高橋 伸宏 TAKAHASHI Nobuhiro

ID:9000004747433

宇宙航空研究開発機構 Japan Aerospace Exploration Agency (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-12 of 12

  • Experimental Equipments for Orbital Maintenance System Utilizing COTS Technologies  [in Japanese]

    KIMURA Shinichi , NAGAI Yasufumi , YAMAMOTO Hiroshi , HASHIMOTO Hidekazu , TAKAHASHI Nobuhiro , KATO Matsuaki , YOSHIHARA Keisuke

    情報通信研究機構(NICT)では軌道上で不具合を起こした衛星の検査や修理といった保全を行い,不要な衛星を取り除くことで,通信・放送衛星の信頼性の向上と,スペニスデブリ問題を解決する「軌道上保全システム(OMS)」の研究を進めてきた.こうしたOMSを実現するためには,軌道上で情報を処理するために高度な情報処理能力をもつことが求められる.本論文では,「軌道上保全システム」に関連する画像処理・自律制御技 …

    The IEICE transactions on communications B 88(1), 21-32, 2005-01-01

    References (16)

  • The Role of MicroLabsat in the Research of Small Satellite Series  [in Japanese]

    KATO Matsuaki , YOSHIHARA Keisuke , TAKAHASHI Nobuhiro , HASHIMOTO Hidekazu , NISHIDA Shinichiro , KIMURA Shinichi , NAKASUKA Shinichi

    本論文では,低コスト・高機能・短期開発を実現する50〜100kg級小型衛星バスシリーズの研究の中で,シリーズ初号機として開発したマイクロラブサット1号機(以下μ-LabSat)が果たした役割について述べる.まず,μ-LabSatのシステム概要について述べ,次にμ-LabSatシステムの中で,低コスト・高機能を実現するために新たに採用した設計方針や技術について述べる.また,これらの技術が適用されたμ …

    The IEICE transactions on communications B 88(1), 13-20, 2005-01-01

    References (10) Cited by (6)

  • Ground-to-Orbit Laser transmission Experiments with MicroLabSat (GOLEM)  [in Japanese]

    TOYOSHIMA Morio , KUNIMORI Hiroo , TAKAYAMA Yoshihisa , KIMURA Shinichi , NAGAI Yasufumi , YAMAMOTO Hiroshi , HASHIMOTO Hidekazu , TAKAHASHI Nobuhiro , KATO Matsuaki , YAMAMOTO Toru

    現在軌道上にある宇宙航空研究開発機構(JAXA)のマイクロラブサット1号機(μ-LabSat)には,情報通信研究機構(NICT)が開発したCMOSカメラ(CMR)と,画像処理用オンボードコンピュータが搭載されている。CMRの光学測定機能を利用し,NICT光地上局からレーザ伝送実験を行い,衛星でレーザ光を受信することに成功した。レーザを低軌道周回衛星に照射するためには,高精度に衛星追尾を行う必要があ …

    Technical report of IEICE. SANE 104(271), 17-22, 2004-08-20

    References (24) Cited by (1)

  • Overview of Optical Inter-orbit Communication Engineering Test Satellite(OICETS) (2003 Joint Conference on Satellite Communications(JC-SAT 2003))

    YAMAKAWA Shiro , TOYOSHIMA Morio , TAKAHASHI Nobuhiro , YAMAWAKI Toshihiko , ARAI Katsuyoshi

    宇宙開発事業団(現:宇宙航空研究開発機構)では、光衛星間通信実験衛星(OICETS)を開発している。本衛星は、ヨーロッパ宇宙機構(ESA)の所有する静止衛星「ARTEMIS」と光衛星間通信実験を行うことをミッションとしており、2005年に打上げを予定している。OICETSは高度約**kmの低高度周回軌道で運用され、光衛星間通信のキー技術である、捕捉・追尾・指向技術を軌道上で実証することを目的として …

    Technical report of IEICE. SAT 103(386), 85-90, 2003-10-24

  • Overview of Optical Inter-orbit Communication Engineering Test Satellite (OICETS)

    YAMAKAWA Shiro , TOYOSHIMA Morio , TAKAHASHI Nobuhiro , YAMAWAKI Toshihiko , ARAI Katsuyoshi

    電子情報通信学会技術研究報告. SAT, 衛星通信 103(386), 85-90, 2003-10-24

    References (4)

  • Overview and Status of MicroLabSat  [in Japanese]

    OHTSUBO Takeshi , TAKAHASHI Nobuhiro , NAKAMURA Toshiyuki , NODA Atsushi , HASHIMOTO Hidekazu , KIMURA Shinichi , NISHIDA Shinichirou , NAKASUKA Shinichi

