木瀬 若桜 KISE WAKASA

ID:9000004520106

三菱電機株式会社 Mitsubishi Electric Corporation (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 32

  • 1 / 2
  • A-12-4 Study of Sensing and Monitoring Method by Distributed Robots  [in Japanese]

    OZAKI Atsuo , KISE Wakasa

    Proceedings of the IEICE General Conference 2008年_基礎・境界, 227, 2008-03-05

  • D-8-13 A Study on Fuzzy Thesaurus by Cross Index Method for Similar Case Retrieval  [in Japanese]

    KISE Wakasa , TANAKA Hidetoshi , SATO Hiroyuki , NOMOTO Kohei

    Proceedings of the IEICE General Conference 2005年_情報・システム(1), 85, 2005-03-07

  • A Study on Fuzzy Thesaurus Using Vector Operation for Cross Index Method  [in Japanese]

    KISE WAKASA , TANAKA HIDETOSHI , SATO HIROYUKI , NOMOTO KOHEI

    事例ベース推論などにおける類似事例検索では,データベースに蓄積された情報について,検索条件に対する一致の度合いを評価し,それを用いて検索を行っている.先に提案した相互インデックス法では,各事例に複数のインデックスが設定されており,インデックス間の相互関係のファジィシソーラスを生成することで検索を実現している.しかし,現在利用しているファジィシソーラスでは検索結果に差がつきにくいという課題が存在して …

    IPSJ SIG Notes 49, 9-12, 2004-05-07

    References (3)

  • D-8-15 A Study on Fuzzy Thesaurus Using Vector Operation for Cross Index Method  [in Japanese]

    KISE Wakasa , TANAKA Hidetoshi , SATO Hiroyuki , NOMOTO Kohei

    Proceedings of the IEICE General Conference 2004年_情報・システム(1), 102, 2004-03-08

  • Case-based Retrieval Algorithms Using Distance between Thunderclouds for Lightning Flash  [in Japanese]

    KISE Wakasa , OZAKI Atsuo , MITSUISHI Akitoshi , SATO Hiroyuki

    雨・雲・雷・突風といった自然現象を観測し,これらによる被害を未然に防ぐため,従来から気象レーダを利用した観測が行われている.我々はその1つである雷予測を対象として,事例検索による発雷予測支援方式の検討を行ってきた.局所的な雷雲の変化に着目し,その変化が類似している事例を検索するアルゴリズムを提案してきたが,これまでの手法では雷雲同士が離れている場合,基本的に別の雷雲とみなして検索を行っていたため, …

    Technical report of IEICE. SANE 103(636), 75-80, 2004-01-23

    References (6)

  • Application of case-based retrieval to thundercloud tracking for lightning flash  [in Japanese]

    KISE Wakasa , SAKAMAKI Hiroshi , OZAKI Atsuo , MITSUISHI Akitoshi

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2003年_通信(1), 274, 2003-09-10

  • Case-based retrieval method taking account of distance between thunderclouds for lightning  [in Japanese]

    KISE Wakasa , MITSUISHI Akitoshi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2003年_情報・システム(1), 99, 2003-03-03

  • Performance Evaluation of Case-based Retrieval Algorithms for Ligntning Flash  [in Japanese]

    KISE Wakasa , MITSUISHI Akitoshi

    我々は,雷の発生(発雷)を事前に予測するための支援を目的とした事例検索方式について検討を行っている.これまで,経験的な発雷予測手法を体系的に発展させた事例検索アルゴリズムならびにその改良版である雷雲範囲を考慮した事例検索アルゴリズムを開発してきた.今回,これらのアルゴリズムについての性能比較を行った.まず,1998〜2001年のデータ29例を利用して実際の検索操作により事例数ならびに発雷数を算出し …

    Technical report of IEICE. SANE 102(590), 13-18, 2003-01-17

    References (7) Cited by (1)

  • Similarity and rate of lightning in case-based retrieval algorithm by multiple sensors data for lightning flash  [in Japanese]

    KISE Wakasa , MITUISHI Akitoshi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2002年_情報・システム(1), 107, 2002-03-07

  • Practical study of case-based retrieval algorithm by range of thundercloud for lightning flash  [in Japanese]

