浅野 由裕 ASANO Yoshihiro

ID:9000004340914

(株)NEC情報システムズ NEC Informatec Systems (1995年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-10 of 10

  • Architecture of a Parallel Machine : Cenju-3  [in Japanese]

    MARUYAMA Tsutomu , KANOH Yasushi , HIROSE Tetsuya , NAKATA Toshiyuki , MURAMATSU Kazuhiro , ASANO Yoshihiro , INAMURA Yu

    並列コンピュータCenju-3は,マイクロプロセッサVR4400を要素プロセッサとする並列コンピュータである.本論文では,Cenju-3のアーキテクチャおよびその評価結果について述べる.Cenju-3では,これまでの実応用問題における経験をもとに,最大接続可能プロセッサ数を256台とした.ネットワークはこの範囲において,高性能な通信およびコンパクトな実装を実現するために,多段接続網とした.このネッ …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00078(00002), 59-67, 1995-02-25

    References (9) Cited by (4)

  • Execution environment of Cenju-3  [in Japanese]

    加藤 智香 , 鳴澤 勝 , 嶋野 一人 , 浅野 由裕 , 中田 登志之

    ここ数年、コンピュータの高速化への要求はますます高まっており、並列コンピュータによる並列処理も急速に広がりつつある。その中で、NECは、並列コンピュータCenju-3を発表し、既にいくつかのシステムが稼働している。並列コンビュータのユーザが増えてくにつれ、性能向上はもちろんのこと、その利用環境の充実化もまた重要視されるようになってきた。Cenju-3では、以下の機能を実現するための利用環境を提供し …

    全国大会講演論文集 第49回(ソフトウェア), 55-56, 1994-09-20

    IPSJ 

  • Architecture of a Parallel Machine : Cenju - 3  [in Japanese]

    広瀬 哲也 , 加納健 , 丸山 勉 , 中田 登志之 , 浅野 由裕 , 稲村 雄

    本稿では,新たに開発した並列コンピュータCenju-3のアーキテクチャを概説する.Cenju-3は,VR4400を要素プロセッサとする分散メモリ方式の並列コンピュータで,256プロセッサまでを接続可能である.要素プロセッサは,実装効率良く性能の向上を図るためVR4400と1MByteの2次キャッシュを一体化したMCM(Multi Chip Module)を用いた.プロセッサ間ネットワークを構築する …

    情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ(ARC) 1994(66(1994-ARC-107)), 121-128, 1994-07-21

    IPSJ 

  • 並列回路シミュレーションマシンCenju  [in Japanese]

    中田 登志之 , 田辺 記生 , 梶原 信樹 , 松下 智 , 小野塚 裕美 , 浅野 由裕 , 小池 誠彦

    VLSIの開発に不可欠な回路シミュレーションは倍精度浮動小数点演算を多用するため,VLSI回路の規模が大きくなるにつれて,そのシミュレーション時間の増加が問題になってきている.我々はモジュール分割に基づく並列回路シミュレーションのアルゴリズムを提案し,その有効性を4台構成のプロトタイプシステムで確認し,更に実際に64台構成のマルチプロセッサシステムCenjuを開発した.本稿ではCenjuのマシンア …

    全国大会講演論文集 第41回(ハードウェア), 141-142, 1990-09-04

    IPSJ 

  • Cenju : A Multiprocessor System for Modular Circuit Simulation  [in Japanese]

    中田 登志之 , 田辺 記生 , 梶原 信樹 , 松下 智 , 小野塚 裕美 , 浅野 由裕 , 小池 誠彦

    VLSIの開発に不可欠な回路シミュレーションは倍精度浮動小数点演算を多用するため,VLSI回路の規模が大きくなるにつれて,そのシミュレーション時間の増加が問題になってきている.回路シミュレーションは科学技術計算の範疇にあるが,非線形素子を含む大規模なスパース行列の微分方程式を解く必要があり,高速化するためにはベクトル型よりむしろMIMD型の並列マシンによるアプローチが向いていると考えられる.我々は …

