北原 鉄朗 KITAHARA Tetsuro

ID:9000004333578

日本大学文理学部 (2015年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 60

  • 1 / 3
  • 木構造に基づく時系列メディア表現法の提案とその操作系の実現に向けて  [in Japanese]

    平田 圭二 , 東条 敏 , 浜中 雅俊 , 長尾 確 , 北原 鉄朗 , 松原 正樹 , 吉井 和佳

    本稿では,我々が 2014 年度に開始した研究プロジェクト 「木構造に基づく時系列メディアの表現法の提案とその操作系の実現」 について述べる.音楽や自然言語のような時系列メディアのもつ意味・意図を表現するには,木構造 (階層的順序構造) を用いるアプローチが有望であると考えられる.本プロジェクトの目的は,コンテンツの意図とそれに対する操作を形式化し代数系を構築することである.ここで,コンテンツの意 …

    IPSJ SIG Notes 2015-MUS-106(21), 1-6, 2015-02-23

    IPSJ

  • 木構造に基づく時系列メディア表現法の提案とその操作系の実現に向けて  [in Japanese]

    平田 圭二 , 東条 敏 , 浜中 雅俊 , 長尾 確 , 北原 鉄朗 , 松原 正樹 , 吉井 和佳

    本稿では,我々が 2014 年度に開始した研究プロジェクト 「木構造に基づく時系列メディアの表現法の提案とその操作系の実現」 について述べる.音楽や自然言語のような時系列メディアのもつ意味・意図を表現するには,木構造 (階層的順序構造) を用いるアプローチが有望であると考えられる.本プロジェクトの目的は,コンテンツの意図とそれに対する操作を形式化し代数系を構築することである.ここで,コンテンツの意 …

    IPSJ SIG technical reports 2015-EC-35(21), 1-6, 2015-02-23

    IPSJ

  • "Ongaku" Symposium 2014 : The 2nd Symposium on All Topics Related to Acoustics, Audition and Natural Language  [in Japanese]

    KAMEOKA Hirokazu , AIBA Eriko , OHISHI Yasunori , KITAHARA Tetsuro , KITAMURA Tatsuya , SATO Shoei , TOGAMI Masahito , TODA Tomoki , YOSHII Kazuyoshi

    音学シンポジウムの企画動機,企画内容,今後の展望について述べる。

    IEICE technical report. Speech 114(52), 1-3, 2014-05-24

  • Guitar-Case Maker: Performance Rendering Support System for Electric Guitar  [in Japanese]

    Naoki Mizumoto , Takashi Baba , Tetsuro Kitahara , Haruhiro Katayose

    The recent increases of non-professional people who create their own musical pieces have demanded technologies for rendering expressive musical performances. Most of the existing studies for performan …

    IPSJ SIG Notes 2012-SLP-90(30), 1-8, 2012-01-27

    IPSJ

  • A Report of SMC-Rencon: Performance Rendering Contest for Music Systems  [in Japanese]

    橋田 光代 , 北原 鉄朗 , 鈴木 健嗣 , 片寄 晴弘 , 平田 圭二

    Rencon (Performance Rendering Contest) は,表情豊かな演奏を生成するシステムの評価基盤の構築を目的として,2002 年から開催されてきた生成演奏の聴き比べコンテストである.本稿では、2011 年 7 月にパドヴァ大学にて開催された Sound and Music Computing (SMC) 2011 において開催した演奏表情付けコンテスト SMC-Renc …

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2011-MUS-92(4), 1-6, 2011-10-04

    IPSJ

  • Music Performance Expression Database PEDB 3.0: Newly Recorded Performance Data and the Description of Phrase Structure Data  [in Japanese]

    橋田 光代 , 松井 淑恵 , 馬場 隆 [他] , 北原 鉄朗 , 片寄 晴弘

    我々は,音楽情報科学・音楽知覚認知・音楽学等における共通研究基盤の構築を目的として,伝統的西洋音楽におけるピアノ演奏を対象とした演奏表情データベース CrestMusePEDB の作成を進めている.これまで音響信号として残存する名演奏の採譜を中心に構築を進めてきたが,音楽演奏には,その表現のもととなる音楽構造が存在している.表出物としての演奏表情データに加えて,演奏に対応した音楽構造データも合わせ …

