山口 佳奈 YAMAGUCHI Kana

論文一覧:  2件中 1-2 を表示

  • 2型糖尿病患者に対するコレスチミド投与時の血糖降下作用と血中胆汁酸との関係

    大平 恵 , 坂上 慎二 , 大平 洋 , 渡邊 安寿香 , 池田 大輔 , 吉田 和博 , 山口 佳奈 , 村井 毅 , 黒澤 隆夫 , 辻野 一三 , 大塚 吉則 , 西村 正治

    近年,胆汁酸吸着レジンであるコレスチミドには,血中コレステロール値を低下させるだけでなく,血糖値を低下させる作用を併せ持つことが報告されている. 胆汁酸とエネルギー代謝との関連が明らかになってきており,コレスチミドの血糖降下作用のメカニズムにも胆汁酸分画の変化が関与している可能性もある. われわれは,外来通院中で高LDLコレステロール血症を伴う2型糖尿病患者19例に対しコレスチミドを12週間投与し …

    Progress in Medicine 29(8), 2043-2048, 2009

    機関リポジトリ

  • ガスクロマトグラフィー : 質量分析法による胆汁酸生合成中間体の定量法の開発

    村井 毅 , 山口 佳奈 , 吉村 昭毅 [他] , 惠 淑萍 , 黒澤 隆夫

    モノヒドロキシ胆汁酸 (3α-hydroxy-5β-cholan-24-oic acid及び3β-hydroxy-5-cholen-24-oic acid) は胆汁うっ滞を誘起する原因物質の一つであり, これらの新規生成経路の存在が推測されている. また, 胆汁酸生合成機構の一つとして, 25位水酸化による側鎖切断反応が知られている. 上記胆汁酸の生成機構と本経路の …

    分析化学 = Japan analyst 51(6), 443-448, 2002-06-05

    J-STAGE 医中誌Web 国立国会図書館デジタルコレクション 参考文献26件

ページトップへ