内山 良一 UCHIYAMA Yoshikazu

ID:9000004739850

熊本大学大学院生命科学研究部先端生命医療科学部門 Dept. of Medical Physics, Faculty of Life Sciences, Kumamoto Univ. (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 44

  • 1 / 3
  • Improvement of CAD scheme for detection of lacunar infarcts in MR images using AdaBoost template matching  [in Japanese]

    TANIGAWA Ayaka , UCHIYAMA Yoshikazu , MURAMATSU Chisako , HARA Takeshi , SHIRAISHI Junji , FUJITA Hiroshi

    無症候性のラクナ梗塞は脳ドックにおけるMR検査でしばしば発見される.ラクナ梗塞の存在は,後に発生する重篤な脳梗塞との関連が指摘されているため,その検出は重要である.しかしながら,すべてのラクナ梗塞を正しく検出することは難しい.そこで,ラクナ梗塞の検出を支援するためのコンピュータ支援診断システムを開発してきた.従来法の検出性能は,真陽性率96.8%のとき偽陽性数0.76個/スライス画像であり,偽陽性 …

    IEICE technical report. 113(410), 323-326, 2014-01-26

  • Computer-aided Diagnosis on the Field of Head and Neck: Development and Current Trends  [in Japanese]

    Fukuoka Daisuke , 内山 良一 , 村松 千左子 [他] , 原 武史 , 藤田 広志

    Japanese Journal of Radiological Technology 69(11), 1313-1319, 2013-11-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (19)

  • Development of Temporal Subtraction Method for Chest Radiographs by Using Pixel Matching Technique  [in Japanese]

    SUGIMOTO Aiko , KATSURAGAWA Shigehiko , UCHIYAMA Yoshikazu , SHIRAISHI Junji

    A temporal subtraction image, which is obtained by subtraction of a previous image from a current one, can enhance interval changes on a chest radiograph by removal of most normal structures. However, …

    Japanese Journal of Radiological Technology 69(8), 855-863, 2013-08-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (16)

  • Computer-Aided Detection of Metastatic Brain Tumors in Magnetic Resonance Images  [in Japanese]

    TAKENAGA Tomomi , UCHIYAMA Yoshikazu , HIRAI Toshinori , NAKAMURA Hideo , KAI Yutaka , KATSURAGAWA Shigehiko , SHIRAISHI Junji

    The fact that accurate detection of metastatic brain tumors is important for making decisions on the treatment course of patients prompted us to develop a computer-aided diagnostic scheme for detectin …

    Japanese Journal of Radiological Technology 69(6), 632-640, 2013-06-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (19)

  • 脳と肝臓のMR画像のためのコンピュータ支援診断 (特集 バイオ・メディカル分野における画像技術)  [in Japanese]

    内山 良一 , 張 学軍 , 藤田 広志

    画像ラボ 23(2), 41-46, 2012-02

  • Computerized Detection of Metastatic Brain Tumors in Brain MR Images  [in Japanese]

    TAKENAGA Tomomi , KATSURAGAWA Shigehiko , UCHIYAMA Yoshikazu , HIRAI Toshinori , SHIRAISHI Junji

    頭部MR画像における転移性脳腫瘍の検出は治療方針を決定する上で重要である.われわれは転移性脳腫瘍検出のためのコンピュータ支援診断システムを開発している.従来法では,リング状陰影と充実性陰影に対応する模擬テンプレートを作成し,テンプレートマッチングを行うことで腫瘍を検出していた.本研究では,実際の症例から作成した真陽性と偽陽性のテンプレートとの相互相関係数を求めることで偽陽性の削除を試みた.提案手法 …

    IEICE technical report. 111(389), 365-369, 2012-01-19

  • Computerized extraction of vessel regions in retinal fundus images : Performance evaluation using DRIVE Database  [in Japanese]

    URUMA Shota , UCHIYAMA Yoshikazu , ZDENEK Prochazka , HATANAKA Yuji , MURAMATSU Chisako , HARA Takeshi , SHIRAISHI Junji , FUJITA Hiroshi

    眼底画像における血管抽出は,眼底画像のコンピュータ支援診断システムの開発における重要な基礎技術のひとつである.われわれはモルフォロジーフィルタバンクに基づいた眼底画像の血管強調法を開発した.このフィルタバンクを用いれば,眼底画像における様々な大きさの円形パターンや線状パターンを強調することができる.本手法をDRIVEデータベースにおける眼底画像40症例に適用したところ,ROC曲線以下の面積の平均は …

