竹内 善明 TAKEUCHI Yoshiaki

ID:9000004908551

NTT光エレクトロニクス研究所 NTT Opto-electronics Labs. (1998年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-11 of 11

  • Reliability test results of the glass ceramic ferrule-zirconia ferrule connection  [in Japanese]

    Honda Ryuji , Nagase Ryo , Takeuchi Yoshiaki , Sumida Shin

    Proceedings of the IEICE General Conference 1998年.エレクトロニクス(1), 193, 1998-03-06

  • Development of a Ceramic Micro-heater for Optical Fiber Coupler Fabrication  [in Japanese]

    Hirayama Mamoru , Takeuchi Yoshiaki , Mitachi Seiko

    光ファイバカプラ製造における石英ファイバの融着・延伸等に用いる加熱源として、筆者らは発熱体に白金合金を用いたマイクロヒータを開発してきたが、ヒータの長寿命化と短尺化が望まれていた。今回、大気中で表面温度2000℃が得られるランタンクロマイト系セラミック発熱体を用いたマイクロヒータを開発し、光ファイバカプラの作製によりヒータ性能の改善を確認したので報告する。

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1997年.エレクトロニクス(1), 218, 1997-08-13

  • Performance of SC/MU connectors with glass ceramic ferrules  [in Japanese]

    Nagase Ryo , Takeuchi Yoshiaki , Mitachi Seiko

    光加入者システムを普及させるためには、使用する光部品の低コスト化が重要である。光コネクタについても低コスト化に対する強い要望があるものの、システム全体のコストを考えると接続特性の要求値を緩和することはできない。光コネクタを低コスト化するためには、構成部品の中で最も高価なフェルールの改良が有効であると思われるが、これまでジルコニアフェルールと同等の精度および耐磨耗性を実現できる他の方法が無かった。今 …

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1997年.エレクトロニクス(1), 161, 1997-08-13

  • Shape precision and mechanical properties of glass ceramic ferrule  [in Japanese]

    Takeuchi Yoshiaki , Nagase Ryo , Hirayama Mamoru , Mitachi Seiko

    光コネクタのキー部品であるフェルールはコスト的にも大きな比重を占めており、光コネクタの経済化のためにはフェルールの経済化が最重点課題となっている。フェルールにはサブミクロンの加工精度や実使用時の強度、光結合の確保等の厳しい特性が要求されるため、経済的フェルール材料の開発は難しく、従来提案されているのは多成分ガラスフェルールのみであった。今回、線引き加工による結晶化ガラスフェルールを開発しSC形光コ …

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1997年.エレクトロニクス(1), 160, 1997-08-13

  • Durability and Application Area of Glass Ceramic Ferrule  [in Japanese]

    Mitachi Seiko , Nagase Ryo , Takeuchi Yoshiaki , Honda Ryuji

    局内系の光コネクタとして開発されたSC形光コネクタは、Fiber to the Home(FTTH)が本格化するにつれ加入者宅内や屋外等の種々の厳しい環境で使用される可能性が高まっている。一方で, 屋外環境での暴露試験の結果や、85℃/85%の高温高湿下で長期間放置する厳しい加速劣化試験の結果を基に, ジルコニアフェルールの端面形状劣化を問題視する報告が最近なされた。そこで著者らは、FTTH用の光 …

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1997年.エレクトロニクス(1), 159, 1997-08-13

  • 金属ド-プ光ファイバを用いたSC形光固定減衰器 (特集 光コネクタ技術)  [in Japanese]

    竹内 善明 , 長瀬 亮 , 三田地 成幸

    NTT R & D 45(6), 595-600, 1996-06

  • Cladding Mode Reduction of SC-Type Fixed Optical Attenuator  [in Japanese]

    Takeuchi Yoshiaki , Nagase Ryo , Mitachi Seiko

    光固定減衰器は光通信の分野で受光量調節等に広く用いられているが、減衰性光ファイバを用いたタイプは構造が簡素で、高入力に耐える大きな特徴を有する。しかし、高減衰量型の減衰器の場合、入出力のコアの僅かな軸ズレやモードフィールドの相違によりクラッドに漏れてクラッド中を伝搬する光の強度が、コアを伝搬する光信号の強度と比較して無視できない強度となり、これらの光の結合により減衰量波長依存性にビートを生じること …

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年.エレクトロニクス(1), 283, 1996-03-11

  • SC-type fixed optical attenuator using metal doped fiber  [in Japanese]

    NAGASE Ryo , TAKEUCHI Yoshiaki , KANAYAMA Kazunori , MITACHI Seiko , KATO Kuniharu

    We have developed seven types of SC type fixed optical attenuator between 3 to 30dB with a simple structure using Co-doped fiber. We have confirmed that there is little fluctuation in attenuation betw …

    IEICE technical report. EMD 95(3), 19-24, 1995-04-14

    References (5) Cited by (1)

  • SC-type fixed optical attenuator using Co-doped fiber  [in Japanese]

    Nagase Ryo , Takeuchi Yoshiaki , Kanayama Kazunori , Mitachi Seiko , Kato Kuniharu

    光通信回線における受光電力の調整等に用いられる光固定減衰器として、筆者らはコア部分にCoをドープした光ファイバを用いて光固定減衰器を作製し、構造を簡易化できること、および100mWの連続光に耐えることを示した。今回、波長依存性が少ない3dBから30dBまで7種類のSC形光固定減衰器を開発し、評価したので報告する。

    Proceedings of the IEICE General Conference 1995年.エレクトロニクス(1), 237, 1995-03-27

  • WDM Fiber Couplers Fobricated by a Microheater -Analysis of properties and profiles-  [in Japanese]

    Takeuchi Yoshiaki

    Optical properties and taper profiles have been analyzed numerically for WDM fiber couplers fabricated by a microheater. Dependence of the taper profile on the draw length agreed quantitatively with t …

    IEICE technical report. EMD 93(200), 63-68, 1993-08-27

  • 光ファイバ被覆用液晶高分子  [in Japanese]

    首藤 義人 , 竹内 善明 , 山本 二三男

    Electrical Communication Laboratories technical journal 36(9), p1295-1301, 1987-09

Page Top