丸谷 宜史 Marutani Takafumi

論文一覧:  30件中 1-20 を表示

  • 1 / 2
  • レスリング映像を用いた多視点映像ストリーミング配信実験

    丸谷 宜史 , 藤井 俊彰 , 間瀬 健二 [他]

    研究会講演予稿 262, 23-28, 2012-09-06

  • レスリング映像を用いた多視点映像ストリーミング配信実験

    丸谷 宜史 , 藤井 俊彰 , 間瀬 健二 [他] , 川本 哲也

    臨場感のある映像表現として立体視映像や多視点映像が注目されており,これらを利用した人物やスポーツシーンを自由な視点から観察できるシステムの開発が行われている.このように,一つの対象を広い視域角の自由な視点から選んで視聴することができるコンテンツは,スポーツ映像などのインタラクティブな映像エンターテインメントなどのほか,職人達の作業工程を撮影し提示することによるものづくり技能伝承の支援など,幅広い活 …

    映像情報メディア学会技術報告 36(35), 23-28, 2012-08-30

    J-STAGE 参考文献15件

  • D-11-29 異機種収容可能なワイヤレス多点動画像撮影システム(D-11.画像工学,一般セッション)

    白石 朝美 , 丸谷 宜史 , 藤井 俊彰 , 間瀬 健二

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 2012年_情報・システム(2), 29, 2012-03-06

  • 階層的マルチビューストリーミングを用いた多視点映像視聴インタフェースの検討

    間瀬 健二 , 藤井 俊彰 , 川本 哲也 [他] , 丸谷 宜史

    多視点の3次元ディスプレイ用映像も含めた自由視点映像のためのマルチビュービデオを効率的に配信・視聴する方式を提案する.多視点映像の個々の映像を多重解像度のストリーミングファイルとしてエンコードし,効率的に配信するMicrosoftのSmooth Streaming技術を活用する.Smooth Streamingにおいて多視点のストリーミングを同期して行いつつ,それぞれのチャネルに割り当てる伝送帯域 …

    電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 111(479), 139-144, 2012-03-05

    参考文献18件

  • 未校正多視点カメラ間の同時観測軌跡を利用した対象追跡手法の検討

    丸谷 宜史 , 間瀬 健二

    多視点映像は映像シーン中の様子を視聴者が自由な視点位置から観賞することが可能である一方,視点位置の急激な変化により視聴者が映像中の注目対象を見失いやすいという問題がある.そこで,注目対象の位置情報を視聴支援用タグとして多視点映像に付加するために,本研究では未校正の多視点映像の各視点における注目対象位置を自動で追跡する手法を検討する.本研究では各カメラから同時に観測できる同一対象の軌跡情報を利用して …

    電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 111(479), 93-97, 2012-03-05

    参考文献8件

  • 階層的マルチビューストリーミングを用いた多視点映像視聴インタフェースの検討

    間瀬 健二 , 藤井 俊彰 , 川本 哲也 [他] , 丸谷 宜史

    多視点の3次元ディスプレイ用映像も含めた自由視点映像のためのマルチビュービデオを効率的に配信・視聴する方式を提案する.多視点映像の個々の映像を多重解像度のストリーミングファイルとしてエンコードし,効率的に配信するMicrosoftのSmooth Streaming技術を活用する.Smooth Streamingにおいて多視点のストリーミングを同期して行いつつ,それぞれのチャネルに割り当てる伝送帯域 …

    電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学 111(478), 139-144, 2012-03-05

    参考文献18件

  • 未校正多視点カメラ間の同時観測軌跡を利用した対象追跡手法の検討

    丸谷 宜史 , 間瀬 健二

    多視点映像は映像シーン中の様子を視聴者が自由な視点位置から観賞することが可能である一方,視点位置の急激な変化により視聴者が映像中の注目対象を見失いやすいという問題がある.そこで,注目対象の位置情報を視聴支援用タグとして多視点映像に付加するために,本研究では未校正の多視点映像の各視点における注目対象位置を自動で追跡する手法を検討する.本研究では各カメラから同時に観測できる同一対象の軌跡情報を利用して …

