松本 守生 MATSUMOTO Morio

ID:9000004772384

立命館大学理工学部電気電子工学科 Development of Electrical Engineering, Ritsumeikan University (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-6 of 6

  • A GA scheduling for realtime multi-processor generation  [in Japanese]

    Matsumoto Morio , Ogou Youichi , Nishikado Hideto , Yamauchi Hironori

    Proceedings of the IEICE General Conference 2001年.基礎・境界, 99, 2001-03-07

  • GA and CP Combined Scheduling Method for Large Scale Systems  [in Japanese]

    Nishikado Hideto , Matsumoto Morio , Yamauchi Hironori

    Proceedings of the IEICE General Conference 2001年.基礎・境界, 98, 2001-03-07

  • GA Based Multi-microprocessor Scheduling with communication delay  [in Japanese]

    MATSUMOTO Morio , NISHIKADO Hideto , YMAUCHI Hironori

    高速処理技術としてマルチプロセッサシステムが有望とされているが、このシステムを有効活用するためには効率のよいスケジュール手法が必要となってくる。現在、課題となっているのは通信時間を考慮してより精度の高いスケジューリング準最適解を高速に導き出すことである。従来からヒューリスティック手法により準最適解を求める研究がされているが、特に通信時間を考慮した場合には、精度の高い解を短時間で求めるという点で問題 …

    Technical report of IEICE. ICD 100(386), 51-58, 2000-10-23

    References (10) Cited by (2)

  • GA Based Multi-microprocessor Scheduling with communication delay  [in Japanese]

    MATSUMOTO Morio , NISHIKADO Hideto , YMAUCHI Hironori

    高速処理技術としてマルチプロセッサシステムが有望とされているが、このシステムを有効活用するためには効率のよいスケジューリング手法が必要となってくる。現在、課題となっているのは通信時間を考慮してより精度の高いスケジューリング準最適解を高速に導き出すことである。従来からヒューリスティック手法により準最適解を求める研究がされているが、特に通信時間を考慮した場合には、精度の高い解を短時間で求めるという点で …

    Technical report of IEICE. DSP 100(384), 51-58, 2000-10-23

    References (10) Cited by (3)

  • GA Based Multi-microprocessor Scheduling with communication delay  [in Japanese]

    MATSUMOTO Morio , NISHIKADO Hideto , YMAUCHI Hironori

    高速処理技術としてマルチプロセッサシステムが有望とされているが、このシステムを有効活用するためには効率のよいスケジューリング手法が必要となってくる。現在、課題となっているのは通信時間を考慮してより精度の高いスケジューリング準最適解を高速に導き出すことである。従来からヒューリスティック手法により準最適解を求める研究がされているが、特に通信時間を考慮した場合には、精度の高い解を短時間で求めるという点で …

    IEICE technical report. Image engineering 100(388), 51-58, 2000-10-16

    References (10)

  • GA Based Multi-microprocessor Scheduling with communication delay  [in Japanese]

    Matsumoto Morio , Nishikado Hideto , Yamauchi Hironori

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2000年情報・システムソサイエティ大会講演論文集, 16, 2000-09-07

Page Top