宮崎 康信 MIYAZAKI /Yasunobu

ID:9000005058885

新日鐵住金(株)鉄鋼研究所 接合研究部 (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 123

  • Spot Welding Technology of High-Strength Steel Sheet for Auto Body:―Improvement Technique of Peeling Strength for Spot Weld Joint through Post-Heating―  [in Japanese]

    MIYAZAKI Yasunobu

    Journal of the Japan Society for Technology of Plasticity 58(673), 135-139, 2017

    J-STAGE 

  • Phenomenon of spatter occurrence observed from keyhole side  [in Japanese]

    TOKUNAGA Masatoshi , TAMEZANE Takumi , MIYAZAKI Yasunobu

    円形集光と矩形集光を用いたレーザ溶接現象をキーホール側面から観察し、スパッタ発生現象の差を調査した。その結果、円形集光では低速条件でキーホール底部から発生したが、高速条件では溶融池表面付近の溶融池が吹き飛ばされて発生した。一方、矩形集光ではキーホール形状が安定しており、スパッタの発生はほとんど見られなかった。

    Preprints of the National Meeting of JWS 2016f(0), 54-55, 2016

    J-STAGE 

  • Improvement in fillet lap joints of high strength thin plates by using high strength welding wire  [in Japanese]

    Kodama Shinji , Matsuda Kazuki , Ishida Yoshinari , Miyazaki Yasunobu

    薄板ハイテン重ね隅肉継手の疲労強度向上を目的に、高強度ワイヤの効果を検討した。重ね隅肉継手の曲げ疲労試験では、溶接止端部近傍の溶接金属からき裂が発生しやすいため、高強度ワイヤの適用で溶接金属の強度を高め、溶接金属のき裂を防ぐことが、継手の疲労強度向上に有効であると考えられた。

    Preprints of the National Meeting of JWS 2016f(0), 378-379, 2016

    J-STAGE 

  • Evaluation of Fatigue Crack Propagation Properties of Thin Steel Plate welds  [in Japanese]

    Matsuda Kazuki , Ishida Yoshinari , Kodama Shinji , Miyazaki Yasunobu

    440,780MPa級薄鋼板のビードオン溶接試験片を用いてS-N線図を比較した結果,780材の方が440材よりも時間強度,疲労限ともに優位であった.ビーチマーク計測により亀裂進展履歴を比較した結果,鋼種間,及び溶接部と母材の亀裂伝播速度の差は小さく,780材優位の原因は亀裂の発生部付近にあると考えられた.

    Preprints of the National Meeting of JWS 2016f(0), 368-369, 2016

    J-STAGE 

  • The effect of the tensile test method on cross tension strength of spot weld of high tensile strength steel sheet  [in Japanese]

    Wakabayashi Chisato , Miyazaki Yasunobu , Yasuyama Masanori , Watanabe Fuminori

    スポット溶接の継手強度評価として、剥離モードの継手強度として十字引張強さが広く知られている。この評価方法によって継手強度が影響を受ける場合がある。それについて報告を行う。

    Preprints of the National Meeting of JWS 2016f(0), 26-27, 2016

    J-STAGE 

  • Effect of Gap between Steel Sheets on Nugget Formation  [in Japanese]

    Matsui Sho , Furusako Seiji , Miyazaki Yasunobu

    590MPa級冷延鋼板を用い、鋼板間の隙間を0,1,2mmとして抵抗スポット溶接し、溶接部形成への影響を評価した。その結果、電流値が小さい場合、隙間の増加に伴い、ナゲット径が小さくなったが、電流値が大きい場合、隙間はナゲット径に影響しなかった。また、いずれの電流値においても板隙の増加に伴い、ナゲットの厚さは減少した。

    Preprints of the National Meeting of JWS 2016f(0), 28-29, 2016

    J-STAGE 

  • Development of solid projection welding technology for thin steel sheets (Report 1)  [in Japanese]

    Furusako Seiji , Yasuyama Masanori , Miyazaki Yasunobu

    590MPa級鋼および四角型の溶接ナットを用い、様々な溶接条件においてプロジェクション溶接を実施した。継手に押し込み試験を実施した結果、その強度に溶接時の加圧力、電流および通電時間が影響することが判った。また継手強度は酸化物の少ない、健全な接合部の面積と相関があることも明らかにした。

    Preprints of the National Meeting of JWS 2016f(0), 24-25, 2016

    J-STAGE 

  • Characteristic of Spot Weld of high tensile strength steel sheet, 3rd Report  [in Japanese]