    電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学 111(478), 93-97, 2012-03-05

    参考文献8件

  • 多視点映像中の同時観測軌跡を用いたカメラ協調に基づく対象追跡手法の検討

    丸谷 宜史 , 間瀬 健二

    多視点映像は映像シーン中の様子を自由な視点から観賞することが可能である一方,視点操作に起因する急激な視点位置変化により人物等の映像中の注目対象を見失いやすい問題がある.そこで本研究では各視点における映像中の注目対象の位置を視聴者に明示することで上記の問題を解決することを目指し,その実現のために多視点映像の各視点における注目対象位置を自動で追跡する手法を検討する.一般に単一視点から得られる映像におけ …

    研究報告グラフィクスとCAD(CG) 2011-CG-145(6), 1-5, 2011-11-10

    情報処理学会

  • 多視点映像中の同時観測軌跡を用いたカメラ協調に基づく対象追跡手法の検討

    丸谷 宜史 , 間瀬 健二

    多視点映像は映像シーン中の様子を自由な視点から観賞することが可能である一方,視点操作に起因する急激な視点位置変化により人物等の映像中の注目対象を見失いやすい問題がある.そこで本研究では各視点における映像中の注目対象の位置を視聴者に明示することで上記の問題を解決することを目指し,その実現のために多視点映像の各視点における注目対象位置を自動で追跡する手法を検討する.一般に単一視点から得られる映像におけ …

    研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM) 2011-CVIM-179(6), 1-5, 2011-11-10

    情報処理学会

  • 多視点スポーツ映像視聴支援に用いるタグ付加のためのレンジスキャンデータ処理手法の検討

    丸谷 宜史 , 間瀬 健二 , 平山 高嗣 [他]

    多視点スポーツ映像はスポーツ映像を自由な視点から見ることを可能にする一方で,視聴者にとっては視点やシーン選択の自由度が増えるため,見たいシーンの選択に負担がかかる.このため,ハイライトシーンを提示することで視聴を支援することは重要である.本研究ではスポーツ映像としてフィギュアスケートを対象とし,選手の演技内容をタグとして付加することでハイライトシーンを提示することを目指す.その実現のため,撮影と同 …

    研究報告 ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) 2011-HCI-143(4), 1-4, 2011-05-20

    情報処理学会

  • 視聴者の興味モデリングを用いた多視点映像視聴インタフェース

    間瀬 健二 , 永井 有希 , 丹羽 宏介 , 藤井 俊彰 , 丸谷 宜史 , 川本 哲也

    多数のカメラで撮影した多視点映像や自由視点映像を,視聴者がそれぞれの興味や目的に基づいてゆったりと映像を鑑賞できるインタフェースを提供するために,対象とするコンテンツの内容と関連づけながら,視聴者の興味をモデリングする.視聴品質 (Quality of View, QoV) 尺度を提案し,その定量的計算方法を提示する.QoV を統合した定義を与え,重回帰モデルを援用して定式化する方法と,視聴履歴を …

    研究報告 ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) 2011-HCI-143(2), 1-8, 2011-05-20

    情報処理学会

  • プレーに着目したスポーツ多視点映像の評価尺度

    永井 有希 , 丸谷 宜史 , 梶田 将司 [他] , 間瀬 健二

    本研究は多視点映像から視聴者の興味に合った映像を自動的に構成することを目指し,Qualitu-of-View(QoV) という概念を用いて映像の評価モデルを提案する.この評価モデルは主観評価により得られた評価値と映像の物理的な観測値を適合させることで定められ,この方法によりさまざまな興味に対応した評価モデルを定めることができる.本稿ではビーチバレーの多視点映像に対し,プレーに着目した場合の評価モデ …

