中野 一彦 NAKANO Kazuhiko

ID:9000004911852

東京電力株式会社 TOKYO ELECTRIC POWER COMPANY., INC. (1996年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-3 of 3

  • Transmission loss change when optical fiber is handled  [in Japanese]

    NISHIZAKI Kouji , NOUCHI Takashi , IIDA Yoshiyuki , KANEMATU Hiroyuki , NAKANO Kazuhiko , KAMATA Yoshiyuki , MATSUZAWA Takashi , WATANABE Kenji , SUZUKI Yasuo , NAKAZATO Hiroaki

    光中継伝送路における支障移転、加入者光伝送路での需要の発生に伴う分岐点の新設など、通信中の光ファイバケーブルに対して工事を行う必要がある。この際、通信中の光ファイバ心線に影響を与えることなく工事を行うことは困難であり、曲げや捻れが加わると伝送損失が瞬間的に変動し、最悪の場合、通信中のシステムの回線品質に影響を与える。このため模擬光ファイバ伝送路にて、極力実態に近いクロージャー接続作業および光配線盤 …

    Technical report of IEICE. OCS 96(367), 35-42, 1996-11-19

    References (2)

  • Transmission loss change when optical fiber is handled  [in Japanese]

    NISHIZAKI Kouji , NOUCHI Takashi , IIDA Yoshiyuki , KANEMATU Hiroyuki , NAKANO Kazuhiko , KAMATA Yoshiyuki , MATSUZAWA Takashi , WATANABE Kenji , SUZUKI Yasuo , NAKAZATO Hiroaki

    電気学会研究会資料. CMN, 通信研究会 1996(76), 35-42, 1996-11-19

    References (2)

  • Development of high impact optical fiber cable  [in Japanese]

    Nakano K. , Simizu k. , Kobayashi T. , Mogi A. , Matsuzawa T. , Koyasu O. , Miyamoto M.

    電気所構内のトラフ(ピット)に光ファイバケーブルを設置する際、蓋等の落下に対しケーブルを保護する観点から保護管(波付き硬質ポリエチレン管)内に布設するが、トラス内のスペースをとり多条布設を考慮すると問題となる。この為、耐衝撃、側圧特性を考慮し外装に緩衝効果を持つケーブル構造について試作評価した。この結果、保護管入りケーブルに比較し細径で衝撃特性が優れている構造が得られた。

    Proceedings of the IEICE General Conference 1995年.通信(2), 458, 1995-03-27

Page Top