伊藤 正隆 ITOH Masataka

ID:9000004756158

日本電気(株)光・超高周波デバイス研究所 Optoelectronics and High Frequency Device Res. Labs., NEC Corporation (1999年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 28

  • 1 / 2
  • Femtosecond Operation of Symmetric Mach-Zehnder All-Optical Switch and Its Photonic Integration  [in Japanese]

    TAJIMA Kazuhito , NAKAMURA Shigeru , UENO Yoshiyasu , SASAKI Junichi , SUGIMOTO Takara , KATO Tomoaki , SHIMODA Tsuyoshi , ITOH Masataka , HATAKEYAMA Hirosi , TAMANUKI Takemasa , SASAKI Tatsuya

    The Review of laser engineering 27(4), 257-261, 1999-04

    References (12)

  • Semiconductor Optical Ampliflers and Packaging Technology  [in Japanese]

    Sasaki T. , Itoh M. , Kurata K.

    Proceedings of the IEICE General Conference 1999年.エレクトロニクス(1), 461-462, 1999-03-08

  • Hybrid Integrated 8 channel SOA Gate Array Receptacle Module with Driver ICs (2) : Packaging  [in Japanese]

    Sasaki J. , Kato T. , Sugimoto T. , Shimoda T. , Tamanuki T. , Hatakeyama H. , Sasaki T. , Itoh M.

    Proceedings of the Society Conference of IEICE, 142, 1999

    Cited by (4)

  • Hybrid Integrated 8 channel SOAG Array Receptacle Module with Driver ICs (1) : Structure and Characteristics  [in Japanese]

    KATO T. , SASAKI J. , SUGIMOTO T. , SHIMODA T. , TAMANUKI T. , HATAKEYAMA H. , SASAKI T. , ITOH M.

    Proceedings of the Society Conference of IEICE, 141, 1999

    Cited by (3)

  • Hybrid integrated 4×4 matrix optical switch  [in Japanese]

    SASAKI J. , KATO T. , SHIMODA T. , TAMANUKI T. , HATAKEYAMA H. , KITAMURA S. , KITAMURA N. , KITAMURA M. , YAMAGUCHI M. , ITOH M.

    大容量光ネットワークの実現に向けて, マトリクス光スイッチ等の多チャンネル光スイッチが必要となる.このような光スイッチには, 消光比が高く, 高速動作が可能なSOAG(半導体光アンプゲート)を用いたゲート型光スイッチが有望視されており, さらにシステム構成の小型化のためにキーデバイスとなる光スイッチモジュールの小型化が求められている.今回, 光分岐・合流回路を形成したPLC(平面型光回路)プラット …

    Technical report of IEICE. OFT 98(111), 43-48, 1998-06-18

    References (14)

  • Hybrid integrated 4×4 matrix optical switch  [in Japanese]

    SASAKI J. , KATO T. , SHIMODA T. , TAMANUKI T. , HATAKEYAMA H. , KITAMURA S. , KITAMURA N. , KITAMURA M. , YAMAGUCHI M. , ITOH M.

    大容量光ネットワークの実現に向けて, マトリクス光スイッチ等の多チャンネル光スイッチが必要となる.このような光スイッチには, 消光比が高く, 高速動作が可能なSOAG(半導体光アンプゲート)を用いたゲート型光スイッチが有望視されており, さらにシステム構成の小型化のためにキーデバイスとなる光スイッチモジュールの小型化が求められている.今回, 光分岐・合流回路を形成したPLC(平面型光回路)プラット …

    Technical report of IEICE. PS 98(110), 43-48, 1998-06-18

    References (14)

  • Hybrid Photonic Integration Module : A Photonic Multi-Chip Module Technology for Optical Network System  [in Japanese]

    Kato T. , Sasaki J. , Shimoda T. , Kitamura N. , Tamanuki T. , Hatakeyama H. , Yamaguchi M. , Kitamura M. , Itoh M.

    Proceedings of the IEICE General Conference 1998年.エレクトロニクス(1), 455-456, 1998-03-06

  • Hybrid integrated 4×4 matrix optical switch using silica-based waveguides  [in Japanese]

    Simoda T. , Sasaki J. , Kato T. , Hatakeyama H. , Tamanuki T. , Kitamura N. , Kitamura S. , Yamaguchi M. , Itoh M. , Kitamura M.

