横山 浩之 YOKOYAMA HIROYUKI

ID:9000004270230

株式会社KDDI研究所 KDDI R&D Laboratories Inc. (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 118

  • Errata of Experimental Results of "Discovery of Personally Meaningful Places Using Sparse Location Information Associated with Telecommunication Histories of Mobile Phones"  [in Japanese]

    KUROKAWA Mori , YOKOYAMA Hiroyuki , YOSHII Kazuyoshi , ASOH Hideki

    本会論文誌「携帯電話通信時に得られる疎な位置情報履歴を用いた有意位置検出」(Vol.J95-D, No.4, pp.722-733)の実験結果を訂正する.訂正により,結論には大きな変更はなく,一部を除き,提案手法のF値,自宅順位,職場順位等の評価結果が向上した.

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition) J96-D(12), 3098-3099, 2013-12-01

  • Evaluation of autonomic nervous function using photoplethysmography under emotional stress stimuli on a cellular phone  [in Japanese]

    MIYAGAWA DAIKI , ASAKAWA TETSUYA , TAYA MASATO , YOKOYAMA HIROYUKI , OKAJIMA KEIKO , HAYASHI TAKUTO , MIZUNO MATSUMOTO YUKO

    携帯端末を用いた情動ストレス刺激時の指尖容積脈波を解析し, 自律神経機能を評価することを目的とした。被験者として健常成人24名を対象とした。視聴覚刺激として, 安静刺激, 快刺激, 不快刺激の3セッション, 文章刺激として, 快文章刺激, 不快文章刺激の2 セッションの計5セッションを実施した。各セッションでは, 開眼状態で課題を40秒間行わせた後 (課題開眼), 閉眼状態で想起を180秒間行わせ …

    Japanese Journal of Clinical Neurophysiology 40(6), 540-546, 2012-12-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (15)

  • The coherence analysis in EEG under emotional stress stimuli in smart phone related to the anxiety states  [in Japanese]

    ASAKAWA Tetsuya , HAYASHI Takuto , TAYA Masato , YOKOYAMA Hiroyuki , MIZUNO MATSUMOTO Yuko

    本研究は,携帯端末上での情動刺激下の脳内部位間関連性を調べることを目的とした.被験者は健常成人23名とし,STAIを用いて,不安状態の違いにより,低不安群と高不安群に分類し,脳波を携帯端末上の情動刺激下で測定した.部位間のコヒーレンス解析を行い,比較を行った.頭頂部では,α,β波帯域において,高不安群の不快,快文章,不快文章刺激は,安静刺激と比較して有意に高値を示し,高不安群の快文章,不快文章刺激 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 112(232), 5-10, 2012-10-04

    Ichushi Web  References (9)

  • Feature extraction from the usage logs on mobile phones : the comparison of flip-type phone and Android phone  [in Japanese]

    多屋 優人 , 横山 浩之 , 水野(松本) 由子

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 111(477), 43-47, 2012-03-12

  • デッドレコニングにおける鉛直方向推定に関する一検討  [in Japanese]

    村松茂樹 , 渡邉孝文 , 上坂大輔 , 横山浩之

    スマートフォン等をターゲットとして,3軸の加速度センサと3軸の地磁気センサを利用した位置推定手法を検討している.従来,端末を手に持っている状態やズボンのポケットに入れている状態での位置推定手法の検討を進めてきたが,鉛直方向の推定精度が最終的な位置推定の精度に影響を与えているのではないか,という結果が得られていた.本稿では,鉛直方向推定の精度向上に関する検討について報告する.

    全国大会講演論文集 2012(1), 85-87, 2012-03-06

    IPSJ 

  • B-15-15 Evaluation of Position Relation Estimation Method Using Bluetooth  [in Japanese]

    Kamisaka Daisuke , Watanabe Takafumi , Muramatsu Shigeki , Yokoyama Hiroyuki

    Proceedings of the IEICE General Conference 2012年_通信(1), 594, 2012-03-06

  • B-15-8 A Study of Stroke Detection Using a Mobile Phone Magnetometer  [in Japanese]

    Muramatsu Shigeki , Watanabe Takafumi , Kamisaka Daisuke , Yokoyama Hiroyuki

    Proceedings of the IEICE General Conference 2012年_通信(1), 587, 2012-03-06

  • B-15-6 Identifying user's position among multiple subway lines using pressure sensor  [in Japanese]

    Watanabe Takafumi , Kamisaka Daisuke , Muramatsu Shigeki , Yokoyama Hiroyuki

    Proceedings of the IEICE General Conference 2012年_通信(1), 585, 2012-03-06

  • D-20-1 An Experimental Study of Estimating Homes and Offices from Call Detail Records  [in Japanese]

    Kurokawa Mori , Yokoyama Hiroyuki , Yoshii Kazuyoshi , Asoh Hideki

    Proceedings of the IEICE General Conference 2012年_情報・システム(2), 214, 2012-03-06

  • Feature extraction from the usage logs on mobile phones : the comparison of flip-type phone and Android phone  [in Japanese]

    TAYA MASATO , YOKOYAMA HIROYUKI , MIZUNO MATSUMOTO YUKO

    実環境下での携帯電話の使用履歴に着目した2つのデータ収集実験を実施している.両実験で収集された使用履歴を基にして,携帯電話の開閉状態,スクリーンのオン/オフという単純な使用履歴の観点から,携帯電話使用時の特徴について,検討を行った.2つの実験の主な違いは,被験者が利用する携帯電話のタイプである.一方は,折りたたみ式携帯電話であり,もう一方はスマートォオンである.実験1では,24名の被験者に対して, …

