永瀬 典生 NAGASE Norio

ID:9000004920031

富士通ディジタルテクノロジ株式会社 Fujitsu Digital Technology Limited (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-6 of 6

  • Development of control circuit for 4-ch Tunable Wavelength Optical Transmitter  [in Japanese]

    Nagase N. , Kuwahara H. , Inoue K. , Hayashi A. , Imai K. , Sakamoto H. , Komiyama M.

    Proceedings of the IEICE General Conference 2001年.通信(2), 482, 2001-03-07

  • 622Mb/s Burst-Mode Optical Receiver IC  [in Japanese]

    Ide S , Nobuhara H , Nagase N , Hayakawa H , Rokugawa H , Mori K , Kawai M

    Proceedings of the IEICE General Conference 1998年.通信(2), 643, 1998-03-06

  • Analog frontend IC's for optical tranceiver modules on ATM-PON systems  [in Japanese]

    NOBUHARA Hiroyuki , INOUE Tadao , MORI Kazuyuki , NAGASE Norio , FUNAKI Tetsuji , UENO Norio , KAWAI Masaaki

    ATM-PONシステム用に+3.3V単一電源動作の155.52Mbps光モジュールと光送受信用アナログフロントエンドICを開発した。バースト受信特有の問題であるフォトダイオードの裾引電流に対しては, プリアンプの前段に補正回路を付加することによってバースト間レベル差27.4dBを実現した。今後は, 低コスト光モジュールを量産するために, CMOSプロセスの適用や無調整化回路技術がアナログフロントエ …

    Technical report of IEICE. ICD 97(229), 73-80, 1997-08-21

    References (8)

  • 156Mb/s Burst Mode small Optical Module for Subscriber Line Terminal on ATM-PON Systems  [in Japanese]

    Akimoto Y. , Nagase N. , Saito Y. , Takaoka M. , Inoue K. , Asaba T. , Mori K. , Shimizu K. , Kawai M.

    近年、マルチメディアの通信サービスを提供する為、加入者系光伝送システムの研究開発が盛んに行われている。ATM-PONシステムでは、スターカプラを介して、局と複数加入者を光ファイバで接続し、双方向伝送を行う。今回、ATM-PONシステムヘ適用する+3.3V単一電源動作の、送受一体型156Mb/s局側光モジュールを開発したので報告する。

    Proceedings of the Society Conference of IEICE, 462, 1997

    Cited by (2)

  • A 156Mb/s Optical Module for Subscriber Terminal on ATM-PON Systems  [in Japanese]

    Mori K. , Ikeuchi T. , Nagase N. , Saito Y. , Akimoto Y. , Nobuhara H. , Tanaka K. , Kawai M.

    近年、経済的に光加入者網構築が可能なATM-PONシステムの研完・開発が精力的に行われている。ATM-PONシステムでは、スターカプラを介して、局と複数加入者を光ファイバで接続する双方向伝送を行なう。今回、本システムへの適用を目的とし、低コスト化を目指したWDMカプラ内蔵送受一体型、+3.3V単一電源l56Mb/s ATM-PON用局側光モジュールを試作したので報告する。

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1996年.通信(2), 519, 1996-09-18

  • A Wide Dynamic Range Preamplifier IC  [in Japanese]

    Yamazaki Daisuke , Nagase Norio , Nobuhara Hiroyuki , Funaki Tetsuji , Wakao Kitohide

    マルチメディアの通信サービスを提供するため,加入者系光伝送システムの検討が進められている.加入者系では,局と加入者間の伝送損失が広範囲に分布するため,広ダイナミツクレンジの受信回路が要求される.また,低消費電力化のため電源電圧の低減が必要である.今回,+3.3V電源で動作可能な広ダイナミックレンジプリアンプICを試作し,良好な特性を得たので報告する.

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年.通信(2), 675, 1996-03-11

Page Top