    Proceedings of the IEICE General Conference 1998年.エレクトロニクス(1), 298, 1998-03-06

  • Alignment, a Synonym of an Optoelectronic Device Packaging  [in Japanese]

    ITOH Masataka

    The Journal of Japan Institute for Interconnecting and Packaging Electronic Circuits 13(1), 54-56, 1998-01-20

    J-STAGE  References (4) Cited by (1)

  • 光素子の3次元高精度フリップチップ実装 (MES'97(第7回マイクロエレクトロニクスシンポジウム論文集))  [in Japanese]

    伊藤 正隆 , 佐々木 純一

    マイクロエレクトロニクスシンポジウム論文集 (7), 93-96, 1997-10-20

  • Development of 1.1Gbps×8-channel Optical Links for Inter-Cabinet Interconnection  [in Japanese]

    MIYOSHI K. , HATAKEYAMA I. , ARAKI S. , NAGAHORI T. , YONEDA I. , HOMMOH H. , UDA A. , ITOH M.

    交換機や超並列計算機等の装置間、装置内大容量データ伝送用の 1.1Gbps×8chアレイ光リンクを開発した。許容スキュー量について所要受信帯域の観点から検討を行い、スキュー吸収回路との併用、並びにAC受信方式の適用の優位性を示した。LD駆動回路とAC受信回路をDC結合にてそれぞれ1チップアレイIC化し、また光実装系にパッシブアライメント技術を適用することで、体積2.2ccの小型光送受信モジュールを …

    Technical report of IEICE. OCS 97(299), 19-24, 1997-10-02

    References (14)

  • Si bench for highly efficient optical coupling using passively-aligned spot-size converter integrated laser diode  [in Japanese]

    SASAKI Jun'ichi , ITOH Masataka , YAMAZAKI Hiroyuki , YAMAGUCHI Masayuki

    半導体レーザ(LD)等の光モジュールのパッケージングにおいて, ハンダバンプによる光素子のパッシブアライン実装は, 光素子とファイバ等との結合の光軸無調整化に有効な実装方式である。今回, 挿入損失低減を目的としてスポットサイズ変換LD (SSC-LD)を採用し, レンズ結合と同等の高効率の光結合結果を得たので報告する。

    Proceedings of the IEICE General Conference 1997年.エレクトロニクス(1), 250, 1997-03-06

  • Passive aligned packaging technology of optoelectronic devices on Si platform  [in Japanese]

    ITOH Masataka , SASAKI Jun'ichi , KITAMURA Naoki , KITAMURA Shotaro

    半導体レーザ(LD), 光導波路(PLC), 光ファイバ等の光素子をSi基板に集積するSiプラットフォームは, 加入者システムや光波ネットワークのキーデバイスとして期待されている。今回, 当プラットフォームの低コスト化に不可欠な光素子の高精度パッシブアライン実装について検討を行ったので報告する。

    Proceedings of the IEICE General Conference 1997年.エレクトロニクス(1), 249, 1997-03-06

  • Self-aligned assembly for laser diode arrays using stripe-type AuSn bumps  [in Japanese]

    SASAKI Jun'ichi , ITOH Masataka , UDA Akihiro , TORIKAI Toshitaka

    光モジュールのパッケージングにおいて、はんだバンプによる光素子のセルフアライメント実装は、光素子とファイバ等との結合の光軸無調整化が可能であることから、モジュールの低価格化に有効な実装方式である。筆者らはストライプ状AuSnバンプを用いたセルフアライメント実装の開発を進めており、今回、本方式を8チャンネルLD(Laser Diode)アレイモジュールに適用し、良好な結合結果を得たので報告する。

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1996年.エレクトロニクス(1), 205, 1996-09-18

  • Alignment-free packaging for optical modules using AuSn solder bump self-aligned assembly  [in Japanese]

    SASAKI Jun'ichi , YONEDA Isao , ITOH Masataka , HONMOU Hiroshi , UDA Akihiro , TORIKAI Toshitaka

    光通信用モジュールの低コスト化にはモジュール価格の大部分を占める実装コストの削減, とりわけ光軸調整の簡易化が必要不可欠となっている. 本報ではパンチング加工AuSnバンプ形成とストライプ状バンプ接合による光素子の高精度セルフアライメント実装技術, 及び本方式によるPD (Photo Diode), LD (Laser Diode) アレイモジュールの無調整実装結果について報告する.

