西村 和人 NISHIMURA Kazuto

ID:9000004900687

株式会社富士通研究所 FUJITSU LABORATORIES LTD. (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-17 of 17

  • B-8-66 A Study of Ultra-High Speed Scheduling Architecture by the Coordination of Hardware and Software  [in Japanese]

    KITADA Atsushi , NISHIMURA Kazuto , TOMONAGA Hiroshi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2016年_通信(2), 265, 2016-03-01

  • B-8-51 Evaluation of ultra-configurable packet switch system  [in Japanese]

    HIROTA Masaki , NISHIMURA Kazuto , TOMONAGA Hiroshi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2016年_通信(2), 250, 2016-03-01

  • B-8-50 Proposal for ultra-configurable packet switch system  [in Japanese]

    NISHIMURA Kazuto , HIROTA Masaki , TOMONAGA Hiroshi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2016年_通信(2), 249, 2016-03-01

  • Proposal for ultra-high speed scheduling architecture  [in Japanese]

    NISHIMURA Kazuto , KITADA Atsushi , TOMONAGA Hiroshi , NOGUCHI Tsutomu

    近年の超高速インタフェースを持つパケット装置では、パケット処理に要する時間を確保することが困難であり、十分なQoS機能の実現の妨げになっている。特にスケジューリング部は多くのキューの中からStrict priorityやWFQ等の複雑なロジックに従ってキューを選択しなければならず、高速化が困難なブロックの一つである。このスケジューリング処理負荷を軽減する方法として、パケット単位ではなく一定量のバー …

    IEICE technical report. Communication systems 113(6), 7-12, 2013-04-18

  • B-8-27 Proposal for ultra-high speed scheduling architecture  [in Japanese]

    NISHIMURA Kazuto , KITADA AtUshi , TOMONAGA Hiroshi , NOGUCHI Tsutomu

    Proceedings of the IEICE General Conference 2013年_通信(2), 262, 2013-03-05

  • A Development of Low Latency and Loop-Free Routing : First-Come First-Served Routing  [in Japanese]

    MIYAZAKI Keiji , NISIMURA Kazuto , TANAKA Jun , KOTABE Sigeru

    仮想環境を提供するデータセンターにおいては, CPUやストレージリソースを共用するため大規模化が進んでおり,それに伴いネットワーク規模も拡大してきている.我々は大規模ネットワークにおいてコントロールプレーンを使用せずループフリーで低遅延なルーチングを提供する方式として先着学習方式を開発し,プロトタイプシステムやシミュレーションにより機能検証を行った結果を報告する.

    IEICE technical report. Communication systems 112(118), 45-50, 2012-07-05

    References (16)

  • A Study on First-Come First-Served Routing : Low Latency and Loop-Free Routing  [in Japanese]

    MIYAZAKI Keiji , NISHIMURA Kazuto , TANAKA Jun , KOTABE Shigeru

    仮想環境を提供するデータセンターにおいては,CPUやストレージリソースを共用するため大規模化が進んでおり,それに伴いネットワーク規模も拡大してきている.我々は大規模ネットワークにおいてループフリーで低遅延なルーチングを提供する方式として先着ポート学習方式をIEEE802.1で提案している.本稿では先着ポート学習方式の基本的な動作と、障害時のFDB再構成のためのMACアドレスフラッシュ方式について述 …

    IEICE technical report 111(198), 105-110, 2011-08-25

    References (10)

  • A study on the network architecture of the data center  [in Japanese]

    MIYAZAKI Keiji , MATSUOKA Naoki , NISHIMURA Kazuto , TANAKA Jun , RIKITAKE Nobuhiro

    近年CPUマルチコア化が進んだことよりサーバリソースの有効利用を目的とした仮想計算機の開発や商用化が進められている.企業や大学単体で運用する様な小中規模のデータセンターから,クラウドの商用化に伴い大規模なデータセンターで数十万台のサーバとそれらを接続するネットワークが必要とされてきている.本稿では,大規模データセンター内ネットワークを構築するための方法としてスモールスイッチを使用したFAT TRE …

    IEICE technical report 110(117), 85-90, 2010-07-01

    References (5) Cited by (2)

  • B-8-6 A Proposal of Packet Discarding Scheme Capable of Guaranteed Queuing Delay  [in Japanese]

    KITADA Atsushi , NISHIMURA Kazuto , TOMONAGA Hiroshi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2010年_通信(2), 269, 2010-03-02

  • A Study of Traffic Management Scheme based on Queuing Time  [in Japanese]

