ミノスヤン マックス MINOSIAN Maxim

ID:9000004755988

東北大学大学院工学研究科 Department of Electrical Communications, Graduate School of Engineering, Tohoku University (2002年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • Frequency-Selective Effects of Surface-Layered Tissues of Head Models  [in Japanese]

    MINOSIAN Maxim , SATO Hiroyasu , CHEN Qiang , SAWAYA Kunio

    頭部モデルへの電磁波電力の吸収メカニズムを明らかにするために,1次元層状モデルに対する伝送線路理論解析,及び同心球層状モデルと実際に近い頭部モデル(リアルモデル)に対する3次元FDTD解析を行っている.まず,1次元層状構造をもつ頭部モデルに平面波が入射したモデルを伝送線路理論により解析し,脂肪,骨,及び脳組織を考えたモデルでは,2.6GHz付近で脂肪と骨の層がインピーダンス整合層として働き,頭部の …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers B 85(5), 656-663, 2002-05-01

    References (17) Cited by (1)

  • Study on Frequency-Selective Electrodynamic Behavior of Surface Layered Tissues of Head Phantoms

    MINOSIAN Maxim , SATO Hiroyasu , CHEN Qiang , SAWAYA Kunio

    頭部ファントムへの電磁波電力の吸収メカニズムを明らかにするために、1次元多層モデルに対する伝送線路理論解析、及び近傍にダイポールアンテナが置かれている同心球多層モデルとリアルモデルに対する3次元FDTD解析を行っている。脂肪、骨、及び脳組織を考えたモデルでは、2.6GHz付近で脂肪と骨の層がインピーダンス整合層として働き、頭部のSARが大きくなること、皮膚や筋肉層を考慮すると整合条件から外れるため …

    IEICE technical report. Electromagnetic compatibility 101(392), 45-51, 2001-10-19

    References (14)

  • Study on Frequency-Selective Electrodynamic Behavior of Surface Layered Tissues of Head Phantoms  [in Japanese]

    MINOSIAN Maxim , SATO Hiroyasu , CHEN Qiang , SAWAYA Kunio

    頭部ファントムへの電磁波電力の吸収メカニズムを明らかにするために、1次元多層モデルに対する伝送線路理論解析、及び近傍にダイポールアンテナが置かれている同心球多層モデルとリアルモデルに対する3次元FDTD解析を行っている。脂肪、骨、及び脳組織を考えたモデルでは、2.6GHz付近で脂肪と骨の層がインピーダンス整合層として働き、頭部のSARが大きくなること、皮膚や筋肉層を考慮すると整合条件から外れるため …

    IEICE technical report. Microwaves 101(393), 45-51, 2001-10-19

    References (14)

  • A Study on Comparison of the Head Phantoms Featuring Thin Layered Surface Structure

    MINOSIAN Maksim , SATO Hiroyasu , CHEN Qiang , SAWAYA Kunio

    Proceedings of the IEICE General Conference 2000年.通信(1), 379, 2000-03-07

Page Top