    IEICE technical report. EMD 96(216), 37-42, 1996-08-20

    References (8) Cited by (4)

  • Alignment-free packaging for optical modules using AuSn solder bump self-aligned assembly  [in Japanese]

    SASAKI Jun'ichi , YONEDA Isao , ITOH Masataka , HONMOU Hiroshi , UDA Akihiro , TORIKAI Toshitaka

    光通信用モジュールの低コスト化にはモジュール価格の大部分を占める実装コストの削減, とりわけ光軸調整の簡易化が必要不可欠となっている. 本報ではパンチング加工AuSnバンプ形成とストライプ状バンプ接合による光素子の高精度セルフアライメント実装技術, 及び本方式によるPD (Photo Diode), LD (Laser Diode) アレイモジュールの無調整実装結果について報告する.

    IEICE technical report. Component parts and materials 96(218), 37-42, 1996-08-20

    References (8)

  • 1.1Gbps×6ch Array Optical Tranceiver Module  [in Japanese]

    Miyoshi Kazuyoshi , Hatakeyama Ichiro , Araki Soshiro , Nagahori Tsuyoshi , Yoneda Isao , Kimura Naoki , Fukushima Jun , Higashino Katsughiko , Itoh Masataka

    近年大容量交換機やクロスコネクト装置、超並列計算機等においては、低コストで高実装密度の大容量データ伝送が要求されており、これを実現する方法の一つとしてアレイ光インターコネクション技術が注目されている。低コストな光部品を用いて光インターコネクションを実現するためには、送信側の温度によるパワー変動を6~7dB程度見込む必要があり、これを受信側で許容するためには、ch間クロストークが小さく、かつ広ダイナ …

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年.通信(2), 663, 1996-03-11

  • A Low Crosstalk Array Optical Transmitter and Receiver for Star Topology Optical Access Networks  [in Japanese]

    Hatakeyama Ichiro , Nagahori Takeshi , Yoneda Isao , Kimura K , Miyoshi Kazunori , Higashino Katsuhiko , Yamazaki Shuntaro , Fukushima K , Itoh Masataka

    動画像を含む広帯域ディジタルサービスの需要増加にともない、低コストな広帯域アクセスシステムの構築が望まれている。近年の光ファイバの低コスト化を考慮すると、優れた拡張性と広帯域化を実現する上で、シングルスター型FITL(Fiber In The Loop)システムが有効と考えられる。しかしながら、HDT(Host Digital Terminal)では多数の加入者線の収容が必要となるため、装置サイズ …

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年.通信(2), 629, 1996-03-11

  • A Star Topology Access System Using Array Optical Interfaces  [in Japanese]

    NAGAHORI T. , HATAKEYAMA I. , YAMAZAKI S. , YONEDA I. , KIMURA N. , FUKUSHIMA K. , MIYOSHI K. , HIGASHINO K. , ITOH M.

    双方向動画像サービスに対応した、広帯域で低コスト、かつ拡張性に富むアクセス系の構築か要求されている。シングルスター型システムは、伝送媒体の共有がなく、 しかも低伝送路損失であるため、低速で安価な光インターフェースを用いて広帯域サービスを提供可能な反面、装置サイズか大型化するという問題点を有する。本稿では、スター型システムにおける、アレイ光インターフェースの加入者線端局装置への適用について提案する。 …

    Technical report of IEICE. SSE 95(509), 13-18, 1996-02-15

    References (17)

  • Adjustment-free Laser Diodes for Use in Fiber-Optic Subscriber Network and Its Progress with Full-wafer MOVPE Using Tertiarybutyl Precursors  [in Japanese]

    Torikai T. , Yamada H. , Tajima A. , Terakado T. , Itoh K. , Fukushima K. , Itoh M. , Uji T.

    加入者系光通信では、装置の低消費電力、経済化を実現するために光モジュールに搭載する半導体レーザ(LD)の無調整駆動、高均一特性、無調整実装、高信頼性の実現が課題である。-40〜+85℃の広い温度範囲で閾値と光出力変動を極力小さくすることは、温調を含めた駆動系の簡素化だけでなく、無バイアスAPCフリーによってPDSで高い消光比とAPCに関るプリアンブル削減が可能になる。また、均一特性、無調整実装によ …

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1995年.エレクトロニクス(1), 321-322, 1995-09-05

  • 1 / 2
Page Top