    KITADA Atsushi , NISHIMURA Kazuto , TOMONAGA Hiroshi

    近年、ブロードバンドインターネットの普及に伴い、動画配信/共有サービスやオンラインゲームなどのブロードバンドリッチコンテンツが広く一般化しつつある。ユーザは高速なアクセス回線を生かして、これらリアルタイム性の高いコンテンツサービスを享受している。しかし今後のサービス拡大にあたっては、遅延保証や多キュー収容時のバッファスペースの面で現在のトラフィック制御方式には限界があると考える。そこで本稿では、従 …

    IEICE technical report 109(266), 47-52, 2009-10-29

    References (4)

  • Improvement method of fairness for Resilient Packet Ring  [in Japanese]

    SATO Masahiro , NISHIMURA Kazuto , TANAKA Jun

    MAN領域における通信技術としてResilient Packet Ring (RPR)がある.RPRは2重リング型のネットワークでIEEE802.17に定義されている.RPRの特徴の1つに,輻輳が発生した時に各ノード間の利用帯域を公平に分配するFairness機能があるが,このFairnessにはある条件下では帯域を公平に分配できない問題が報告されている.本稿では,拡張制御フレームの導入によりこの …

    IEICE technical report 106(238), 55-60, 2006-09-07

    References (6)

  • Development of Advanced Ethernet Transport System  [in Japanese]

    NISHIMURA Kazuto , TANAKA Jun , SUMINI Satoshi , KAWARAI Kenichi , SHIMADOI Toru

    イーサネットは元々エンタープライズ網やキャンパス網などのLAN領域において普及してきたが、その簡易性、低廉性より、近年、キャリアネットワークにおいても急速に普及しつつある。いわゆる、広域イーサネットサービスである。従来、この様なサービスは低コストを実現するため、品質や機能が犠牲になっていたが、最近は高品質や高機能を特徴としたサービスも多くのキャリアから提供されつつある。そこで、高機能/高品質なイー …

    IEICE technical report. Communication systems 103(175), 19-24, 2003-07-10

    References (7)

  • Dynamic rate control for mobile multimedia communication  [in Japanese]

    Nishimura Kazuto , Tanaka Jun , Ishihara Tomohiro

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1998年.通信(2), 6, 1998-09-07

  • Evaluation of TCP rate control for wireless access networks  [in Japanese]

    NISHIMURA Kazuto , TANAKA Jun , ISHIHARA Tomohiro

    Proceedings of the IEICE General Conference 1998年.通信(2), 214, 1998-03-06

  • ABR/UBR for ATM access networks  [in Japanese]

    OKUDA Masato , NISHIMURA Kazuto , TANAKA Jun , ISHIHARA Tomohiro

    近年, インターネットの急激な普及, また, アプリケーションの高度化に伴うデータ量の増大によって, データトラフィックが爆発的に増加しつつある. このトラフィックの増大に対処するために, 高速かつ広帯域なATM(Asynchronous Transfer Mode)網を用いて, インターネット上のIP (Internet Protocol)トラフィックを効率的に収容する方式の開発が必要である. …

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1997年.通信(2), 537-538, 1997-08-13

  • Evaluation of ABR for ATM access networks  [in Japanese]

    NISHIMURA Kazuto , OKUDA Masato , TANAKA Jun , ISHIHARA Tomohiro

    インターネットなどのバースト性の強いデータ通信サービスを, ATMネットワークに高効率で収容する方法として, UBR(Unspecified Bit Rate)とABR(Available Bit Rate)が検討されている. 今回, 宅内装置であるATMエッジにLANを介して複数の端末が接続されているネットワークモデルにおいて, ABR適用法の検討並びにUBRとABRの性能比較を行ったので報告す …

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1997年.通信(2), 39, 1997-08-13

  • Evaluation of ABR in ATM Access Networks  [in Japanese]

    NISHIMURA Kazuto , OKUDA Masato , TANAKA Jun , ISHIHARA Tomohiro

    インターネットなどにおいて多く見られるようなバースト性の強いデータ通信サービスを, ATMネットワークに高効率で収容する方法として, ATM-Forum等においてUBR(Unspecified Bit Rate)サービスクラスとABR(Available Bit Rate)サービスクラスが検討されている. UBRは, ATMレイヤにおいて特にトラヒック制御は行わず, フロー制御をTCPレイヤに依存 …

    Technical report of IEICE. SSE 97(210), 19-24, 1997-07-25

    References (1)

Page Top