秋月 治 AKIZUKI Osamu

Articles:  1-20 of 37

  • 1 / 2
  • Effective approach to improving employment awareness and course achievement analyzed from awareness survey  [in Japanese]

    森 友寿 , 秋月 治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 117(119), 27-32, 2017-07-07

  • A navigation system for walkers with using Wireless LAN  [in Japanese]

    加藤 健 , 荘司 健太 , 秋月 治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(92), 109-114, 2016-06-14

  • Support tool of selecting the suitable data out of Materials for Statistical education  [in Japanese]

    鈴木 裕二 , 秋月 治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(492), 143-146, 2016-03-05

  • AS-2-8 A study of emulator with Trema for Ad-hoc networks  [in Japanese]

    Fujikawa Takurou , Akizuki Osamu

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2014年_基礎・境界, "S-31"-"S-32", 2014-09-09

  • A communication support tool for lecture with using network environment  [in Japanese]

    Akizuki Osamu

    対面型の授業において,一対多の関係にある教師が,学習者の理解度を把握することが難しい.筆者らは先に、リアルタイムにコミュニケーションが取れ,本来の授業スタイルをできるかぎり崩さず,しかも,授業のオーバーヘッドを少しでも減少させる,ネットワークを用いた授業支援システムを紹介した.今回、情報端末の多様化への対応を図るため、WEBサーバを介したシステムへの移行を試みたので紹介する。

    IEICE technical report. Education technology 113(482), 183-186, 2014-03-08

  • A tool for experimentation of RSA with using students'note PCs  [in Japanese]

    AKIZUKI Osamu

    筆者らは先に,情報セキュリティの公開鍵暗号を対象として,RSA暗号の鍵生成から暗号化・復号プロセスおよび公開鍵暗号を用いたチャットを,学生が所有するノートパソコンを用いて講義内で実験を行う教材システムの開発を行い報告した.しかし,メッセージの交換を公開鍵暗号で行っていたためにその効果が低くなっており,また操作が煩雑であった.これらの点を改善したツールを作成したので報告する.

    IEICE technical report. Education technology 112(269), 43-48, 2012-10-20

    References (8)

  • A lecture support system with using network environment  [in Japanese]

    TAKEDA Masafumi , AKIZUKI Osamu

    従来の対面型の授業においては,教師が学習者の理解度を把握しつつ授業を進めることが求められているが,現実には一対多の関係にある教師が,学習者の理解度を把握することが難しい.本報告では,リアルタイムにコミュニケーションが取れ,本来の授業スタイルをできるかぎり崩さず,しかも,授業のオーバーヘッドを少しでも減少させる,ネットワークを用いた授業支援システムを紹介する.

    IEICE technical report 111(213), 59-63, 2011-09-15

    References (4)

  • A tool for experimentation of RSA which can be used in lecture  [in Japanese]

    AKIZUKI Osamu , SUGAWARA Mio

    情報セキュリティの公開鍵暗号を対象として,RSA暗号を対象として,学生が所有するノートパソコンを用いて講義内で実験を行う教材システムの開発を行った.本ツールは,鍵生成から暗号化・復号プロセスの体験システムと,公開鍵暗号を用いたチャットシステムで構成されており,チャットシステムを用いることにより,メッセージ交換時の公開鍵・秘密鍵の役割を確認することが可能である.

    IEICE technical report 110(453), 199-204, 2011-02-25

    References (5)

  • Effective contents and teaching schemes for establishment of student's skills  [in Japanese]

    MORI Tomohisa , AKIZUKI Osamu

    専門教科としての商業において,各分野に関する基礎的・基本的な知識と技術を習得させ,ビジネスに対する心構えや理念を身に付けさせるとともに,ビジネスの諸活動を主体的,合理的に行い,経済社会の発展に寄与する能力と態度を育てることを目的に,本研究では,ビジネスのロールプレイングによる帳簿と伝票の記入や経営シミュレーションを取り入れた学習コンテンツの作成を行った.また,本コンテンツを用いた授業を効果的に行う …

    IEICE technical report 109(268), 11-16, 2009-10-30

    References (17)

  • A study of routing in ad hoc networks  [in Japanese]

    AKIZUKI Osamu

    日本シミュレーション学会大会発表論文集 : シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス・計算電気・電子工学シンポジウム 28, 23-26, 2009-06-11

    References (5)

  • A study of routing schemes in ad hoc  [in Japanese]

    AKIZUKI Osamu , UMETSU Aya , OONUMA Michiya

    日本シミュレーション学会大会発表論文集 : シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス・計算電気・電子工学シンポジウム 27, 135-138, 2008-06-19

    References (6)

  • A study of network configuration process for inter vehicle communication  [in Japanese]

    MURAKAMI Hidetaka , OKUYAMA Yoshiaki , AKIZUKI Osamu

    日本シミュレーション学会大会発表論文集 : シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス・計算電気・電子工学シンポジウム 26, 291-294, 2007-06-21

