五十嵐 保隆 IGARASHI Yasutaka

ID:9000004775879

埼玉大学工学部情報システム工学科 Department of Information and Computer Sciences, Saitama University (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-3 of 3

  • Ultrashort Light Pulse CDMA with Simultaneous Fiber Dispersion and Dispersion Slope Compensation

    IGARASHI Yasutaka , YASHIMA Hiroyuki

    ファイバ分散補償を用いた超短光パルスCDMA通信システムについて研究し、システムのビット誤り率を解析する。ファイバ通信路において分散、分散スロープを共に補償する。通信路はシングルモードファイバに2種類の分散補償ファイバを接続して構成される。分散補償を用いたシステムの信号伝送距離は分散シフトファイバのみを用いたシステムと比べて数十倍になる。

    IEICE technical report. Communication systems 100(722), 73-80, 2001-03-23

    References (18)

  • Ultrashort Light Pulse CDMA with Simultaneous Fiber Dispersion and Dispersion Slope Compensation

    IGARASHI Yasutaka , YASHIMA Hiroyuki

    ファイバ分散補償を用いた超短光パルスCDMA通信システムについて研究し、システムのビット誤り率を解析する。ファイバ通信路において分散、分散スロープを共に補償する。通信路はシングルモードファイバに2種類の分散補償ファイバを接続して構成される。分散補償を用いたシステムの信号伝送距離は分散シフトファイバのみを用いたシステムと比べて数十倍になる。

    Technical report of IEICE. DSP 100(720), 73-80, 2001-03-23

    References (18)

  • Ultrashort Light Pulse CDMA with Simultaneous Fiber Dispersion and Dispersion Slope Compensation

    IGARASHI Yasutaka , YASHIMA Hiroyuki

    ファイバ分散補償を用いた超短光パルスCDMA通信システムについて研究し、システムのビット誤り率を解析する。ファイバ通信路において分散、分散スロープを共に補償する。通信路はシングルモードファイバに2種類の分散補償ファイバを接続して構成される。分散補償を用いたシステムの信号伝送距離は分散シフトファイバのみを用いたシステムと比べて数十倍になる。

    IEICE technical report. Circuits and systems 100(718), 73-80, 2001-03-23

    References (18)

Page Top