渡辺 馨 WATANABE Kaoru

ID:9000004374817

NHK放送技術研究所 NHK Science and Technology Research Laboratories (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 42

  • 1 / 3
  • AI-1-7 Study of 8K Super Hi-Vision Sound Production System  [in Japanese]

    Sawaya Ikuko , Oode Satoshi , Nishiguchi Toshiyuki , Okubo Hiroyuki , Watanabe Kaoru

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2014年_基礎・境界, "SS-48"-"SS-49", 2014-09-09

  • Influence of experimental factors on subjective listening test results: listening sites and duplicated trials on the subjective assessment of sound quality  [in Japanese]

    渡辺 馨 , 中山 靖茂 , 丸井 淳史 [他]

    聴覚研究会資料 41(4), 285-290, 2011-06-23

  • Influence of experimental factors on subjective listening test results : Listening test sites and duplicated trials on the subjective assessment of sound quality  [in Japanese]

    WATANABE Kaoru , NAKAYAMA Yasushige , MARII Atsushi , KAMEKAWA Toru , COLOMES Catherine

    低ビットレートオーディオ符号化など「劣化の少ないオーディオシステム」の主観音質評価はITU-R勧告BS.1116に則って行われる.5チャンネルオーディオ符号化の主観評価テストを東京藝大の1か所およびフランステレコムのレンヌ研究所とランニオン研究所の2か所,計3か所で勧告BS.1116に則って実施した.また,一部の符号化音は2度繰り返し評価した.評価テストサイトが主観評価結果に及ぼす影響,および繰り …

    IEICE technical report 111(89), 47-52, 2011-06-16

    References (8)

  • Methods for the assessment of sound quality  [in Japanese]

    Watanabe Kaoru

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 63(11), 686-692, 2007

    J-STAGE  References (12) Cited by (2)

  • Outline of ITU-R SG6 and Recent Topics Related to Baseband Technology  [in Japanese]

    TSUBATA Takehiro , WATANABE Kaoru , TAKECHI Masaru , URANO Joji , AOKI Shigeru , SUGAWARA Masayuki

    放送を所掌するITU-R SG6の最近の標準化および周波数関係の活動の動向について, 2回にわたり紹介する.まず今号では, SG6全体の概要および番組制作などの電波 (スペクトラム) に関連しない事項 (「ベースバンド」と呼ばれる) について述べ, 次号では電波に関する事項を中心に述べることとする.

    The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers 59(2), 218-223, 2005-02-01

    J-STAGE  References (17)

  • A study of frequency dependency by distance perception using phase shift auditory distance control method  [in Japanese]

    KUWATA Satoshi , NAKAYAMA Yasushige , WATANABE Kaoru , SHIBAYAMA Hideo

    無響室内にステレオ配置したスピーカーに入力する音響信号の左右位相差をO°から180°まで連続的に変化させると、受聴位置で正中面より前方から後頭部周辺まで音像の距離感を制御できる.今回、位相差変化による距離感制御法において距離感知覚と音響周波数帯域の関係を主観評価実験により検討した。実験の結果、音響信号の低域周波数帯域の位相差が距離感知覚に寄与し、高域周波数帯域は寄与しないことがわかった。また、位相 …

    Technical report of IEICE. EA 103(748), 19-24, 2004-03-19

    References (4)

  • A Study of distance perception using cue of derect and reverberant ratio for 3D Audio reproduction  [in Japanese]

    NAKAYAMA Yasushige , KUWATA Satoshi , WATANABE Kaoru , IZUMI Yoshinori

    遠方と近傍に定位させた2つの音像のレベルを制御し音像の距随感を制御する「レベル制御法」において、オクターブバンドノイズと座間比の相対的な音像距離知覚に関する検討を主観評価実験により行った。その結果、直間比による距離知覚は周波数依存性があり、特に5660Hz以上の帯域は距離知覚ヘの寄与がすくないことがわかった。また、距離知覚の周波数依存性の知見を応用し、距離知覚に影響の少ない帯域を統合する3次元高能 …

    IEICE technical report. Speech 103(154), 25-30, 2003-06-26

    References (10)

  • A study of frequency dependence for auditory distance percepution by direct-to-reverberant enagy ratio cue  [in Japanese]

    NAKAYAMA Y. , KUWATA S. , KOMORI T. , WATANABE K.

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2003(1), 537-538, 2003-03-18

    References (3)

  • Better Audio Balance Broadcasting service for elderly people : Back Ground Sound Levels of Television Programs for Easy Listening  [in Japanese]

    SAWAGUCHI Masaki , NAKAMURA Hideji , MASAOKA Ken'ichiro , WATANABE Kaoru , YAMASAKI Yoshio , MIYASAKA Eiichi , YASUOKA Masahito , SEKI Hideaki

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2003(1), 455-456, 2003-03-18

    Cited by (15)

  • Better Audio Balance Broadcasting for elderly people  [in Japanese]

    YAMASAKI Yoshio , WATANABE Kaoru , SAWAGUCHI Masaki , MIYASAKA Eiichi , YASUOKA Masato , SEKI Hideaki

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2003(1), 451-452, 2003-03-18

    References (4)

  • Digital audio coding systems for broadcasting : Codecs for emission, distribution and contribution applications  [in Japanese]

    Watanabe Kaoru

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 60(1), 30-35, 2003

    J-STAGE  References (15)

