山根 健一 YAMANE Kenichi

Articles:  1-20 of 23

  • 1 / 2
  • ネットワークサービスを支えるサービスアクティベーション技術 (特集 次世代フレキシブルオペレーション技術)  [in Japanese]

    瀬戸 三郎 , 山根 健一 , 馬島 宗平

    NTT技術ジャ-ナル 17(8), 18-21, 2005-08

  • The Architecture of Service Activation System in VoIP Service  [in Japanese]

    FUJITA Yoshihiro , YAMANE Kenichi , NAKAO Takakuni

    IP-NWを利用したサービスはVoIPに代表されるように増加する傾向にあり、その実現のためのサービスオーダ(SO)は煩雑になっている。また、データの設定が必要となるサーバの種別やデータ設定を操作する端末はユーザの利便性やISPに依存した運用形態から多様化しているのが実状である。無作為に投入されるサービスオーダに対して設定データ形式や投入元を識別し、効率よくデータの設定を行うことが求められる。Web …

    Technical report of IEICE. TM 104(327), 25-30, 2004-09-24

    References (4)

  • The Execution Method and Issue of Service Activation System  [in Japanese]

    YAMADA Akira , SETO Saburo , FUJIWARA Masakatsu , YAMANE Kenichi , TANIGUCHI Hirohisa , SUGAI Toshitaka , IMAI Satoshi

    サービスアクティベーションの手順は,運用業者のノウハウや事業環境により多種多様であり,プログラムコードとしてソフトウェアに組み込むとその修正・変更が容易にできず,サービス開始までの開発期間が多大になってしまう.本稿では,サービスに依存しないプラットフオーム部分とサービスに依存するサービスモジュール部分に分割し,サービスモジュールのみ追加/変更して,新規サービスに柔軟に対応できる方式を提案する.具体 …

    Technical report of IEICE. TM 103(701), 91-96, 2004-03-05

    References (4) Cited by (1)

  • A study on service activation with priority control  [in Japanese]

    NAKAO Takakuni , YAMANE Kenichi

    近年、IP-NWを利用したサービスはVoIPに代表されるように増加する傾向にあり、その実現のためのサービスアクティベーションは煩雑になっている。一方、データの設定が必要となるサーバの種別やデータ設定を操作する端末はユーザの利便性やISPに依存した運用形態から多様化しているのが実状である。無作為に投入されるサービスアクティベーションに対して設定データの内容や投入元を識別することにより、即時性が要求さ …

    Technical report of IEICE. TM 103(701), 85-90, 2004-03-05

    References (3) Cited by (2)

  • A Study on Information circulation method in Distributed system  [in Japanese]

    YAMADA Akira , KIMURA Nobuhiro , YAMANE Kenichi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2003年_通信(2), 658, 2003-03-03

  • A Study on Updating Software for IP Service System  [in Japanese]

    Ogawa Masato , Yamane Kenichi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2003年_通信(2), 106, 2003-03-03

  • A Study on END to END testing about VoIP service  [in Japanese]

    KOMATSU Hideo , FURUKAWA Tsuyoshi , YAMANE Kenichi , WATANABE Tomoshige

    既存電話網ではEND to END試験方法が確立されているが、VoIP網ではEND to END試験に関する検討は十分になされていない。優れた市中技術によるモニターツール、擬似呼生成ツールなどの市販製品を組み合わせることによりNE数、ビル数共に大規模となるキャリアレベルのVoIP網においてEND to END試験が実現可能と考えられる。本稿では今後VoIPサービスの本格運用に向けて、キャリアレベル …

    IEICE technical report. Information networks 102(561), 89-94, 2003-01-10

    References (8) Cited by (1)

  • A Study on END to END testing about VoIP service  [in Japanese]

    KOMATSU Hideo , FURUKAWA Tsuyoshi , YAMANE Kenichi , WATANABE Tomoshige

    既存電話網ではEND to END試験方法が確立されているが、VoIP網ではEND to END試験に関する検討は十分になされていない。優れた市中技術によるモニターツール、擬似呼生成ツールなどの市販製品を組み合わせることによりNE数、ビル数共に大規模となるキャリアレベルのVoIP網においてEND to END試験が実現可能と考えられる。本稿では今後VoIPサービスの本格運用に向けて、キャリアレベル …

    IEICE technical report. Office Information Systems 102(565), 89-94, 2003-01-10

    References (8)

  • A Study on END to END testing about VoIP service  [in Japanese]

