Zabir Salahuddin Muhammad Salim ZABIR Salahuddin Muhammad Salim

ID:9000004741935

東北大学電気通信研究所 Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University (2003年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-3 of 3

  • Enguring Better Channel Utilization with IEEE 802.11 for MANET

    CHAYABEJARA Apichet , ZABIR Salahuddin Muhammad Salim , SHIRATORI Norio

    従来のIEEE 802.11プロトコルでは,4-way handshaking手法により隠れ端末問題を解決している.このプロトコルにおけるチャンネルの発見と予約は,送信開始時に,小さなrequest-tosend (RTS) frameを送信することで行われる.この手法により,パケットの衝突を効果的に発見し回避することが可能であるが,このプロトコルには,予約されたが利用されていないチャンネルを開放 …

    IEICE technical report. Communication systems 103(314), 33-38, 2003-09-19

    References (13) Cited by (2)

  • Enguring Better Channel Utilization with IEEE 802.11 for MANET

    CHAYABEJARA Apichet , ZABIR Salahuddin Muhammad Salim , SHIRATORI Norio

    従来のIEEE 802.11プロトコルでは,4-way handshaking手法により隠れ端末問題を解決している.このプロトコルにおけるチャンネルの発見と予約は,送信開始時に,小さなrequest-tosend (RTS) frameを送信することで行われる.この手法により,パケットの衝突を効果的に発見し回避することが可能であるが,このプロトコルには,予約されたが利用されていないチャンネルを開放 …

    IEICE technical report. Information networks 103(312), 33-38, 2003-09-19

    References (13)

  • Enguring Better Channel Utilization with IEEE 802.11 for MANET

    CHAYABEJARA Apichet , ZABIR Salahuddin Muhammad Salim , SHIRATORI Norio

    従来のIEEE 802.11プロトコルでは,4-way handshaking手法により隠れ端末問題を解決している.このプロトコルにおけるチャンネルの発見と予約は,送信開始時に,小さなrequest-tosend (RTS) frameを送信することで行われる.この手法により,パケットの衝突を効果的に発見し回避することが可能であるが,このプロトコルには,予約されたが利用されていないチャンネルを開放 …

    IEICE technical report 103(310), 33-38, 2003-09-19

    References (13)

Page Top