川上 英

論文一覧:  22件中 1-20 を表示

  • 1 / 2
  • 21世紀のトラベルサービス (サービスビジネス特集)

    川上 , 足立 和明

    沖テクニカルレビュー 68(2), 12-17, 2001-04

    被引用文献1件

  • 株式会社ニコンの情報システム戦略

    河合 正治 , 川上

    情報処理 36(11), 1080, 1995-11-15

    情報処理学会

  • 実務分野記事の新設にあたって

    市川 照久 , 菅野 政孝 , 川上

    情報処理 36(6), 485, 1995-06-15

    情報処理学会

  • クライアント/サ-バシステムのデ-タベ-ス (クライアント/サ-バシステム<特集>)

    川上 , 小寺 誠 , 飯田 秀由

    沖電気研究開発 60(3), p29-34, 1993-07

  • OSI-RDA(TP応用コンテキスト)の実装と評価

    荻野 正樹 , 平沼 雄一郎 , 川上

    遠隔データベースアクセス(RDA)は、異機種システム間のデータベースを相互アクセスするためのOSI標準のプロトコルである。筆者等は、INTAPで実装規約を開発中のTP応用コンテキストのリモートデータベースアクセスプロトコルマシン(RDAプロトコルマシン)を実装した。本稿では、実装したRDAプロトコルマシンの評価、及び、さらに高速な処理を実現するための方法を提案する。

    全国大会講演論文集 第44回(ソフトウェア), 111-112, 1992-02-24

    情報処理学会

  • 同報指向分散データベースシステムの研究開発

    小寺 誠 , 坂本 明史 , 川上 , 疋田 定幸

    同報通信をベースにした分散データベースシステムの研究開発に関して報告する。集中型データベースに比較して、分散データベースは通信コストの面で不利である。著者らのアプローチは、回報通信の特性の利用により通信コストを削減し、分散データベースを実現しようとするものである。本稿では、同報通信を利用した検索処理、および更新処理の実現を概観する。The authors report research and d …

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 1990(36(1990-DBS-077)), 1-9, 1990-05-17

    情報処理学会

  • C言語埋め込みSQL用のデバッガの開発

    柏原 幸一 , 竹元 賢也 , 中山 敬 , 川上

    関係データベース操作言語SQLは、1988年にJIS化され、実際に商用プログラム開発に用いられるようになりつつある。このSQL文のデバッグにはSQLインタプリタが使用されていた。しかし、SQLインタプリタは、DBMSへの対話インタフェースを目的に作られているものであり、埋込みSQLのデバッグという点では多くの問題がある。この問題を解決するために、筆者らはOKITAC8300上で動作するリレーショナ …

    全国大会講演論文集 第40回(データ処理), 785-786, 1990-03-14

    情報処理学会

  • 分散デ-タベ-スシステムの同報通信を利用した更新制御

    川上 , 坂本 明史 , 小寺 誠

    沖電気研究開発 57(4), p119-124, 1990

  • DREAMシステムについて

    疋田 定幸 , 川上 , 吉田 誠 , 坂本 明史

    分散データベースシステムDREAMシステムについての概要とLANを中心にした実現に関して述べる。利用者の分散処理システムの構築において分散データベースシステムは価値が高い。DREAMシステムはこの観点から開発された分散データベースシステムである。分散に対するいくつかの透過性を提供し、SQLで記述された検索や更新を複数サイトのデータベースに対して処理できる。また、集中型データベースシステムREAMの …

    情報処理学会研究報告システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS) 1989(70(1989-OS-044)), 1-8, 1989-09-08

    情報処理学会

  • DREAMシステムについて

    疋田 定幸 , 川上 , 吉田 誠 , 坂本 明史

    分散データベースシステムDREAMシステムについての概要とLANを中心にした実現に関して述べる。利用者の分散処理システムの構築において分散データベースシステムは価値が高い。DREAMシステムはこの観点から開発された分散データベースシステムである。分散に対するいくつかの透過性を提供し、SQLで記述された検索や更新を複数サイトのデータベースに対して処理できる。また、集中型データベースシステムREAMの …