    References (4)

  • Cellular system with directly communication between terminals  [in Japanese]

    KUMAGAI Jun , AKIZUKI Osamu

    日本シミュレーション学会大会発表論文集 : シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス・計算電気・電子工学シンポジウム 25, 47-50, 2006-06-22

    References (7)

  • ITS for Traffic Control in an Intersection  [in Japanese]

    OTANI Shirou , AKIZUKI Osamu , MUTUURA Kouichi , HANDA Shirou , OOSHITA Shinjirou

    A number of accidents occur in an intersection because of the driver ignoring a traffic light and because of not being able to see far ahead in an intersection. Also, an intersection causes traffic co …

    Journal of the Japan Society for Simulation Technology 24(2), 128-134, 2005-06-15

    NDL Digital Collections  References (8)

  • Terminal ACK and Adaptive Transmitter Power Control for User Relay Scheme  [in Japanese]

    JIA Zhongning , MUTSUURA Kouichi , HANDA Shiro , AKIZUKI Osamu , OSHITA Shinjiro

    本論文では,利用者中継方式(User Relay Scheme)における端末ACK及び適応送信電力制御法を提案する。不必要なパケット再送によるパケット衝突を回避するため,中継端末は,受信した被中継パケットのACK(端末ACKと呼ぶ)信号を,端末ACKチャネルを通じて,被中継端末に返送する。被中継端末は,端末ACKを受信した場合,それに対応するパケットを再送しない。なお,被中継端末は,端末ACK信号 …

    IEICE technical report. Information networks 103(365), 61-66, 2003-10-17

  • Terminal ACK and Adaptive Transmitter Power Control for User Relay Scheme  [in Japanese]

    JIA Zhongning , MUTSUURA Kouichi , HANDA Shiro , AKIZUKI Osamu , OSHITA Shinjiro

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク 103(365), 61-66, 2003-10-10

    References (10)

  • Avoidance of Duplicated Relayed Packets and Transmission Power Control for User Relay Scheme  [in Japanese]

    JIA Zhongning , MUTSUURA Kouichi , HANDA Shiro , AKIZUKI Osamu , OSHITA Shinjiro

    利用者中継方式における中継端末での被中継パケットの重複送信回避法,被中継端末の送信電力制御法を提案する.シミュレーション結果により,提案方式の有効性が実証された.

    The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers B 86(10), 2254-2258, 2003-10-01

    IR  References (8) Cited by (1)

  • A Channel Allocation Scheme for Hierarchical Cellular System with Dynamic Microcell Forming, Considering Call Dropping  [in Japanese]

    ITO Hiromichi , AKIZUKI Osamu , MUTSUURA Kouichi , HANDA Shiro , OSHITA shinjiro

    近年の移動体通信における周波数利用効率とハンドオフのトレードオフ問題に対して,筆者等は新しいセルラシステム,DMF(hierarchical cellular system with Dynamic Microcell Forming)を提案し,その高い性能改善を確認した[10]〜[14].本論文では,DMFにおける強制切断率ならびに呼損率を更に改善することを目的として,リザーブチャネルの概念を導 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. A 86(1), 84-91, 2003-01-01

    References (14) Cited by (1)

  • Improvement of the Channel Efficiency by User Relay Scheme in the Mobile Communication  [in Japanese]

    JIA Zhongning , MUTSUURA Kouichi , AKIZUKI Osamu , HANDA Shiro , OSHITA Shinjiro

    従来の移動通信の接続方式では周波数資源は固定的に各ユーザに配分され,端末は発呼から終呼まで割り当てられたチャネルを独占し続ける.このため,音声呼,データ呼ともにその情報の非送信区間の存在により,チャネルの利用効率は低いものとなっている.本論文では移動通信における端末の非送信区間を利用し,対話的なデータ通信,電子メールのようなショートメッセージ通信など実時間性の要求度が低いデータ通信サービスを,基地 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers B 86(1), 21-30, 2003-01-01

    References (11) Cited by (5)

  • ITS for Traffic Control at Intersection  [in Japanese]

    OOTAN Oshirou , AKIZUKI Osamu , MUTSUURA Kouichi , HANDA Shirou , OSHITA Sinjirou

    近年増加する交通事故の多くは,信号無視や見通しの悪い交差点での出会い頭による衝突事故など,交差点付近で発生しており,交差点における交通の円滑化が望まれている.本稿では,交差点付近における車両間の通信により,互いの位置および速度情報を把握し,信号機が存在しない交差点でも円滑な走行が可能な交通制御システムを提案する.また,車両の右左折走行を考慮に入れた現実に近いモデルにより計算機シミュレーションを行い …

    電子情報通信学会技術研究報告. ITS 102(474), 13-18, 2002-11-18

    References (5) Cited by (8)

  • 1 / 2
Page Top