浅原 隆 ASAHARA Takashi

ID:9000004755773

三菱電機株式会社情報技術総合研究所 Information Technology R & D Center, Mitsubishi Electric Corp. (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-11 of 11

  • A Frequency Offset Compensation Scheme for the Received Signal under the Influence of Rician Fading Channels with a Direct Component Shifted by Doppler Effect  [in Japanese]

    ASAHARA Takashi , KOJIMA Toshiharu , MIYAKE Makoto

    送信信号に周期的に挿入されたパイロットシンボルを用いるキャリヤ周波数オフセット補償方式として, パイロットシンボルの位相回転量から周波数オフセットを推定。補償する方式が提案されている。この従来方式を直接波がドップラーシフトしたライスフェージング環境に適用した場合, 直接波に近い周波数で周波数オフセットの推定・補償を行うため, ドップラー広がりが見掛け上更に広がり, フェージングひずみの推定誤差が増 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers B 00084(00007), 1265-1275, 2001-07-01

    References (13) Cited by (4)

  • A Study on Improvement of Frequency Offset Compensation Range for the Received Signal under the Influence of Rician Fading Channels  [in Japanese]

    ASAHARA Takashi , KOJIMA Toshiharu , MIYAKE Makoto

    Proceedings of the IEICE General Conference 2001年.通信(1), 515, 2001-03-07

  • A Study on Frequency Offset Compensation for Rician Fading Environments with a Direct Component Shifted by Doppler Effect  [in Japanese]

    ASAHARA Takashi , KOJIMA Toshiharu , MIYAKE Makoto

    送信信号に周期的に挿入されたパイロットシンボルを用いる周波数オフセット補償方式として, パイロットシンボル間の位相回転量から周波数オフセットを推定・補償する方式が検討されている.この方式を直接波がドップラーシフトしたライスフェージング環境下に適用した場合, 直接波に近い周波数で推定・補償を行うためドップラー広がりを見かけ上さらに広がり, 誤り率特性が劣化する.本稿では, 離散フーリエ変換(DFT) …

    Technical report of IEICE. RCS 99(568), 9-16, 2000-01-20

    References (12)

  • A Study on Frequency Offset Compensation for Rician Fading Environments with a Direct Component Shifted by Doppler Effect  [in Japanese]

    ASAHARA Takashi , KOJIMA Toshiharu , MIYAKE Makoto

    送信信号の周期的に挿入されたパイロットシンボルを用いる周波数オフセット補償方式として, パイロットシンボル間の位相回転量から周波数オフセットを推定・補償する方式が検討されている.この方式を直接波がドップラーシフトしたライスフェージング環境下に適用した場合, 直接波に近い周波数で推定・補償を行うためドップラー広がりが見かけ上さらに広がり, 誤り率特性が劣化する.本稿では, 離散フーリエ変換(DFT) …

    Technical report of IEICE. DSP 99(564), 9-16, 2000-01-20

    References (12)

  • A Study on Frequency Offset Compensation for Rician Fading Environments with a Direct Component Shifted by Doppler Effect  [in Japanese]

    ASAHARA Takashi , KOJIMA Toshiharu , MIYAKE Makoto

    送信信号に周期的に挿入されたパイロットシンボルを用いる周波数オフセット補償方式として, パイロットシンボル間の位相回転量から周波数オフセットを推定・補償する方式が検討されている.この方式を直接波がドップラーシフトしたライスフェージング環境下に適用した場合, 直接波に近い周波数で推定・補償を行うためドップラー広がりが見かけ上さらに広がり, 誤り率特性が劣化する.本稿では, 離散フーリエ変換(DFT) …

    Technical report of IEICE. SAT 99(566), 9-16, 2000-01-20

    References (12)

  • A Study on Frequency Offset Compensation Method for Pilot Symbol Assisted Modulation  [in Japanese]

    ASAHARA Takashi , KOJIMA Toshiharu , MIYAKE Makoto

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1999年.通信ソサイエティ大会(講演論文集1), 307, 1999-08-16

  • A Study on Pilot Symbol Assisted Coherent Detection Method for Rician Fading Channels  [in Japanese]

    ASAHARA Takashi , KOJIMA Toshiharu , MIYAKE Makoto , FUJINO Tadashi

    Proceedings of the IEICE General Conference 1998年.通信(1), 249, 1998-03-06

  • A Study on Pilot Symbol Assisted Coherent Demodulation Method for Rician Fading Channels  [in Japanese]

    ASAHARA Takashi , KOJIMA Toshiharu , MIYAKE Makoto , FUJINO Tadashi

    本稿では、送信信号に周期的に挿入さたパイロットシンボルを用いる耐ライスフェージング同期検波方式として、ガウス雑音によるキャリア位相の推定誤差を低減する方式を提案する。提案方式はウィーナー補間や線形補間による従来方式にパイロットシンボルにおいて検出された位相歪みの重み付け加算処理とデータシンボルにおいて検出された位相誤差の移動平均化処理を組み合わせた構成としている。そして、計算機シミュレーションによ …

    Technical report of IEICE. RCS 97(547), 77-84, 1998-02-18

    References (8)

  • A Study on Pilot Symbol Assisted Coherent Demodulation Method for Rician Fading Channels  [in Japanese]

    ASAHARA Takashi , KOJIMA Toshiharu , MIYAKE Makoto , FUJINO Tadashi

    本稿では、送信信号に周期的に挿入されたパイロットシンボルを用いる耐ライスフェージング同期検波方式として、ガウス雑音によるキャリア位相の推定誤差を低減する方式を提案する。提案方式はウィーナー補間や線形補間による従来方式にパイロットシンボルにおいて検出された位相歪みの重み付け加算処理とデータシンボルにおいて検出された位相誤差の移動平均化処理を組み合わせた構成としている。そして、計算機シミュレーションに …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 97(544), 77-84, 1998-02-18

    References (8)

  • A Study on Pilot Symbol Assisted Coherent Demodulation Method for Rician Fading Channels  [in Japanese]

    ASAHARA Takashi , KOJIMA Toshiharu , MIYAKE Makoto , FUJINO Tadashi

    本稿では、送信信号に周期的に挿入されたパイロットシンボルを用いる耐ライスフェージング同期検波方式として、ガウス雑音によるキャリア位相の推定誤差を低減する方式を提案する。提案方式はウィーナー補間や線形補間による従来方式にパイロットシンボルにおいて検出された位相歪みの重み付け加算処理とデータシンボルにおいて検出された位相誤差の移動平均化処理を組み合わせた構成としている。そして、計算機シミュレーションに …

    IEICE technical report. Microwaves 97(550), 77-84, 1998-02-18

    References (8)

  • A DS/SS RAKE Receiver Using Weighted Averaging Technique with a Forgetting Factor  [in Japanese]

    ASAHARA Takashi , KOJIMA Toshiharu , MIYAKE Makoto , FUJINO Tadashi

    忘却係数による加重平均法によってチャネルインパルスレスポンスを推定するRAKE方式を提案する.本方式は単純なハードウェアで構成可能であり,軟判定ビット数は4ビット程度まで削減可能で,従来方式より優れたビット誤り率特性を実現し得る.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. B-(0xF9C2) 76(9), 777-780, 1993-09-25

    References (7)

Page Top