    研究報告 音楽情報科学(MUS) 2011-MUS-89(12), 1-6, 2011-02-04

    IPSJ

  • Guitar-Case Maker : Case-based Performance Redering System for Electric Guitar  [in Japanese]

    水本 直希 , 北原 鉄朗 , 片寄 晴弘

    情報処理学会研究報告 2010年度(4), 1-6, 2010-12

  • Guitar-Case Maker: Case-based Performance Redering System for Electric Guitar  [in Japanese]

    MIZUMOTO NAOKI , KITAHARA TETSURO , KATAYOSE HARUHIRO

    近年,DTM といった音楽環境の構築が容易になったこともあり,音楽の表情付けに関する研究が盛んである.しかし,既存研究ではピアノにおける表情付けがほとんどであり,ギターやバイオリンといった,演奏者が発音後にピッチやダイナミクスを制御できる持続系楽器の表情付けについてはあまり扱われてこなかった.本研究では,ポピュラー音楽において使用頻度の高いエレキギターを対象とし,MIDI データにおけるエレキギタ …

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2010-MUS-87(4), 1-6, 2010-10-07

    IPSJ References (11)

  • Rencon Workshop 2010: Performance Rendering Contest  [in Japanese]

    HASHIDA MITSUYO , KITAHARA TETSURO , SUZUKI KENJI , KATAYOSE HARUHIRO , HIRATA KEIJI

    Rencon (Performance Rendering Contest) は,表情豊かな演奏を生成するシステムの評価基盤の構築を目的として,2002年から開催されてきた生成演奏の聴き比べコンテストである.本稿では,これまでに開催されてきたRenconワークショップの概要について述べたうえで,本年の表情付けコンテストRencon 2010 (SIGMUS-Rencon) について紹介する.Ren …

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2010-MUS-86(14), 1-5, 2010-07-21

    IPSJ References (10) Cited by (2)

  • Music Performance Expression Database PEDB 2.4 and Recording Performance Data Related with Phrase Structure  [in Japanese]

    HASHIDA MITSUYO , MATSUI TOSHIE , KITAHARA TETSURO , KATAYOSE HARUHIRO

    我々は,音楽情報科学,音楽知覚認知,音楽学等における共通研究基盤の構築を目的として,伝統的西洋音楽におけるピアノ演奏を対象とした演奏表情データベース CrestMusePEDB の作成を進めている.現在,ver.2.4 として計 100 演奏に対する演奏表情データが用意され,本データベースを利用した連携プロジェクトも展開されている.本稿では,CrestMusePEDB 2.4 の概要と関連ツールに …

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2010-MUS-85(6), 1-7, 2010-05-20

    IPSJ References (2)

  • Analysis of Japanese traditional singing technique 'kobushi' for synthesis of singing voices with the style of Amami folk songs  [in Japanese]

    SUGURU Daisuke , MORISE Masanori , KITAHARA Tetsuro , KATAYOSE Haruhiro

    全国大会講演論文集 第72回(人工知能と認知科学), 301-302, 2010-03-08

    IPSJ References (3)

  • A Study of Audio Feature Extraction Methods for Automatic Transformation of Environmental Sounds into Onomatopoeic Expression  [in Japanese]

    YAMAKAWA Nobuhide , KITAHARA Tetsuro , TAKAHASHI Toru , KOMATANI Kazunori , OGATA Tetsuya , OKUNO Hiroshi G.

    全国大会講演論文集 第72回(人工知能と認知科学), 257-258, 2010-03-08

    IPSJ References (6)

  • Feature Extraction of Electric Guitar's Performances  [in Japanese]

    MIZUMOTO Naoki , KITAHARA Tetsuro , KATAYOSE Haruhiro

    全国大会講演論文集 第72回(人工知能と認知科学), 175-176, 2010-03-08

    IPSJ References (7)

  • BayesianBand: Jam Session System Where User and System Mutually Predict Each Other's Performance  [in Japanese]

    北原 鉄朗 , 戸谷 直之 , 徳網亮輔 , 片寄 晴弘

    本稿では,ユーザとシステムが相互に演奏を予測することで合奏を進行させるジャムセッションシステム「BayesianBand」について述べる.このシステムでは,コード進行をあらかじめ決めておかずに,ユーザの演奏をリアルタイムに予測してコード進行を決定する.ユーザはシステムが決定するコード進行を予測しながら即興演奏をすることで,相互予測に基づくジャムセッションを楽しむことができる.This paper …

