戸田 敬一 TODA Keiichi

ID:9000004953632

オムロン株式会社 電子・機構部品統轄事業部 商品開発センタ 長岡開発室 Nagaoka Laboratory R&D Center Electoronic & Mechanical Components Division H.Q. OMRON Corporation (2002年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-2 of 2

  • Effect of erosion speed by the contact diameter on power relay  [in Japanese]

    TODA Keiichi

    パワーリレーにおいては、一般的に接点径を大きくすれば電気的耐久性を伸ばすことができる。しかし、リレーの小型化やローコスト化の観点から接点径を最適化するために、接点径と電気的寿命の関係を定量化することが望ましい。本研究では、接点消耗により劣化故障に至る負荷条件にて実験を行った。消耗速度は接点径を大きくすると低下し、その割合は一定ではなく接点径の大小による変化が見られた。その原因として、開離時アークに …

    IEICE technical report. Reliability 101(641), 25-30, 2002-02-08

    References (2)

  • Effect of erosion speed by the contact diameter on power relay  [in Japanese]

    TODA Keiichi

    パワーリレーにおいては、一般的に接点径を大きくすれば電気的耐久性を伸ばすことができる。しかし、リレーの小型化やローコスト化の観点から接点径を最適化するために、接点径と電気的寿命の関係を定量化することが望ましい。本研究では、接点消耗により劣化故障に至る負荷条件にて実験を行った。消耗速度は接点径を大きくすると低下し、その割合は一定ではなく接点径の大小による変化が見られた。その原因として、開離時アークに …

    IEICE technical report. EMD 101(642), 25-30, 2002-02-08

    References (2)

Page Top