    IEICE technical report. 111(389), 315-318, 2012-01-19

  • Evaluation of Temporal Subtraction Images of Chest Radiographs by Using Pixel Matching Technique  [in Japanese]

    SUGIMOTO Aiko , HIGASHI Noritaka , UCHIYAMA Yoshikazu , KATSURAGAWA Shigehiko , SHIRAISHI Junji

    胸部単純X線画像における経時的差分画像の作成において,アーチファクトの更なる低減が期待されるピクセルマッチング法を経時的差分法に適用した.本手法の評価のために,肺癌の集団検診で正常と診断された過去画像と現在画像を有する100症例の胸部単純CR画像を選択し,すべての現在画像には計算機処理により模擬腫瘤を付加した。その経時差分画質上の摸擬腫瘤陰影を従来法と比較する事で本提案手法の有用性を評価した.実験 …

    IEICE technical report. 111(389), 221-225, 2012-01-19

  • Computerized Detection of Metastatic Brain Tumors in Brain MR Images  [in Japanese]

    TAKENAGA Tomomi , KATSURAGAWA Shigehiko , UCHIYAMA Yoshikazu , HIRAI Toshinori , SHIRAISHI Junji

    電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像 111(389), 365-369, 2012-01-12

    References (6)

  • Computerized extraction of vessel regions in retinal fundus images : Performance evaluation using DRIVE Database  [in Japanese]

    URUMA Shota , UCHIYAMA Yoshikazu , ZDENEK Prochazka , HATANAKA Yuji , MURAMATSU Chisako , HARA Takeshi , SHIRAISHI Junji , FUJITA Hiroshi

    電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像 111(389), 315-318, 2012-01-12

    References (10)

  • Evaluation of Temporal Subtraction Images of Chest Radiographs by Using Pixel Matching Technique  [in Japanese]

    SUGIMOTO Aiko , HIGASHI Noritaka , UCHIYAMA Yoshikazu , KATSURAGAWA Shigehiko , SHIRAISHI Junji

    電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像 111(389), 221-225, 2012-01-12

    References (6)

  • Image Diagnosis based on Morphological and Architectural Change : CAD scheme for cerebral and liver diseases on magnetic resonance imaging  [in Japanese]

    UCHIYAMA Yoshikazu , ZHANG Xuejung , FUJITA Hiroshi

    The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers 65(4), 436-439, 2011-04-01

    J-STAGE  References (31)

  • Extraction of Blood Vessels in Retinal Fundus Images using Morphology Filter Bank  [in Japanese]

    BUYANDALAI Altansargai , UCHIYAMA Yoshikazu , HATANAKA Yuji , MURAMATSU Chisako , HARA Takeshi , FUJITA Hiroshi

    眼底画像における血管抽出は,眼底画像のコンピュータ支援診断システムの開発における重要な基礎技術のひとつである.本論文ではモルフォロジーフィルタバンクに基づいた新しい眼底画像の血管抽出法を提案する.モルフォロジーフィルタバンクは,異なる構造要素によるトップハット変換を用いた血管抽出法に対してウェーブレット解析の多重解像度表現のアイデアを取り入れたものである.このフィルタバンクを用いれば,眼底画像にお …

    IEICE technical report 110(364), 105-108, 2011-01-12

    References (10)

  • Detection of Lung Nodules in Chest Radiographs based on Hessian Filter Bank  [in Japanese]

    NAKAMURA Tatsuya , UCHIYAMA Yoshikazu , HARA Takeshi , FUJITA Hiroshi

    胸部X線検査において約30%の肺結節が見落されていたとの報告がある.そのため,肺結節の可能性のある位置を表示することによって読影医の診断を支援するコンピュータ支援診断システムが開発されてきた.本論文では,様々な大きさの円形パターンを強調することができるヘシアンフィルタバンクに基づいた肺結節の検出方法を提案する.放射線技術学会発行のデータベースを用いて本手法を評価した結果,初期検出の段階で75%の感 …

    IEICE technical report 110(364), 101-104, 2011-01-12

    References (9)

  • Improvement of CAD Scheme for Lacunar Infarcts in MR Images : Elimination of False Positives using Combining Pattern Classifier  [in Japanese]

    ITONAGA Kyouhei , UCHIYAMA Yoshikazu , HARA Takeshi , IWAMA Toru , HOSHI Hiroaki , FUJITA Hiroshi

    無症候性ラクナ梗塞の存在は後に起こり得る重篤な脳梗塞との関係が示唆されているために,MR画像においてラクナ梗塞を検出することは重要である.そのため,ラクナ梗塞を検出するためのコンピュータ支援診断システムを開発してきた.しかし,開発したシステムで出力された偽陽性は4種類に分類され特徴量空間での分布が異なるため,1台の識別器でこれらの偽陽性とラクナ梗塞をさらに識別するのは困難である.本研究では,識別器 …