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 1989(70(1989-DBS-073)), 1-8, 1989-09-08

    情報処理学会

  • パイプライニングによるサイト間結合演算の並列処理

    斎藤 邦子 , 坂本 明史 , 川上 , 疋田 定幸

    質問処理において、結合演算はコストの高い処理を要する。分散データベースで、結合する表が異なるサイトにある場合、通信のオーバヘッドも加わるため、効率化は重要である。分散では、複数の計算機による負荷の分担、並列処理の利点がある。従って、通信オーバへッドの削減と並列性のバランスを考慮した効率化が必要である。並列処理の有効な方法に、パイプライン処理が提案されており、結合演算処理では、パイプラインネストルー …

    全国大会講演論文集 第38回(ソフトウェア), 948-949, 1989-03-15

    情報処理学会

  • モニタリングに基づいたグローバルデッドロック検出へのアプローチ

    小寺 誠 , 坂本 明史 , 川上 , 疋田 定幸

    高性能で安価なワークステーションやミニコンピュータと高速のネットワークの発展が、分散データベースを数年の内に実用のものにするかもしれない。分散データベースでは、グローバルデッドロック(複数サイトにまたがるデッドロック)は回避できない問題である。複数のデータベースサイトにわたるアクセス処理(トランザクション)が検索処理に限られるならば、グローバルデッドロックは生じないように見えるかもしれない。しかし …

    全国大会講演論文集 第38回(ソフトウェア), 946-947, 1989-03-15

    情報処理学会

  • デ-タベ-ス (ス-パ-ミニコンピュ-タ小特集) -- (OKITAC8300基本ソフトウェアの開発)

    疋田 定幸 , 川上

    沖電気研究開発 55(4), p59-64, 1988-10

  • 分散処理向きデータベースマシンの考察

    坂本 明史 , 川上 , 疋田 定幸

    データベースマシンはデータベース管理システムの性能向上に効果がある。したがって、データベースマシンを用いた性能価格比の高い分散処理システムの構築が可能である。しかし、そのためにはデータベースマシンとホスト計算機との通信オーバヘッドを削減することが重要となる。筆者らは、この問題に対してデータベースマシンをプログラマブルな環境を持つ仮想データベース計算機とする方法でアプローチしている。仮想データベース …

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 1986(48(1986-DBS-054)), 1-8, 1986-07-21

    情報処理学会

  • マルチバージョン・データベースにおける同時実行制御機構

    羽生田 博美 , 川上 , 疋田 定幸

    更新トランザクションによってアクセスされるデータ項目のバージョン数を2つに制限したマルチバージョン・データベース・モデルと,このモデル上での同時実行制御機構について提案した。この同時実行制御機構は,通常の単一バージョン・モデルでの2相ロック・プロトコルを拡張することによって得られる。したがって,本稿で提案した同時実行制御機構を持つデータベース・システムは,単一バージョン・モデル上の2相ロック・プロ …

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 1986(28(1986-DBS-053)), 1-8, 1986-05-19

    情報処理学会

  • リレーショナル・データベースマシン FREND

    疋田定幸 , 川上英 , 岸田巧 , 羽生田博美

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 1983(54(1983-DBS-039)), 1-8, 1984-01-26

    情報処理学会

  • 小規模分散収理システム用リレ-ショナルデ-タベ-スマシン"FREND"

    川上 , 疋田 定幸 , 宮崎 収兄

    沖電気研究開発 50(2), p17-24, 1983-09

  • データベースシステムにおける排他制御のスケジュール方法の評価

    松下温 , 辰巳俊文 , 川村克彦 , 川上英

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 1980(20(1980-DBS-021)), 1-10, 1980-09-11

    情報処理学会

  • 分散データベースにおける障害処理とデータコンシステンシイ維持に関する一考察

    山崎 晴明 , 川上 , 松下 温

    情報処理学会研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS) 1979(30(1979-DPS-003)), 81-88, 1979-11-22

    情報処理学会

  • 1 / 2
ページトップへ