    情報処理 31(5), 1231-1232, 1990-05-15

    IPSJ  IPSJ 

  • Cenju : A Multiprocessor System for Modular Circuit Simulation  [in Japanese]

    NAKATA TOSHIYUKI , TANABE NORIO , KAJIHARA NOBUKI , MATSUSHITA SATOSHI , ONOZUKA HIROMI , ASANO YOSHIHIRO , KOIKE NOBUHIKO

    Cenjuはモジュール分割法に基づく並列回路シミュレーションのアルゴリズムを効率よく実現することを目的として設計された並列マシンである.本システムでは,モジュール分割法に基づいてシミュレーションの対象となる回路を非線形素子を含む複数個の部分回路群と部分回路群を結合する接続回路網とに分け,部分回路ごとの計算と全体の接続回路網の計算を収束するまで交互に繰り返す.このモジュール分割法により,回路シミュレ …

    IPSJ Magazine 31(5), p593-601, 1990-05

    Cited by (14)

  • Implementation of Parallel Primitives on Cenju  [in Japanese]

    松下 智 , 中田 登志之 , 浅野 由裕 , 小池 誠彦

    我々は並列回路シミュレーション向けの64台構成のマルチプロセッサシステムCenjuを開発した.Cenjuの通信網はバスと多段ネットワークからなる階層構成であり,疑似分散共有メモリのユーザビューを提供している.Cenjuではクラスタ間アクセスのうちwriteのみハードウェア化している.ユーザはソフトウェア的に提供されるクラスタ間read,および排他制御/非同期事象管理のための遠隔手続き呼びだし(RP …

    全国大会講演論文集 第40回(ハードウェア), 1233-1234, 1990-03-14

    IPSJ 

  • Parallel Neural Network Simulator of Cenju  [in Japanese]

    田地野 眞次 , 浅野 由裕 , 梶原 信樹 , 小池 誠彦

    ニューラルネットワーク(NN)シミュレータを並列シミュレーションマシンCenju上に実現し、その評価を行った,本稿では、その成果について報告する。本シミュレータでは、時間連続、情報連続なニューロンモデルを採用した。NNとしては、自分自身へのフィードバックリンクも含めた任意の構造を持つものを扱える。また処理速度の高速化を考慮し、NN分割や、プロセッサ間通信量の削減等の工夫を施している。本シミュレータ …

    全国大会講演論文集 第40回(人工知能及び認知科学), 144-145, 1990-03-14

    IPSJ 

  • DESIGN OF SOFTWARE SYSTEM ON THE PARALLEL CAD MACHINE "CENJU"  [in Japanese]

    松下 智 , 中田 登志之 , 梶原 信樹 , 田辺 記生 , 浅野 由裕 , 小池 誠彦

    Cenjuは回路シミュレーションに特化して設計された64台構成のMIMD型並列マシンである。Cenjuではシミュレーションアルゴリズムが粗粒度で通信が規則的である特性を利用し、ハードウェアを単純化した。一方、不足した機能を補うためシステムソフトウェアの機能は肥大化したが、ソフトウェアの階層化によって対応した。本報告ではCenjuのアーキテクチャ、システムソフトウェア系について、総括的に設計思想を示 …

    情報処理学会研究報告計算機アーキテクチャ(ARC) 1989(99(1989-ARC-079)), 93-100, 1989-11-20

    IPSJ 

  • Parallel Simulation Machine  [in Japanese]

    松下 智 , 中田 登志之 , 梶原 信樹 , 浅野 由裕 , 小池 誠彦

    現在、並列回路シミュレーション、並列同時故障シミュレーションなどを実行する汎用並列シミュレーションマシンのアーキテクチャ・ソフトウェアについて研究しているこれらのシミュレーションでは、問題自体が大規模でラングム・スパース性があったり、演算に際し頻繁に条件判断を行なうためベクトル型よりむしろMIMD型の並列マシンの方が向いていると考えられる。本稿では、本マシンのハードウェア・ソフトウェアの設計思想に …

    全国大会講演論文集 第37回(アーキテクチャおよびハードウェア), 97-98, 1988-09-12

    IPSJ 

Page Top