阿部 昇 ABE Noboru

ID:9000004768102

大阪電気通信大学 (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-13 of 13

  • 2-G-2 2種類の優先度を考慮したラベル配置アルゴリズム(離散最適化(3))  [in Japanese]

    ABE Noboru , AMAI Yoshinori , NAKATAKE Toshinori , MASUDA Sumio , YAMAGUCHI Kazuaki

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集 2014, 250-251, 2014-03-06

  • A Labeling Algorithm That Permits Writing Characters from Top to Bottom or in Two Lines  [in Japanese]

    ABE Noboru , KAWABATA Daiki , MASUDA Sumio , YAMAGUCHI Kazuaki

    平面上に与えられた多数の点に名称などを示す文字列(ラベル)を付けるものとする.本研究では,文字列の縦書きと2行への折返しを許すものとして,多くの点にラベルを配置するアルゴリズムを提案する.提案手法は,各点に対しラベル配置位置の候補(ラベル候補)を定め,それらの中から最終的なラベル位置を決定するものであり,各点のラベル候補の個数を少なく抑えるための工夫をしている.

    The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. A 95(11), 790-793, 2012-11-01

    References (12)

  • An Algorithm for Finding a Graph Drawing with All Vertex Labels  [in Japanese]

    ABE Noboru , MASUDA Sumio , YAMAGUCHI Kazuaki

    Gを任意の連結無向グラフとし,その各頂点があらかじめ指定されたサイズのラベルをもつものとする.本論文ではまず,Gのある描画が与えられたときに,その描画中にラベルを配置する新しいアルゴリズムを提案する.この方法は,ラベルが対応する頂点と重なることを許しており,多くのラベルを配置することができる.本論文では次に,グラフGに対して,全頂点のラベルを配置した描画を求めるアルゴリズムを提案する.この方法は, …

    The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. A 95(8), 669-682, 2012-08-01

    References (32) Cited by (1)

  • D-1-8 A Method for Creating Label Candidates to Place Labels of the Points and Chains on a Map  [in Japanese]

    Abe Noboru , Kusaki Masahiko , Masuda Sumio , Yamaguchi Kazuaki

    Proceedings of the IEICE General Conference 2007年_情報・システム(1), 8, 2007-03-07

  • D-1-3 Improvements of an Algorithm for the Map Labeling Problem with Priorities  [in Japanese]

    Abe Noboru , Hattori Shuji , Masuda Sumio , Yamaguchi Kazuaki

    Proceedings of the IEICE General Conference 2006年_情報・システム(1), 3, 2006-03-08

  • Algorithms for the Map Labeling Problem with Priorities  [in Japanese]

    FUNAKAWA Kunio , ABE Noboru , YAMAGUCHI Kazuaki , MASUDA Sumio

    優れた地図ラベル配置アルゴリズムの一つとして, Wagner and Wolffによる方法が知られている.本研究では, この方法を拡張することによって, 地点の消去を許さない場合と許す場合の両方について, 地点の優先度を考慮したラベル配置アルゴリズムを提案し, それらの有用性を計算機実験により示す.

    The IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences (Japanese edition) A 88(5), 677-681, 2005-05-01

    References (7) Cited by (2)

  • Experimental Evaluation of the Algorithms for Placing Labels in a Graph Drawing  [in Japanese]

    ABE Noboru , YAMAGUCHI Kazuaki , MASUDA Sumio

    グラフ描画中に頂点及び辺のラベルを配置する五つのアルゴリズムについて, ラベル配置率及び実行時間に関する比較を行った.計算機実験の結果では, 地図へのラベル配置を目的としたKameda and Imaiの方法に変更を加えたもの, 及び筆者らによる頂点ラベルの配置法と辺ラベルの配置法を組み合わせ, それに改良を加えたものが優れていた.

    The IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences (Japanese edition) A 88(5), 671-676, 2005-05-01

    References (8) Cited by (3)

  • D-1-1 A Method for Creating Label Candidates for the Map Labeling Problem with Priorities  [in Japanese]

    Abe Noboru , Masuda Sumio , Yamaguchi Kazuaki

    Proceedings of the IEICE General Conference 2005年_情報・システム(1), 1, 2005-03-07

  • An Algorithm for Drawing Undirected Graphs with Edge Labels  [in Japanese]

    ABE Noboru , MASUDA Sumio , YAMAGUCHI Kazuaki

    Gを連結な無向グラフとし,その各辺が,あらかじめ決められたサイズのラベルをもつものとする.辺がラベルをもつ無向グラフの描画法としてこれまで主に検討されてきたアプローチは,まずラベルの情報を特に考慮せずにグラフの頂点と辺を描き,次に適切な位置に辺のラベルを配置するというものであった.しかしこのようなアプローチでは,グラフが密である場合やラベルのサイズが大きい場合に,配置できないラベルが多く残ることが …

    The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers A 86(8), 848-859, 2003-08-01

    References (14) Cited by (3)

  • 頂点がラベルをもつグラフの描画アルゴリズム  [in Japanese]

    阿部 昇 , 増田 澄男 , 山口 一章

    第65回全国大会講演論文集 2003(1), 175-176, 2003-03-25

    IPSJ 

  • An Algorithm for Drawing a Graph with Edge Labels  [in Japanese]

    Abe Noboru , Masuda Sumio , Yamaguti Kazuaki

    Proceedings of the IEICE General Conference 2002年_情報・システム(1), 2, 2002-03-07

  • An Algorithm for Placing Edge Labels in a Graph Drawing  [in Japanese]

    ABE Noboru , MASUDA Sumio , YAMAGUCHI Kazuaki

    Gをグラフとし,гをGの平面上への描画とする.Gの各辺に対し,あらかじめラベルのサイズが決められているものとする.このとき,どのラベルも頂点や辺及び他のラベルと重ならないようにして,できるだけ多くの辺のラベルをг中に配置するという問題について考察する.最近,Kakoulis and Tollisは,この問題に対し,まず各辺のラベルを配置する位置の候補を複数個定め,次にそれらの中から最終的なラベル位 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. A 85(3), 306-314, 2002-03-01

    References (11) Cited by (5)

  • An Algorithm for Labeling Edges in a Graph Drawing  [in Japanese]

    ABE Noboru , MASUDA Sumio , YAMAGUCHI Kazuaki

    Let G be a graph and Γ be its drawing on a plane. Each edge in G has a label of specified size. We consider the problem of placing many edge labels in Γ in such a way that no label overlaps vertices, …

    IEICE technical report. Theoretical foundations of Computing 101(5), 9-16, 2001-04-09

    References (11)

Page Top