    KISE Wakasa , MITSUISHI Akitoshi

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2001年.情報・システムソサイエティ大会講演論文集, 66, 2001-08-29

  • HLA をベースとした分散型気象予測支援システムの実現  [in Japanese]

    尾崎 敦夫 , 木瀬 若桜 , 酒巻 洋 , 高橋 勝己

    第62回全国大会講演論文集 2001(1), 409-410, 2001-03-13

    IPSJ 

  • Prediction Support Method for Lightning Flash Using Case-based Retrieval by Multiple Sensor Data  [in Japanese]

    KISE Wakasa , ITO Masayoshi , NOMOTO Kohei , KOSUGE Yoshio , ASANO Fukuyoshi , WATANABE Shin-ichiro

    雨・雲・雷・突風といった自然現象を観測し, これらによる被害を未然に防ぐため, 従来から気象レーダを利用した観測が行われている.近年の計算機能力の向上, 並びにこれまでの気象観測の研究成果から, 雷の発生(発雷)の予測のような, 気象に関するより高度な技術が求められるようになっている.しかし, 従来主流であった物理学的メカニズムを用いた気象予測では, 地域特有の短期間の気象予測を行うことが困難であ …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers B 00083(00011), 1598-1607, 2000-11-25

    References (16) Cited by (5)

  • Case-based retrieval method for lightning flash taking account of thundercloud's area  [in Japanese]

    KISE Wakasa , MITSUISHI Akitoshi

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2000年通信ソサイエティ大会講演論文集(1), 167, 2000-09-07

  • 釧路周辺の地上気象観測データからの相関ルール抽出  [in Japanese]

    SHIRAISHI M. , 田中 秀俊 , 木瀬 若桜

    大会講演予講集 77, 155, 2000-05-24

  • Extracting Association Rules from Surface Meteorological Databases  [in Japanese]

    SHIRAISHI Masashi , TANAKA Hidetoshi , KISE Wakasa

    電気学会研究会資料. IIC, 産業計測制御研究会 2000(30), 103-108, 2000-03-21

    References (5)

  • Definition of Similarity Measures between Cases Based on Auto/Cross-Fuzzy Thesauri  [in Japanese]

    NOMOTO Kohei , KISE Wakasa , KOSUGE Yoshio

    現在の問題解決に,これと類似した過去の事例を利用する場合,その類似の度合を評価するために事例間類似性尺度が必要となる.この類似事例検索では,間合せと各事例を特徴づけるために複数のインデックスが設定され,そのそれぞれに値として用語が付与される.一般に広く用いられている事例間類似性尺度は,対応するインデックス間で付与された値が一致するものの割合によって定義される.しかし実際には,値が互いに無相関である …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00082(00011), 1317-1326, 1999-11-25

    References (16)

  • Efficiency of routing problem algorithm for demand given by path.  [in Japanese]

    KISE Wakasa , MITSUISHI Akitoshi

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1999年.情報・システムソサイエティ大会(講演論文集), 4, 1999-08-16

  • Heuristic algorithm of routing problem for demand given by path.  [in Japanese]

    KISE Wakasa , NOMOTO Kohei

    Proceedings of the IEICE General Conference 1999年.基礎・境界, 5, 1999-03-08

  • 地上用雷電探知装置における事例検索による発雷予測確度改善  [in Japanese]

    木瀬 若桜 , 系 正義 , 野本 弘平 , 小菅 義夫 , 浅野 福吉 , 渡邊 伸一郎

    大会講演予講集 74, P336, 1998-10

    References (4)

  • Prediction method for lightning using case-based retrieval by multiple sensor data  [in Japanese]

    KISE Wakasa , ITO Masayoshi , NOMOTO Kohei , KOSUGE Yoshio

    雨・雲・雷・突風といった自然現象を観測し, これらによる被害を未然に防ぐため, 従来から気象レーダを利用するという方法が用いられている.これに加えて, 近年の計算機能力の向上ならびにこれまでの気象観測の研究成果から, 将来の発雷予測をはじめとした高度で複雑な情報提供が求められるようになってきている.本報告では, その一つである雷の発生(発雷)を事前に予測するための事例検索方式を提案する.雷雲の動き …

    Technical report of IEICE. SANE 98(278), 1-7, 1998-09-18

    References (5)

  • 1 / 2
Page Top