    IEICE technical report 111(476), 25-29, 2012-03-05

    References (7)

  • Locomotion Estimation Method Using Pressure Sensor  [in Japanese]

    WATANABE TAKAFUMI , KAMISAKA DAISUKE , MURAMATSU SHIGEKI , KOBAYASHI AREI , YOKOYAMA HIROYUKI

    本稿では,気圧センサおよび加速度センサを利用した移動状態推定手法について検討する.本稿で推定の対象とする移動状態は「歩く」,「立ち止まる」,「階段上る」,「階段下る」,「エスカレータ上る」,「エスカレータ下る」,「エレベータ上る」,「エレベータ下る」の8つとする.従来の方式では,各移動状態における単位時間の当たりの気圧変化量が異なることを利用した闘値判定や気圧変化量を特徴量として機械学習による学習 …

    IEICE technical report 111(296), 19-23, 2011-11-17

  • B-15-10 A Study on the Land Price for Information Presentation  [in Japanese]

    Kobayashi Arei , Watanabe Takafumi , Kamisaka Daisuke , Muramatsu Shigeki , Yokoyama Hiroyuki

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2011年_通信(1), 524, 2011-08-30

  • B-15-9 An Analysis of Stroke Detection Using a Mobile Phone Accelerometer  [in Japanese]

    Muramatsu Shigeki , Watanabe Takafumi , Kamisaka Daisuke , Kobayashi Arei , Iwamoto Takeshi , Yokoyama Hiroyuki

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2011年_通信(1), 523, 2011-08-30

  • B-15-8 Collaborative Navigation Using Bluetooth RSSI of Mobile Phone  [in Japanese]

    Kamisaka Daisuke , Watanabe Takafumi , Muramatsu Shigeki , Kobayashi Arei , Yokoyama Hiroyuki

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2011年_通信(1), 522, 2011-08-30

  • B-15-7 Locomotion Estimation Method Using Pressure Sensor  [in Japanese]

    Watanabe Takafumi , Kamisaka Daisuke , Muramatsu Shigeki , Kobayashi Arei , Yokoyama Hiroyuki

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2011年_通信(1), 521, 2011-08-30

  • A new aspect of life-log use in cooperation with terminals and infrastructure of mobile networks  [in Japanese]

    YOKOYAMA Hiroyuki , KUROKAWA Mori

    通信インフラで記録されている情報をライフログとして活用するための条件を整理すると共に,空間的粒度が粗く,時間間隔が一定ではない疎な位置情報の時系列データから抽出可能な有意位置情報について示し,通信インフラの情報をライフログに活用することの有効性を議論する.その上で,携帯・インフラ連携によるライフログ活用の新局面について総括する.

    IEICE technical report 111(50), 45-48, 2011-05-12

    References (8) Cited by (1)

  • A new aspect of life-log use in cooperation with terminals and infrastructure of mobile networks  [in Japanese]

    横山 浩之 , 黒川 茂莉

    通信インフラで記録されている情報をライフログとして活用するための条件を整理すると共に,空間的粒度が粗く,時間間隔が一定ではない疎な位置情報の時系列データから抽出可能な有意位置情報について示し,通信インフラの情報をライフログに活用することの有効性を議論する.その上で,携帯・インフラ連携によるライフログ活用の新局面について総括する.We first summarize the legal condit …

    研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN) 2011-GN-80(7), 1-4, 2011-05-12

  • Multicast Scheduling for Multi-Massive-Online Applications in Mobile Networks  [in Japanese]

    MINAMIKAWA Atsunori , MURAMATSU Shigeki , YOKOYAMA Hiroyuki

    本論文では,携帯電話網を利用した多人数参加型アプリケーションを想定し,マルチキャストにて共有データの配信を行う際に必要なスケジューリング問題を扱う.多くの携帯端末はマルチキャストチャネルとユニキャストチャネルを同時に利用できないため,サーバとの通信中にマルチキャストするデータを受信できない.そこで我々は携帯端末がサーバへのアップロードを逐次実施しつつ,所望のマルチキャストデータを受信できるマルチキ …

    The IEICE transactions on communications B 94(4), 503-513, 2011-04-01

    References (10)

  • ポケットに入れたセンサを用いた歩行者向けデッドレコニングに関する一検討  [in Japanese]

    村松茂樹 , 渡邉孝文 , 上坂大輔 , 小林亜令 , 岩本健嗣 , 横山浩之

    センサ搭載携帯電話をターゲットとした,3軸の加速度センサと<br />3軸の地磁気センサを利用した位置推定手法を検討している.<br />従来,ナビゲーション機能が起動されている状況を想定して,<br />端末を手に持っている状態での位置推定手法の検討を進めてきた.<br />本稿では,ナビゲーション機能が起動されていない状況へと<br /&g …

    全国大会講演論文集 2011(1), 5-7, 2011-03-02

    IPSJ 

  • B-20-56 A Relationship between Location and Response Time  [in Japanese]

    TAYA Masato , YOKOYAMA Hiroyuki

    Proceedings of the IEICE General Conference 2011年_通信(2), 651, 2011-02-28

Page Top