中村 剛 NAKAMURA Koh

ID:9000004517524

日本植生株式会社 (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-9 of 9

  • Rhus javanica L.  [in Japanese]

    中村 剛

    日本緑化工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 37(4), 483, 2012-05-31

    References (8)

  • 表土シードバンクを利用した吹き付け工法(マザーソイル工法)の開発とその検証  [in Japanese]

    中村 剛

    日本緑化工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 37(3), 377-378, 2012-02-29

    References (4)

  • A case study on the slope revegetation using forest topsoil  [in Japanese]

    NAKAMURA Koh , MUKAIDONO Yohei , TANIGUCHI Shinji

    広島県東広島市内の道路のり面で,森林表土を利用した植生基材吹付工を施工した。施工地付近のアカマツ林から採取した森林表土を植生基材に10 %配合し,盛土のり面に厚さ2 cmで吹き付けたところ,施工翌年にはキク科の草本類が優占する雑草群落が成立した。その後メリケンカルカヤ群落を経て,施工後4年目には,キリ,タラノキ,オオバヤシャブシが散生するススキ群落へと移行した。このとき草本層には,ヒサカキ,アカマ …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 34(1), 175-178, 2008-08-31

    J-STAGE  References (10) Cited by (2)

  • A case study on the revegetation methodusing topsoil seedbank in Amami Oshima  [in Japanese]

    NAKAMURA Koh , HONDA Keiji , TANIGUCHI Shinji

    奄美大島島内の林道のり面で,土壌シードバンクを利用した植生基材吹付工を施工した。島内のオキナワジイ林から採取した森林表土を植生基材に20 %配合し,切土のり面に厚さ3 cmで吹き付けた。施工後1年4カ月目には,オオアブラガヤ,ススキが優占する中にアカメガシワ,カラスザンショウ等24種の木本類が散生する草本群落が成立した。このときの植被率は40 %,生育密度は51 本/m<SUP>2&l …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 33(1), 183-186, 2007-08-31

    J-STAGE  References (12) Cited by (4)

  • A case study on the spraying revegetation method using topsoil seedbank (V) : The follow-up report cutting slope constructed 4 years ago  [in Japanese]

    OBATA Hidehiro , NAKAMURA Koh , TANIGUCHI Shinji

    表土シードバンクを植生基材の中に体積比10% 混入して吹付けた切土のり面には,アカメガシワ,ヌルデ,カラスザンショウ,ヤマハギを主とする疎な低木林が成立した。それと同じくして風散布種(アカマツ,リョウブ,ウリカエデ)が侵入,次いで新しい鳥散布種(ガマズミ,ソヨゴ)が侵入して定着,4 年目には重力散布種であるコナラが生育しているのが確認された。これらの侵入種はのり面上部の林を構成する種類であることか …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 32(4), 513-516, 2007-05-31

    J-STAGE  References (8) Cited by (9)

  • A case study on the revegetation method using topsoil seedbank in Yakushima Island  [in Japanese]

    NAKAMURA Koh , HONDA Keiji , TANIGUCHI Shinji

    屋久島内の林道のり面で,土壌シードバンクを利用した植生基材吹付工を施工した。施工地に隣接するスダジイ林から採取した森林表土を植生基材に10~20 %配合し,切土のり面に厚さ5 cmで吹き付けた。施工後1年半の調査では,オオバライチゴ,ウラジロエノキ,ハドノキ等19種の木本植物と20種の草本植物を確認した。この時木本植物の生育密度は,表土配合率が10 %の試験区で9 本/m<SUP>2& …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 32(1), 239-242, 2006-08-31

    J-STAGE  References (8) Cited by (3)

  • A case study on the spraying revegetation method using topsoil seed bank : Difference of invasion tree species between center of artificial slope and edge of forest  [in Japanese]

    OBATA Hidehiro , NAKAMURA Kou

    東海環状道路の愛知県豊田市矢並地区で施工した表土シードバンクを植生基材の中に体積比 10% 混入して吹付けた盛土のり面では,施工後2年3カ月にはヌルデ,アカメガシワ,ヒメコウゾ,ニガイチゴなどを主とする鳥散布型の木本種が成立した。その林床に成立したアカマツやリョウブの風散布種は,施工当年から侵入が始まり林縁に近いほど生育本数が多いことがわかった。このことは林縁付近から風散布種が侵入して本数が増加し …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 31(4), 441-444, 2006-05-31

    J-STAGE  References (4) Cited by (1)

  • A case study on the revegetation method using topsoil seedbank  [in Japanese]

    NAKAMURA Koh , ISHIZAKA Tomoyuki

    岡山県勝田郡内において,表土シードバンクを利用した植生基材吹付工の施工を行った。同県内のコナラ林内から採取した表層土を植生基材に10-40 %配合したものを,切土のり面に厚さ5 cmで吹付けた。施工後7ヶ月目には,22種の草本類と,18種の木本類が確認できた。このとき木本類の発芽本数は表土の配合量に比例した。施工後3年目には木本類が平均7 本/m<SUP>2</SUP>成立 …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 30(1), 253-256, 2004-08-31

    J-STAGE  References (6) Cited by (7)

  • A case study on the revegetation method using topsoil seedbank  [in Japanese]

    NAKAMURA Koh , NAKAMURA Akihiro

    兵庫県西宮市において,表土シードバンクを利用した植生基材吹付工の施工を行った。施工地に隣接するコナラ林内から採取した表層土を10 %配合した植生基材を,切土のり面に厚さ3 cmで吹付けた。施工後6 ヶ月目の植被率は60 %であった。10 m<SUP>2</SUP>の調査枠内に出現した個体数は53本,このうち28本が木本類であった。また施工個所全体では,24種の草本類と,13 …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 29(1), 197-200, 2003-08-31

    J-STAGE  References (9) Cited by (14)

Page Top