賈 中寧 JIA Zhongning

ID:9000004738923

信州大学工学部 Faculty of Engineering, Shinshu University (2003年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-5 of 5

  • Terminal ACK and Adaptive Transmitter Power Control for User Relay Scheme  [in Japanese]

    JIA Zhongning , MUTSUURA Kouichi , HANDA Shiro , AKIZUKI Osamu , OSHITA Shinjiro

    本論文では,利用者中継方式(User Relay Scheme)における端末ACK及び適応送信電力制御法を提案する。不必要なパケット再送によるパケット衝突を回避するため,中継端末は,受信した被中継パケットのACK(端末ACKと呼ぶ)信号を,端末ACKチャネルを通じて,被中継端末に返送する。被中継端末は,端末ACKを受信した場合,それに対応するパケットを再送しない。なお,被中継端末は,端末ACK信号 …

    IEICE technical report. Information networks 103(365), 61-66, 2003-10-17

  • Terminal ACK and Adaptive Transmitter Power Control for User Relay Scheme  [in Japanese]

    JIA Zhongning , MUTSUURA Kouichi , HANDA Shiro , AKIZUKI Osamu , OSHITA Shinjiro

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク 103(365), 61-66, 2003-10-10

    References (10)

  • Avoidance of Duplicated Relayed Packets and Transmission Power Control for User Relay Scheme  [in Japanese]

    JIA Zhongning , MUTSUURA Kouichi , HANDA Shiro , AKIZUKI Osamu , OSHITA Shinjiro

    利用者中継方式における中継端末での被中継パケットの重複送信回避法,被中継端末の送信電力制御法を提案する.シミュレーション結果により,提案方式の有効性が実証された.

    The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers B 86(10), 2254-2258, 2003-10-01

    IR  References (8) Cited by (1)

  • Improvement of the Channel Efficiency by User Relay Scheme in the Mobile Communication  [in Japanese]

    JIA Zhongning , MUTSUURA Kouichi , AKIZUKI Osamu , HANDA Shiro , OSHITA Shinjiro

    従来の移動通信の接続方式では周波数資源は固定的に各ユーザに配分され,端末は発呼から終呼まで割り当てられたチャネルを独占し続ける.このため,音声呼,データ呼ともにその情報の非送信区間の存在により,チャネルの利用効率は低いものとなっている.本論文では移動通信における端末の非送信区間を利用し,対話的なデータ通信,電子メールのようなショートメッセージ通信など実時間性の要求度が低いデータ通信サービスを,基地 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers B 86(1), 21-30, 2003-01-01

    References (11) Cited by (5)

  • The improvement of the spectral efficiency by User Relay scheme  [in Japanese]

    JIA Zhongning , MUTSUURA Kouichi , AKIZUKI Osamu , HANDA Shiro , OSHITA Shinjirou

    回線接続方式は発呼から終呼まで同一チャネルを独占し続けるため、音声呼, データ呼ともに非送信期間の存在による周波数資源の浪費が生じている. 本論文では端末の非送信期間を利用し、実時間性要求の厳しくないデータ端末のパケットを, 中継端末と呼ぶ回線接続中の端末(基地局と通信中の端末)が中継する「利用者中継方式」を提案している. シミュレーション結果により、充分小さい平均遅延の下で、大幅な呼損率の改善が …

    IEICE technical report. Information networks 101(123), 23-28, 2001-06-22

    References (7) Cited by (1)

Page Top