求められる。そこで本論文では …

    情報処理学会研究報告. ITS, [高度交通システム] 2004(114), 87-94, 2004-11-11

  • Mobile Middleware Towards Ubiquitous Computing Environment  [in Japanese]

    MOTONAGA Kiminori , HONJO Hiroshi , HAKOMORI Satoshi , MATSUMOTO Takaaki

    ユビキタスネットウーク環境においては、様々なサービスがネットワーク上に遍在し、いつでもどこでも、ユーザはそれらのサービスを利用できるようになるであろう。既にブロードバンドや第三世代携帯電話の普及により、いつでもどこでもサービスに接続できる環境が実現されつつあるが、さらにはいつでもどこでも、ユーザの好みやその時々の状況に応じて適切なサービスを提供する仕組みを実現することが求められる。そこで本論文では …

    IPSJ SIG technical reports (31), 87-94, 2004-11-11

    References (10)

Page Top