    IEICE technical report 110(364), 97-100, 2011-01-12

    References (12)

  • Automated classification of cerebral arteries in MRA images using visible human Korea image : Performance evaluation using large image database  [in Japanese]

    ASANO Tatsunori , UCHIYAMA Yoshikazu , YOKOYAMA Ryujiro , HARA Takeshi , IWAMA Toru , HOSHI Hiroaki , CHUNG Min Suk , FUJITA Hiroshi

    脳血管のMRA(Magnetic Resonance Aneiography)は,脳ドックで行われる検査のひとつであり,脳動脈瘤,狭窄,閉塞などの脳血管障害の画像診断に利用される.本研究では,韓国VH(visible human)画像を用いた脳MRA画像における血管名の自動対応付け手法を提案する.まず,処理対象画像の血管領域を抽出し,抽出した処理対象画像の血管領域が韓国VH画像の血管領域と重なるよ …

    IEICE technical report 110(364), 35-39, 2011-01-12

    References (9)

  • Choice Method of Classifier for Computer Aided Diagnosis  [in Japanese]

    HORIE Shunsuke , MATSUBARA Tomoko , KASAI Satoshi , UCHIYAMA Yoshikazu , MURAMATSU Chisako , ZHOU Xiangrong , HARA Takeshi , FUJITA Hiroshi

    コンピュータ支援診断(CAD)開発における偽陽性削除や良悪性鑑別などの処理では,様々な識別器が用いられている.しかし,常に,高い識別性能が得られる識別器は一意には決まることはない.そのため,用いる特徴量の性質に基づき最適な分類を可能にする識別器の選択基準を明らかにする必要がある.また,実験段階において,限られたデータ数を用いて得られた結果から,多量の未知データへ適用した場合に安定した性能を示す識別 …

    IEICE technical report 110(280), 27-32, 2010-11-08

    References (4)

  • Classification of Lacunar Infarcts and Enlarged Virchow-Robin Spaces Using Visible Human Image  [in Japanese]

    SUZUKI Takaya , UCHIYAMA Yoshikazu , HARA Takeshi , FUKUOKA Daisuke , IWAMA Toru , HOSHI Hiroaki , KINOSADA Yasutomi , FUJITA Hiroshi

    無症候性ラクナ梗塞の存在は後に起こり得る重篤な脳梗塞との関係が示唆されているために,MR画像においてラクナ梗塞を検出することは重要である.しかし,すべてのラクナ梗塞を正確に検出することは血管周囲腔拡大との鑑別がしばしば困難なために難しい.本研究では,病変の解剖学的位置情報を考慮することによって従来のCADシステムを改良した.解剖学的位置情報は,Visible Human Projectの低温切開片 …

    IEICE technical report 109(407), 341-344, 2010-01-21

    References (15)

  • Classifier Performance Study Using Simulation Data  [in Japanese]

    HORIE Shunsuke , MATSUBARA Tomoko , KASAI Satoshi , UCHIYAMA Yoshikazu , HARA Takeshi , FUJITA Hiroshi

    コンピュータ支援診断(CAD)開発における偽陽性削除や良悪性鑑別などの処理では,様々な識別器が用いられている.しかし,高い識別性能が得られる識別器は一意には決まらない.そのため,用いる特徴量に基づいて,正確な分類を可能にする識別器を選択することは,重要な役割を担っていると考えられる.そこで本研究では,正規分布に基づく人工的なデータ群を作成し,識別器の識別性能を比較するシミュレーション実験を行った. …

    IEICE technical report 109(270), 1-6, 2009-11-04

    References (3)

  • Report of CARS2009 and CAOS2009 : Investigation of research trends  [in Japanese]

    KITASAKA Takayuki , UCHIYAMA Yoshikazu , NOMURA Yukihiro , SATO Yoshinobu

    国際会議は,その分野の最新動向を知る重要な機会である.本稿では,国際会議に参加できなかった人にも,研究分野の最新成果や動向の詳細を紹介しよう,という趣旨で,国際会議CARS2009,および,CAOS2009に参加した研究者による報告をまとめたものである.CARS2009は2009年6月23日〜27日にベルリンで開催され,CAD,CAS,PACSなどのこれまでのトピックに関する研究のみならず,CAD …

    IEICE technical report 109(197), 13-18, 2009-09-09

    References (5)

  • 1 / 3
Page Top