  • A Study of Objective Measurement Method of Intermediate Audio Quality with Low Bit-rate Audio Coding  [in Japanese]

    WATANABE Kaoru , KUBOTA Hiromi , MATSUSHIMA Yukio , SHIKAMATA Ken-ichi , HAMADA Yasumitsu

    電波産業界(ARIB)・品質評価法調査委員会では、オーディオ信号の低ビットレート符号化方式におけるAM?FM程度の符号化音質を客観的に測定する、客観音質測定法を調査した。調査した客観音質測定法は、ITU-Rで勧告されているPEAQ客観音質測定法と、PEAQ法を改良したジェニスタ社客観音質測定法である。ARIBが1998?99年に行った「MPEG-2AAC低ビットレート音声主観評価結果」とこれらの客 …

    IPSJ SIG Notes 2002(120(2002-AVM-039)), 39-44, 2002-12-16

    IPSJ  References (12)

  • A Study of Objective Measurement Method of Intermediate Audio Quality with Low Bit-rate Audio Coding  [in Japanese]

    WATANABE Kaoru , KUBOTA Hiromi , MATSUSHIMA Yukio , SHIKAMATA Ken-ichi , HAMADA Yasumitsu

    電波産業会(ARIB)・品質評価法調査研究会では、オーディオ信号の低ビットレート符号化方式におけるAM〜FM程度の符号化音質を客観的に測定する、客観音質測定法を調査した。調査した客観音質測定法は、ITU-Rで勧告されているPEAQ客観音質測定法と、PEAQ法を改良したジェニスタ社客観音質測定法である。ARIBが1998〜99年に行った「MPEG-2AAC低ビットレート音声主観評価結果」とこれらの客 …

    IEICE technical report. Communication systems 102(516), 39-44, 2002-12-09

    References (12)

  • A Study of Objective Measurement Method of Intermediate Audio Quality with Low Bit-rate Audio Coding  [in Japanese]

    WATANABE Kaoru , KUBOTA Hiromi , MATSUSHIMA Yukio , SHIKAMATA Ken-ichi , HAMADA Yasumitsu

    電波産業会(ARIB)・品質評価法調査研究会では、オーディオ信号の低ビットレート符号化方式におけるAM〜FM程度の符号化音質を客観的に測定する、客観音質測定法を調査した。調査した客観音質測定法は、ITU-Rで勧告されているPEAQ客観音質測定法と、PEAQ法を改良したジェニスタ社客観音質測定法である。ARIBが1998〜99年に行った「MPEG-2AAC低ビットレート音声主観評価結果」とこれらの客 …

    IEICE technical report. Image engineering 102(518), 39-44, 2002-12-09

    References (12)

  • スピーカーアレーを用いた立体音像提示制御法の開発--リアルな音像再生を目指して  [in Japanese]

    中山 靖茂 , 渡辺 馨

    NHK技研R&D (76), 30-39, 2002-11

  • 解説・報告 3次元映像音響放送技術の研究動向  [in Japanese]

    和泉 吉則 , 渡辺 馨 , 今泉 浩幸

    NHK技研R&D (76), 4-15, 2002-11

  • Real-time 3-D sound image control system using loud-speaker array  [in Japanese]

    NAKAYAMA Yasushige , KOMORI Tomoyasu , WATANABE Kaoru , UMEDA Tetsuo , HIGASAYAMA Izumi

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2002(1), 1205-1206, 2002-03-18

    References (2)

  • A Study of A bit allocation and Step quantizing method for AAC-Advanced Audio Coding  [in Japanese]

    KOMORI Tomoyasu , WATANABE Kaoru

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2002(1), 545-546, 2002-03-18

    References (4)

  • A Study of Objective Measurement Method of Intermediate Audio Quality with Low Bit-rate Audio Coding  [in Japanese]

    Watanabe Kaoru , Kubota Hiromi , Matsushima Yukio , Shikamata Ken-ichi , Hamada Yasumitsu

    電波産業会(ARIB)・品質評価法調査研究会では、オーディオ信号の低ビットレート符号化方式におけるAM〜FM程度の符号化音質を客観的に測定する、客観音質測定法を調査した。調査した客観音質測定法は、ITU-Rで勧告されているPEAQ客観音質測定法と、PEAQ法を改良したジェニスタ社客観音質測定法である。ARIBが1998〜99年に行った「MPEG-2AAC低ビットレート音声主観評価結果」とこれらの客 …

    ITE Technical Report 26.82(0), 39-44, 2002

    J-STAGE  References (12) Cited by (1)

  • A Study of a bit allocation method for MPEG-2 A__-dvanced A__-udio C__-oding  [in Japanese]

    KOMORI Tomoyasu , WATANABE Kaoru

    AAC(Advanced Audio Coding)は高能率、高品質なオーディオ符号化方式としてISO/IECで規格化され、日本ではBSデジタルをはじめ様々なデジタル放送、固体オーディオ機器等に使用されている。 AACのLCプロファイルは144kbps/2chのビットレートで放送品質を満足しているが、今後の携帯向け放送などのニーズを考慮すると、より低いビットレートで高音質なエンコード法が望まれてい …

    ITE Technical Report 26.52(0), 5-8, 2002

    J-STAGE  References (4) Cited by (1)

  • 1 / 3
Page Top