    情報処理学会論文誌 50(12), 2949-2953, 2009-12-15

    IPSJ

  • A Report of EC-Rencon: Performance Rendering Contest for Automated Music Systems  [in Japanese]

    HASHIDA MITSUYO , KITAHARA TETSURO , SUZUKI KENJI , KATAYOSE HARUHIRO , HIRATA KEIJI

    Rencon プロジェクトでは,2009 年 9 月 18 日,エンタテインメントコンピューティング (EC) 2009 の特別オーガナイズドセッションとして,第 8 回演奏表情付けコンテスト EC-Rencon を開催した.人間による手作業の修正を極力排除した自律システム部門と,人間による演奏表情付けを主目的としたシステムのための打ち込み部門では,当日発表の新曲に制限時間つきで表情付けを行わせ, …

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2009-MUS-83(1), 1-6, 2009-11-28

    IPSJ References (12) Cited by (2)

  • Frontiers of Music Information Processing Technologies: Human Interface of Music Activities  [in Japanese]

    HIRAI Shigeyuki , KITAHARA Tetsuro , TAKEGAWA Yoshinari , KATAYOSE Haruhiro

    IPSJ Magazine 50(8), 756-763, 2009-08-15

    IPSJ References (11) Cited by (1)

  • Performance Expression Database: CrestMusePEDB ver.1.0/2.0  [in Japanese]

    橋田 光代 , 松井 淑恵 , 北原 鉄朗 , 片寄 晴弘

    音楽研究用のデータベースは近年の音楽情報検索技術の発展とともに整備されつつあるが,音楽の印象を決定づけるうえで重要な役割を担っている演奏表情を扱った共通データベースは,一部の民俗音楽学を対象とするものに限られてきた.我々は,音楽情報科学,音楽知覚認知,音楽学などにおける共通研究基盤の構築を目的として,伝統的西洋音楽におけるピアノ演奏を対象とした演奏表情データベースCrestMusePEDBの作成を …

    情報処理学会論文誌 50(3), 1090-1099, 2009-03-15

    IPSJ Cited by (4)

  • Automatic Chord Voicing System Using Bayesian Network  [in Japanese]

    北原 鉄朗 , 勝占 真規子 , 片寄 晴弘 , 長田 典子

    本論文では,ベイジアンネットワークを用いたコードネームからの自動ヴォイシングシステムについて述べる.ヴォイシングは音楽的同時性や音楽的連続性を考慮しながらテンションや転回形を決定する必要があり,自動的に決定するのは容易ではない.この問題を解決するため,メロディやヴォイシング進行を考慮した事例学習型のコード·ヴォイシングモデルを構築する.このモデルでは,音楽的同時性と連続性を,「現在の …

    情報処理学会論文誌 50(3), 1067-1078, 2009-03-15

    IPSJ Cited by (1)

  • Panel Discussion: Are you satisfied even if you just create/construct or examine/investigate?  [in Japanese]

    MIURA Masanobu , EMURA Norio , KITAHARA Tetsuro , WAKATSUKI Naoto , FUJISHIMA Takuya , NISHIGUCHI Isoharu , HIRATA Keiji , YANAGIDA Masuzo , GOTO Masataka

    SIGMUS (IPSJ Special Interest Group on MUSic and computer) and MA (ASJ Technical Committee on Musical Acoustics) have published a variety of scientific studies concerning music. In this panel discussi …

    IPSJ SIG Notes 2008(127(2008-MUS-078)), 59-66, 2008-12-12

    IPSJ References (3)

  • A Report of ICMPC-Rencon : Performance Rendering Contest for Automated Music Systems  [in Japanese]

    HASHIDA MITSUYO , KATAYOSE HARUHIRO , HIRATA KEIJI , KITAHARA TETSURO , SUZUKI KENJI

    Rencon (Performance Rendering Contest) is an annual international competition at which entrants present the computer systems they have developed for generating expressive musical performances and audi …

    IPSJ SIG Notes 2008(127(2008-MUS-078)), 67-72, 2008-12-12

    IPSJ References (5) Cited by (6)

  • 1 / 3
Page Top