    KOMATSU Hideo , FURUKAWA Tsuyoshi , YAMANE Kenichi , WATANABE Tomoshige

    既存電話網ではEND to END試験方法が確立されているが、VoIP網ではEND to END試験に関する検討は十分になされていない。優れた市中技術によるモニターツール、擬似呼生成ツールなどの市販製品を組み合わせることによりNE数、ビル数共に大規模となるキャリアレベルのVoIP網においてEND to END試験が実現可能と考えられる。本稿では今後VoIPサービスの本格運用に向けて、キャリアレベル …

    Technical report of IEICE. TM 102(563), 89-94, 2003-01-10

    References (8)

  • The probe management technique in the VoIP-NW signal monitoring  [in Japanese]

    Komatsu Hideo , Furukawa Tsuyoshi , Yamane Kenichi

    Proceedings of the IEICE General Conference, 657, 2003

    Cited by (1)

  • A study on analyzing End-to-End signal for VoIP service  [in Japanese]

    NAKAO Takakuni , FURUKAWA Tsuyoshi , YAMANE Kenichi

    Proceedings of the IEICE General Conference, 144, 2003

    Cited by (1)

  • A Study on control function of effective test scenario for IP network service  [in Japanese]

    Kayanuma Teruyuki , Komatsu Hideo , Furukawa Tsuyoshi , Yamane Kenichi

    Proceedings of the IEICE General Conference, 99, 2003

    Cited by (1)

  • A Study of Control Method of Use Demand of Packet Capture Device for IP Network  [in Japanese]

    Mochizuki Daisuke , Furukawa Tsuyoshi , Yamane Kenichi

    Proceedings of the IEICE General Conference, 95, 2003

    Cited by (1)

  • A Study on Service Ordering System for Various IP-Services  [in Japanese]

    OHIZUMI Akira , FURUKAWA Tsuyoshi , OGAWA Masato , YAMANE Kenichi , ASO Masakazu , HIBINO Yuji

    様々なNWサービスがIP-NWに統合化され,新たなサービスが展開している現在,IP-NWのサービス管理を行うOSSの処理構造が複雑化している。本稿では,ユーザからの申し込みを受け付け,サービス制御サーバ,NW機器へのデータ設定管理を行い,サービス開通させる機能であるサービスオーダリングに着目した。IP-NWにおけるサービスオーダリングは,新規サービスの追加およびサービススペックの変更,NE種別の追 …

    Technical report of IEICE. TM 102(192), 13-18, 2002-07-04

    References (9)

  • A Study of SLM functions about a VoIP service  [in Japanese]

    FURUKAWA Tsuyoshi , YAMANE Kenichi

    音声信号をIPパケット化して転送させるVoIP(Voice over IP)方式は、新しい音声サービスの基盤として着目されている。一方、サービスを提供する事業者とそのサービスを受けるユーザとの間でサービスレベルの保証を契約するという、SLA(Service Level Agreement)の概念が定着化してきている。本稿ではVoIPに特化したSLAを具体的に抽出し、さらにサービスの変更やNE(Ne …

    IEICE technical report 101(508), 97-102, 2001-12-17

    References (10)

  • A Study of SLM functions about a VoIP service  [in Japanese]

    FURUKAWA Tsuyoshi , YAMANE Kenichi

    音声信号をIPパケット化して転送させるVoIP(Voice over IP)方式は、新しい音声サービスの基盤として着目されている。一方、サービスを提供する事業者とそのサービスを受けるユーザとの間でサービスレベルの保証を契約するという、SLA(Service Level Agreement)の概念が定着化してきている。本稿ではVoIPに特化したSLAを具体的に抽出し、さらにサービスの変更やNE(Ne …

    Technical report of IEICE. PS 101(510), 97-102, 2001-12-10

    References (10)

  • A Study of Service Testing Method for VoIP Network  [in Japanese]

    Sugimura Hajime , Yamane Kenichi

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2001年.通信ソサイエティ大会講演論文集(2), 76, 2001-08-29

  • A Study on Directory Information Tree Construction Method for Resource Management Database  [in Japanese]

    Iwasaki Atsushi , Yamane Kenichi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2001年.通信(2), 668, 2001-03-07

  • A study on DCN construction method for IP based backbone network  [in Japanese]

    Yamane Kenichi , Iwasaki Atsushi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2001年.通信(2), 102, 2001-03-07

  • A study on concealment of difference in multivender DBMSs for OpS  [in Japanese]

    MARUSHIMA Takeshi , YAMANE Kenichi , MAJIMA Souhei

    ネットワーク上のノード(NE:交換設備)の監視や、保守運用の為のオペレーションシステムを、設備OpSと呼ぶ。本稿では、設備OpSにおけるNEの状態やシステム自体の状態等の情報管理に、市販のリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)を利用する場合に起こる問題とその差分の隠蔽方式について述べる。

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1996年.通信(2), 69, 1996-09-18

  • 1 / 2
Page Top