角 修吉 KAKU S.

ID:9000004908783

大阪工業大学 Osaka Institute of Technology (1997年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-18 of 18

  • The Locomotion of Internal Medical Device  [in Japanese]

    YOSHINAKA Kiyoshi , Hashimoto Shigehiro , KAKU Shukichi , IKEUCHI Ken , TOMITA Naohide

    生体内において、内視鏡やカテーテルなどの医療用デバイスを目的の場所に誘導する事は容易ではない。そこで流体潤滑理論を応用した新しい医療用デバイス移動システムの開発を行った。これは斜め方向に並ぶリブを回転させ、粘液を介することによって生じるせん断力を利用して推進力を得る機構である。粘液により理論上リブと生体組織が直接に接触することはなく、低侵襲な体内推進が可能であると考えられる。

    Proceedings of the IEICE General Conference 1997年.情報システム(1), 153, 1997-03-06

  • Development of repetitively pulsed array Nd : glass slab lasers(1)  [in Japanese]

    KYOTO T. , KAMIYA T. , TAKAHASHI M. , OCHI K. , YOSHIDA K. , KAKU S.

    レーザー学会学術講演会年次大会講演予稿集 = Annual meeting, of the Laser Society of Japan digest of technical papers 17, 45, 1997-01-01

  • Measurement of Subsurface Crack in Artificial Joint by Ultrasound Imaging  [in Japanese]

    Yoshinaka Kiyoshi , Hashimoto Shigehiro , Kaku Shukichi , Tomita Naohide , Motoike Toshio

    人工関節において摺動面の摩耗や剥離は、関節置換手術が確立されて以来の問題である。しかし、従来の計測手法である光学顕微鏡やSEMでは表面上の状態の計測のみにとどまっていた。そこで、今回我々は実際に臨床使用されたのちに取り出された人工関節の、超音波による内部クラック計測を試みた。

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年.情報・システム(1), 131, 1996-03-11

  • Multi-Level PWM Sinusoidal Inverter with Modulation Switching and Carrier Frequency Modulation  [in Japanese]

    MASTUKAWA Kazuya , YOSHIDA Kunio , KAKU Shukichi

    変調切換方式による多レベルPWM正弦波インバータの基本特性を述べる.このPWM法は参照正弦波信号の各頂点ごとに前縁と後縁変調動作を繰り返すもので,キャリヤ角周波数β付近に分布する不要調波が著しく減少する.この結果,ひずみ率0.3%以下のN段PWM正弦波インバータで最高動作角周波数がNβ/6を得た.更に,これにキャリヤ周波数変調を加え2β/π[Hz]で作動する高周波正弦波インバータを開発した.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers B-(0xF9C1) 00078(00011), 628-634, 1995-11-25

    References (14)

  • Ultra-Low Frequency Signal Transfer Circuit Using Delayed PWM  [in Japanese]

    KOBAYASHI Keiji , KAKU Shukichi

    PWM方式電圧制御電流源(PWM-VCCS)は、外乱に強く、電圧-電流間の絶縁性が高く、比較的大きな変換比が得られる。本研究では、このVCCSに遅延機能を付加した遅延PWM-VCCSを用いて構成した超低周波用信号伝送回路について検討し良好な結果を得たので、この原理と伝送特性並びに実験結果を報告する。

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1995年.基礎・境界, 12, 1995-09-05

  • Development of System for Deformation Analysis of Blood Cell Suspended in Shear Flow  [in Japanese]

    AMIMOTO Naoya , HASHIMOTO Shigehiro , YOSHINAKA Kiyoshi , KAKU Shukichi , SOHMA Masaki

    血球の変形・破壊に対するせん断の影響が定量的に解明されれば,人工臓器などの血流路設計に役立つ.しかし,このような目的のデータを得るには,従来の円錐・平板型レオスコープ法では,試験装置の幾何学的精度が不十分な上,変形挙動の定量的解析方法も確立されていない.本研究では,せん断流中に浮遊する血球の変形挙動をin vitroにおいて観察できる装置を開発し,定量評価法を確立することを目的とした.

    Proceedings of the IEICE General Conference 1995年.情報・システム(1), 208, 1995-03-27

  • Development of High Quality Optical Coating  [in Japanese]

    Yoshida K. , Hirao T. , Koizumi Y. , Ochi K. , Kaku S. , Tani F. , Sunagawa M.