    2002年12月にH-IIAロケット4号機により、ADEOS-IIと相乗りで打上げられた小型衛星「μ-LabSat」は、現在、予定されていたミッションは全て終了し、安定した状態を保っている。本論文では、μ-LabSatの概要と現状について説明を行う。概要については実験・設計・開発・試験などを、現状については実験の成果・運用設備・運用方法などを説明する。

    Technical report of IEICE. SANE 103(156), 43-48, 2003-06-27

    References (4)

  • Development of the OICETS Simulator  [in Japanese]

    Toyoshima Morio , Takahashi Nobuhiro , Jono Takashi , Yamawaki Toshihiko , Nakagawa Keizo , Arai Katsuyoshi , Matsui Teruo , Shiratama Koichi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2003年_通信(1), 316, 2003-03-03

  • An Optimum Link Design on Ground-to-satellite Optical Communications in the Presence of Random Pointing-Jitter

    TOYOSHIMA Morio , TAKAHASHI Nobuhiro , JONO Takashi , YAMAWAKI Toshihiko , NAKAGAWA Keizo , ARAI Katsuyoshi

    大気ゆらぎ存在下における光通信は,その擾乱に起因する光のシンチレーションの影響を受ける。光のシンチレーションは,とりわけ誤り率(BER)などの通信品質を劣化させる。本来光が持つ非常に狭い光ビームの特性により,ランダム指向誤差がさらに通信信号に対して付加的なフェージングを生じさせる。広がり角の広い光ビームを用いることで,ランダム指向誤差による信号のフェージングを緩和することは出来るが,平均受光電力が …

    Technical report of IEICE. SAT 102(359), 51-56, 2002-10-03

    References (15)

  • OPTIMUM DESIGN FOR FREE-SPACE LASER COMMUNICATION SYSTEMS  [in Japanese]

    Toyoshima Morio , Takahashi Nobuhiro , Jono Takashi , Kobayashi Katsuhito , Nakagawa Keizo , Yamamoto Akio

    Proceedings of the IEICE General Conference 2001年.通信(1), 301, 2001-03-07

  • Analysis for the co-alignment error of the optical axes due to the wavefront distortion in free-space laser communications  [in Japanese]

    TOYOSHIMA Morio , TAKAHASHI Nobuhiro , JONO Takashi , YAMAWAKI Toshihiko , NAKAGAWA Keizo , YAMAMOTO Akio

    空間レーザ通信は、将来の衛星通信ネットワークにおいて大容量通信として期待されている。レーザ通信システムの光学素子は、宇宙環境において特に温度変化からの影響を受けやすい。光回線を安定的に保つためには、その温度変化による送信と受信光軸の相互アライメント誤差を評価する必要がある。これまで、光アンテナ等の熱歪により送信と受信の光軸が変化するということは、よく調べられていなかった。そこで本稿では、温度による …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 100(339), 37-42, 2000-10-12

    References (10)

  • Analysis for the co-alignment error of the optical axes due to the wavefront distortion in free-space laser communications  [in Japanese]

    TOYOSHIMA Morio , TAKAHASHI Nobuhiro , JONO Takashi , YAMAWAKI Toshihiko , NAKAGAWA Keizo , YAMAMOTO Akio

    空間レーザ通信は、将来の衛星通信ネットワークにおいて大容量通信として期待されている。レーザ通信システムの光学素子は、宇宙環境において特に温度変化からの影響を受けやすい。光回線を安定的に保つためには、その温度変化による送信と受信光軸の相互アライメント誤差を評価する必要がある。これまで、光アンテナ等の熱歪により送信と受信の光軸が変化するということは、よく調べられていなかった。そこで本稿では、温度による …

    Technical report of IEICE. RCS 100(345), 37-42, 2000-10-05

    References (10)

  • Analysis for the co-alignment error of the optical axes due to the wavefront distortion in free-space laser communications  [in Japanese]

    TOYOSHIMA Morio , TAKAHASHI Nobuhiro , JONO Takashi , YAMAWAKI Toshihiko , NAKAGAWA Keizo , YAMAMOTO Akio

    空間レーザ通信は、将来の衛星通信ネットワークにおいて大容量通信として期待されている。レーザ通信システムの光学素子は、宇宙環境において特に温度変化からの影響を受けやすい。光回線を安定的に保つためには、その温度変化による送信と受信光軸の相互アライメント誤差を評価する必要がある。これまで、光アンテナ等の熱歪により送信と受信の光軸が変化するということは、よく調べられていなかった。そこで本稿では、温度による …

    Technical report of IEICE. SANE 100(342), 37-42, 2000-10-05

    References (10) Cited by (1)

Page Top