宮本 健司 MIYAMOTO KENJI

Articles:  1-7 of 7

  • Constructing Network Applications in a Visual Language with Distributed Rewriting  [in Japanese]

    MIYAMOTO Kenji , HARADA Yasunori , Kenji Miyamoto , Yasunori Harada , NTT コミュニケーション科学基礎研究所 , 科学技術振興事業団 , NTT Communication Science Laboratories , Japan Science and Technology Corporation

    コンピュータソフトウェア 00016(00005), 450-467, 1999-09-16

    References (21)

  • Programming Languages based on Visibility  [in Japanese]

    HARADA YASUNORI , MIYAMOTO KENJI

    新しいプログラミングパラダイム Visibility Programming(VP)を提案する.VPに従ったシステムは「機能の開放性」(機能拡張が自由に行なえる)を持つ.VPによるシステムは2つの部分 1)システムの全ての状態を含む共有データ空間 2)その共有データ空間を操作するプロセスの集合 から構成される.本稿は 新しいスタイルの対話型言語として VPに従ったプログラミング言語moji-lis …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 39(SIG01(PRO1)), 70-76, 1998-12-15

    IPSJ  References (11)

  • 会議レポート VL'98参加報告  [in Japanese]

    宮本 健司

    情報処理 00039(00012), 1296-1296, 1998-12-15

  • Predicting large-scale task in an extensible GUI application  [in Japanese]

    MIYAMOTO Kenji , HARADA Yasunori , ONAI Rikio , Kenji Miyamoto , Yasunori Harada , Rikio Onai , NTT基礎研究所 , NTT基礎研究所 , NTT基礎研究所 , NTT Basic Research Laboratories , NTT Basic Research Laboratories , NTT Basic Research Laboratories

    コンピュータソフトウェア 00015(00005), 443-458, 1998-09-16

    References (14) Cited by (3)

  • Visible Dispatch : Visible Software Construction Method for Event Driven Applications  [in Japanese]

    HARADA Yasunori , MIYAMOTO Kenji , ONAI Rikio , Yasunori Harada , Kenji Miyamoto , Rikio Onai , NTT基礎研究所 , NTT基礎研究所 , NTT基礎研究所 , NTT Basic Research Laboratories , NTT Basic Research Laboratories , NTT Basic Research Laboratories

    コンピュータソフトウェア 00015(00004), 307-315, 1998-07-15

    References (11) Cited by (1)

  • Extending Predictive Interfaces using Generalized History.  [in Japanese]

    MIYAMOTO Kenji , Kenji Miyamoto , NTT基礎研究所 , NTT Basic Research Laboratories

    ユーザーの操作履歴から得られる依存関係を利用する予測インターフェースにおいて,履歴に現れたことのない新しい対象の取り扱いを予測する方法を提案する.依存関係にもとづく予測インターフェースは,ユーザーの意図を予測するのに有効であるが,予測範囲が一度取扱った対象に限られるという難点があった.われわれの方法では,ユーザーの操作の履歴として,操作そのものとは別に対象について相対化された操作を同時に記録する. …

    コンピュータソフトウェア 00014(00006), 547-560, 1997-11-17

    References (9) Cited by (3)

  • On Pre-Plato′s problem  [in Japanese]

    Okadome Takesi , Kawamori Masahito , Miyamoto Kenji

    「赤子に与えられた有限で不完全な経験に対して、赤子はどのような言語体系を獲得するか」を問う前プラトン問題の解を特定する言語獲得の基本原理を与える。その原理は、与えられた経験を再構成できる言語系のうち、その系の大きさと言語系の経験への適合度のトレードオフで赤子が獲得する言語系が定まることを主張する。この言語獲得の原理を公理とする理論は、意味と構文を区別なく両者を同時に扱う形式的理論である。その言語獲 …

    Technical report of IEICE. Thought and language 94(236), 9-16, 1994-09-16

Page Top