    紫外光源は、光メモリ、プリンター、カラーディスプレー、加工、レーザCVD、リソグラフィーなどへの応用において重要となっており、エキシマレーザ、固体レーザからの高調波光、およびエキシマランプが用いられている。これらの紫外光源の中で、半導体レーザ(LD)励起固体レーザを用いた紫外光源の開発は、LDの高出力化、長寿命化に伴って非常に活発になってきた。このLD励起の場合は、高密度励起であるために共振器のレ …

    Proceedings of the IEICE General Conference 1995年.エレクトロニクス(1), 375, 1995-03-27

  • 2-Steps PWM Sinusoidal Inverter with Modulation Switching and Frequency Spectra  [in Japanese]

    ARIMOTO Hideki , UMEDA Hisakazu , YAMAUCHI Yukiji , KAKU Shukichi

    インバータにおけるパルス幅変調(PWM)はパワーエレクトロニクスの中でも非常に重要な技術である.PWM方式インバータで問題になるのが,スイッチングを行うことから生じる特有の不要調波の存在である.本論文では,この不要調波成分を低減させる手段の一つとして,参照正弦波信号の頂点などの位置で,変調方法を切り換える変調切換方式を提案する.このときのPWM波形系列を2重フーリエ級数展開による理論解析,ならびに …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers B-(0xF9C1) 00078(00003), 157-163, 1995-03-25

    References (11) Cited by (1)

  • スパッター法による光学薄膜の開発  [in Japanese]

    平尾 哲治 , 小泉 康浩 , 越智 完好 , 角 修吉 , 吉田 國雄 , 谷 二三夫 , 砂川 道夫 , 吉田 英次 , 藤田 尚徳

    レーザー学会学術講演会年次大会講演予稿集 = Annual meeting, of the Laser Society of Japan digest of technical papers 15, 75, 1995-01-01

  • Reduction of Transmission Idle Time in Multicast ARQ Systems  [in Japanese]

    UMEDA Hisakazu , YAMAUCHI Yukiji , KAKU Shukichi

    1送信局に対し受信局が複数ある同報系において,各リスナの待ち時間を最小限に抑える方策として,フレーム伝送中における不良リスナの切離しを提案し,その切離しの基準に関して検討する.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. B-(0xF9C2) 77(6), 343-345, 1994-06-25

    References (3) Cited by (1)

  • Properties of (CdZn)S Alloy Semiconductor Films Grown by Sputtering  [in Japanese]

    YANO Mitsuaki , GYOHTEN Shigekazu , OCHI Hi-izu , KAKU Shukichi

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. C-(0xF9C2) 75(3), 141-148, 1992-03-25

    References (14)

  • Properties of CdS/CuInSe_2 Heterojunctions Grown by rf Sputtering  [in Japanese]

    YANO Mitsuaki , GYOHTEN Shigekazu , OCHI Hi-izu , KAKU Shukichi

    Shinku 35(3), 238-241, 1992-03-20

    J-STAGE  References (5)

  • PWM増幅器とこの応用  [in Japanese]

    角 修吉 [他]

    中研所報 25(3), p57-68, 1992

  • スイッチモ-ド方式トランスフォ-マ  [in Japanese]

    塚本 一美 , 宮内 正義 , 角 修吉

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers 70(6), p960-962, 1987-06

  • 超低周波用スイッチモ-ド方式全域通過回路(技術談話室)  [in Japanese]

    角 修吉 , 宮内 正義

    The Transactions of the Institute of Electronics and Communication Engineers of Japan 65(1), p64-65, 1982-01

    Cited by (1)

  • スイッチモ-ド方式正弦波移相器(技術談話室)  [in Japanese]

    角 修吉 , 奥村 与志治 , 関口 孜

    The Transactions of the Institute of Electronics and Communication Engineers of Japan 62(9), p638-640, 1979-09

  • スイッチモ-ド方式超低周波用アクティブフィルタ  [in Japanese]

    角 修吉 [他]

    The Transactions of the Institute of Electronics and Communication Engineers of Japan 61(6), p331-338, 1978-06

    Cited by (1)

  • スイッチモ-ド方式インピ-ダンスインバ-タ(技術談話室)  [in Japanese]

    角 修吉 , 藤井 篤

    The Transactions of the Institute of Electronics and Communication Engineers of Japan 60(3), p178-179, 1977-03

Page Top