緒方 勝也 OGATA Katsuya

ID:9000004353268

京都大学大学院情報学研究科 Graduate School of Informatics, Kyoto University (2003年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-6 of 6

  • Mobility support for RSVP with IPv6 end-to-end multihoming  [in Japanese]

    OGATA Katsuya , OHIRA Kenji , FUJIKAWA Kenji , OKABE Yasuo

    本稿では,モバイル環境でのQoS保証を実現するための,RSVPのend-to-end multihoming対応について述べる.従来の研究ではモビリティを実現するためにMobileIPを利用しているため,ハンドオーバー時の途切れを無くすことはできない.また,エンドホストはルーティングに一切関与できない.これらの問題を解決するため,本研究ではモピリティの実現にmultihomingを利用する.一時的 …

    情報処理学会研究報告. QAI, [高品質インターネット] 9, 43-48, 2003-10-08

    References (11)

  • Mobility support for RSVP with IPv6 end-to-end multihoming  [in Japanese]

    OGATA Katsuy , OHIRA Kenji , FUJIKAWA Kenji , OKABE Yasuo

    本稿では,モバイル環境でのQoS保証を実現するための,RSVPのend-to-end multihoming対応について述べる.従来の研究ではモビリティを実現するためにMobileIPを利用しているため,ハンドオーバー時の途切れを無くすことはできない.また,エンドホストはルーティングに一切関与できない.これらの問題を解決するため,本研究ではモビリティの実現にmultihormingを利用する.一時 …

    IEICE technical report. Internet Architecture 103(354), 43-48, 2003-10-08

  • Mobility support for RSVP with IPv6 end-to-end multihoming  [in Japanese]

    OGATA Katsuya , OHIRA Kenji , FUJIKAWA Kenji , OKABE Yasuo

    電子情報通信学会技術研究報告. IA, インターネットアーキテクチャ 103(354), 43-48, 2003-10-01

    References (11)

  • A Speedup Technique with Function Level Value Reuse and Parallel Precomputation  [in Japanese]

    NAKASHIMA YASUHIKO , OGATA KATSUYA , MASANISHI SHINGO , GOSHIMA MASAHIRO , MORI SHIN-ICHIRO , KITAMURA TOSHIAKI , TOMITA SHINJI

    SPARC Application Binary Interfaceに従って記述されたプログラムについて,コンパイラによる専用命令の埋め込みを必要とすることなく,ハードウェアによる関数レベルの値再利用および並列事前実行が可能であることを述べる.また,Stanfordベンチマークでは最大70%,SPEC95ベンチマークでは最大30%のサイクル数を削減できることを示す.

    情報処理学会論文誌. ハイパフォーマンスコンピューティングシステム 43(5), 1-12, 2002-09-15

    References (18) Cited by (4)

  • A Speedup Technique with Function Level Value Reuse and Parallel Precomputation  [in Japanese]

    OGATA KATSUYA , MASANISHI SHINGO , NAKASHIMA YASUHIKO , GOSHIMA MASAHIRO , MORI SHINICHIRO , KITAMURA TOSHIAKI , TOMITA SHINJI

    SPARC Application Binary Interfaceにしたがって記述されたプログラムについて,コンパイラによる専用命令の埋め込みを必要とすることなく,ハードウェアによる関数レベルの値再利用および並列事前実行が可能であることを示す.また,Stanfordベンチマークを用いて,その効果を定量的に評価分析する.

    IPSJ SIG Notes 2002(22), 163-168, 2002-03-07

  • A Speedup Technique with Function Level Value Reuse and Parallel Precomputation  [in Japanese]

    OGATA KATSUYA , MASANISHI SHINGO , NAKASHIMA YASUHIKO , GOSHIMA MASAHIRO , MORI SHINICHIRO , KITAMURA TOSHIAKI , TOMITA SHINJI

    SPARC Application Binary Interfaceにしたがって記述されたプログラムについて,コンパイラによる専用命令の埋め込みを必要とすることなく,ハードウェアによる関数レベルの値再利用および並列事前実行が可能であることを示す.また,Stanfordベンチマークを用いて,その効果を定量的に評価分析する.

    IPSJ SIG Notes 147, 163-168, 2002-03-07

    References (5)

Page Top