内山 理 Uchiyama Osamu

ID:9000004912324

法政大学工学部 College of Engineering, Hosei University (1997年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-3 of 3

  • Analysis of an optical fiber by the full-vector finite-difference beam-propagation method based on the alternating direction implicit method  [in Japanese]

    YAMAUCHI Junji , TAKAHASHI Gen , UCHIYAMA Osamu , NAKANO Hisamatsu

    近年, 偏波の結合を考慮したフルベクトル形ビーム伝搬法(VBPM)について研究が進められてきている。筆者らも, 先に陽解法に基づいた手法について一部報告した。本稿では, 交互方向陰解法を用いたVBPMにより光ファイバを解析する。数値解と厳密解とを比較検討する。

    Proceedings of the IEICE General Conference 1997年.エレクトロニクス(1), 315, 1997-03-06

  • Analysis of bent embedded optical waveguides using the full-vector finite-difference beam-propagation method  [in Japanese]

    Yamauchi Junji , Uchiyama Osamu , Nakano Hisamatsu

    セミベクトル形FD-BPMは偏波の依存性を考慮した解析に用いられ、我々は、埋め込み形光導波路の解析に適用してきた。しかし、この手法は偏波の結合を無視している。本稿では、フルベクトル形FD-BPMにより屈曲した埋め込み形光導波路を解析し、偏波の結合を考慮した界のふるまいを明らかにする。

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年.エレクトロニクス(1), 180, 1996-03-11

  • Analysis of bent rib waveguides by improved finite-difference semi-vector BPM  [in Japanese]

    YAMAUCHI Junhi , UCHIYAMA Osamu , NAKANO Hisamatsu

    交互方向陰的差分法を利用したビーム伝搬法は3次元光導波路の解析に利用されている。筆者らは、さらに、横方向の微分演算にクランク・ニコルソン法に代り、一般化したダグラス法を用いた改良形差分ビーム伝搬法(IFD-BPM)を提案してきた。IFD-BPMは、4次のオーダの微分精度を保ちながら、3項方程式でまとめられているので、計算効率を悪化させることなく、精度を向上できる利点がある。本稿では、IFD-BPM …

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1995年.エレクトロニクス(1), 245, 1995-09-05

Page Top