中谷 達也 NAKATANI Tatsuya

ID:9000004738802

日本電信電話株式会社NTTアクセスサービスシステム研究所 NTT Access Network Service Systems Laboratories, NTT Corporation (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-5 of 5

  • B-14-6 A study of the information management technique for the optical fiber in the intra-office  [in Japanese]

    NAKATANI Tatsuya , SHIBAKI Masaya , HASHIMOTO Kenichi , INOUE Takashi , YAMAMURA Tetsuya

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2005年_通信(2), 393, 2005-09-07

  • A Method of Managing State of Telecom Business Process with Partial Order  [in Japanese]

    NAKATANI Tatsuya , TAYAMA Kenichi , OHNO Yousuke , YAMAMURA Tetsuya

    テレコム業務プロセスには順序性にとらわれず実行可能なアクティビティが含まれる.予め処理順序を定義しない業務支援システム(OSS)を構築することによりアクティビティの非同期実行、並行実行を可能とし、予め処理順序を定義する従来のワークフローを用いたOSSに比べ、更なるリードタイム削減が可能となる.しかし処理順序を予め定義しないということはいつどのドメインでどのアクティビティが実行できるかという状態を予 …

    IEICE technical report 104(434), 35-40, 2004-11-19

    References (12)

  • A Method of Managing State of Telecom Business Process with Partial Order  [in Japanese]

    NAKATANI Tatsuya , TAYAMA Kenichi , OHNO Yousuke , YAMAMURA Tetsuya

    テレコム業務プロセスには順序性にとらわれず実行可能なアクティビティが含まれる.予め処理順序を定義しない業務支援システム(OSS)を構築することによりアクティビティの非同期実行、並行実行を可能とし、予め処理順序を定義する従来のワークフローを用いたOSSに比べ、更なるリードタイム削減が可能となる.しかし処理順序を予め定義しないということはいつどのドメインでどのアクティビティが実行できるかという状態を予 …

    Technical report of IEICE. TM 104(436), 35-40, 2004-11-19

    References (12)

  • A Derivation Method of the Efficient work Process by human for Optical fibers inside an Intra-Office Factoring in Workability  [in Japanese]

    SHIBAKI Masaya , TAYAMA Kenichi , NAKATANI Tatsuya , YAMAMURA Tetsuya

    光サービスの需要が急激に増加する中で,大量開通を実現するためには,人的作業の効率化が重要である.アクセス系光設備は光ファイバや光スプリッタなどの非電子的な媒体を対象としているため,サービス提供のリードタイムにおいては,人手による多くの作業の影響が無視できない.本稿では,通信事業者の設備ビル内における媒体同士の接続・解放工事を例として採り上げ,所内設備施工業務の作業性に影響を与える種々の要因を考慮し …

    Technical report of IEICE. TM 104(165), 1-6, 2004-07-02

    References (5)

  • B-14-3 A Work Process Increase-in-Efficiency Technique for an Intra-Office Optical Distribution Network  [in Japanese]

    Shibaki Masaya , Nakatani Tatsuya , Tayama Kenichi , Yamamura Tetsuya

    Proceedings of the IEICE General Conference 2004 B-14-3, 588, 2004

    Cited by (1)

Page Top