    研究報告 エンタテインメントコンピューティング(EC) 2011-EC-19(21), 1-6, 2011-03-19

    情報処理学会 被引用文献2件

  • 多視点映像視聴支援の為のソーシャルな視聴履歴の利用

    丹羽 宏介 , 東海 彰吾 , 川本 哲也 [他] , 藤井 俊彰 , 丸谷 宜史 , 梶田 将司 , 間瀬 健二

    ものづくり技能の訓練映像やスポーツ映像において,多視点映像技術は有力視されている.しかし,視聴者は自由な視点から興味深い映像を探す事に時間を費やし本来の目的達成を阻害する.本稿では,多視点映像視聴が可能なツール Peg-Scope Viewer 上での利用者の視聴履歴を分析し,時刻と視点ごとの視聴頻度として解釈し互いに共有することによる,多視点映像視聴支援手法を考案した.視聴履歴を収集する際に,視 …

    研究報告 エンタテインメントコンピューティング(EC) 2011-EC-19(1), 1-6, 2011-03-19

    情報処理学会

  • ファッションイメージキーワードに基づいたコーディネートシステムの提案

    神間 唯 , 丸谷 宜史 , 梶田 将司 [他] , 間瀬 健二

    毎日衣服を着ることは必須であるが,ファッションに関して興味がない人やコーディネートに関して悩みのある人がいる.そこで良いコーディネートを推薦することでコーディネートに関する 「気づき」 を促して,悩みを解決し積極性を持たせることが必要だと考えられる.本研究ではファッションにあまり積極的ではない人たちにコーディネートを推薦し,気づきを促すシステムを提案する.コーディネートを決める基準として,ファッシ …

    研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) 2011-HCI-142(26), 1-7, 2011-03-10

    情報処理学会 被引用文献1件

  • 視聴者の関心を考慮した Quality-of-View に基づく多視点画像の評価

    永井 有希 , 丸谷 宜史 , 梶田 将司 [他] , 間瀬 健二

    本研究では視聴者にとっての画像の質を尺度として捉えるQuality-of-View (QoV)という評価尺度を提案する.複数のカメラで撮影され相互に時間同期された多視点映像は視聴者に視聴の自由度を与えるが,それが負担となってしまう場合がある.視聴者は常に被写体を映す視点を選択し続けなければならない.また操作に慣れない視聴者はどのように視聴すれば自分の関心に合う見方ができるか分からないだろう.これら …

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 110(414), 147-152, 2011-02-10

    参考文献9件

  • 映像シーンを用いた授業要約作成システムを活用した大学授業の実践と評価(教育実践研究論文,<特集>学習・教育支援のための技術開発)

    村上 正行 , 丸谷 宜史 , 角所 考 [他] , 東 正造 , 嶌田 聡 , 美濃 導彦

    本稿では,授業映像シーンへのコメントの付与及び授業映像の要約が可能なシステムSceneKnowledgeを開発し,本システム及び授業デザインの有効性を明らかにするために,2年間の授業に対して,質問紙調査を行った.その結果として,(1)授業映像がシーンに分割されていることによって,受講生が授業に関するコメントをを読み書きする際や授業映像の要約を作成する際に有用だった(2)受講生は,コメントを書くこと …

    日本教育工学会論文誌 34(3), 299-307, 2010

    J-STAGE 参考文献17件 被引用文献6件

  • 学習現場におけるアンビエントなコミュニケーション支援のための人物行動観測

    角所 考 , 村上 正行 , 西口 敏司 [他] , 丸谷 宜史 , 中村 和晃 , 美濃 導彦

    ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface 11(4), 249-254, 2009-11-25

    参考文献16件 被引用文献1件

  • 映像シーンを用いた授業要約の作成による教育効果の分析

    村上 正行 , 丸谷 宜史 , 角所 考 [他]

    先進的学習科学と工学研究会 55, 7-12, 2009-03-08

    被引用文献1件

  • D-15-27 講義アーカイブ映像視聴時における視聴者の能動的注目行動の獲得(D-15. 教育工学,一般セッション)

    吉次 孝太 , 森村 吉貴 , 丸谷 宜史 , 角所 考 , 美濃 導彦

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 2009年_情報・システム(1), 205, 2009-03-04

  • 1 / 2
ページトップへ