    Wakabayashi Chisato , Furusako Seiji , Miyazaki Yasunobu , Yasuyama Masanori , Matsui Shoh

    高強度鋼板のスポット溶接継手強度向上技術として、偏析緩和のための後通電、およびHAZ部のオートテンパーを促進する後通電について報告を行ってきた。これらの後通電によって、主にナゲット内の組織の変化について詳細観察をし、考察を行った。

    Preprints of the National Meeting of JWS 2016s(0), 148-149, 2016

    J-STAGE 

  • Influence of additive elements on tensile strength of spot welded L-shape joints using thin steel sheet  [in Japanese]

    Furusako Seiji , Watanabe Fuminori , Wakabayashi Chisato , Miyazaki Yasunobu

    薄鋼板スポット溶接L字継手の引張強度に及ぼす鋼板成分の影響を検討した.継手強度はC量やP量の増加により低下すること,溶接金属内で破壊する場合,き裂はPの凝固偏析部に概ね沿うことが分かった。また後通電によって継手強度はP無添加鋼の強度まで改善した。

    Preprints of the National Meeting of JWS 2015s(0), 36-37, 2015

    J-STAGE 

  • Effects of connection forms on fatigue strength of arc-welded sheet steel  [in Japanese]

    Tsuchiya Shoko , Kodama Shinji , Miyazaki Yasunobu

    自動車足回り部材では溶接部の疲労強度が問題となる。重ね隅肉の両振り疲労試験では止端部破断であり、鋼板・溶接材料の高強度化が疲労強度改善に有効であった。軸力疲労試験の場合はルート部破断となり、鋼板・溶接材料を高強度化しても疲労強度には大差なかった。

    Preprints of the National Meeting of JWS 2015s(0), 108-109, 2015

    J-STAGE 

  • Consideration of decision guidelines for welding condition by analytic solution of heat conduction equation  [in Japanese]

    FURUSAKO Seiji , MIYAZAKI Yasunobu , HAMATANI Hideki , AKINIWA Yoshiaki

    Application of advanced high strength steel sheet (AHSS) to car bodies is expanding to achieve lighter and stronger bodies. However, it sometimes becomes a problem that spot welded joints of AHSS exh …

    QUARTERLY JOURNAL OF THE JAPAN WELDING SOCIETY 33(2), 160-170, 2015

    J-STAGE 

  • Dependence of strength and fracture behavior on chemical compositions in spot-welded L-type joints  [in Japanese]

    FURUSAKO Seiji , MIYAZAKI Yasunobu , HAMATANI Hideki , AKINIWA Yoshiaki

    In order to achieve lighter and stronger car bodies by applying high strength steel sheets, one of key technologies is enhancement of joints strength. In this study, we investigated dependence of str …

    QUARTERLY JOURNAL OF THE JAPAN WELDING SOCIETY 33(2), 133-143, 2015

    J-STAGE 

  • 抵抗溶接の進化 : 超高強度鋼板への適用 (特集 抵抗溶接のさらなる可能性)  [in Japanese]

    宮崎 康信

    溶接技術 : 社団法人日本溶接協会誌 62(3), 40-44, 2014-03

  • Statistically study on cross tension strength of spot weld, 3rd Report  [in Japanese]

    Wakabayashi Chisato , Furusako Seiji , Miyazaki Yasunobu

    スポット溶接継手の十字引張強さはばらつきが大きいことが知られている。そのため、統計的な解釈をする必要がある。本報では、後通電によるばらつきが低減されることと、その原因についての考察を行う。

    Preprints of the National Meeting of JWS 2014f(0), 338-339, 2014

    J-STAGE 

  • Effect of post-heating on the fracture behavior of joints:Study of dominant factors for spot welded joints strength in high-strength steel sheet (Report 2)  [in Japanese]

    Watanabe Fuminori , Furusako Seiji , Miyazaki Yasunobu

    後通電による溶接金属改質効果が破壊挙動に及ぼす影響を高強度鋼板のスポット溶接継手の十字引張試験において観察した。その結果、き裂進展開始荷重・安定き裂成長領域の破面形態に差異のあることが確認された。

    Preprints of the National Meeting of JWS 2014f(0), 336-337, 2014

    J-STAGE 

  • Consideration of decision guidelines for welding condition by analytic solution of heat conduction equation:Study of dominant factors for spot welded joints strength in high-strength steel sheet (Report 1)  [in Japanese]

    Furusako Seiji , Watanabe Fuminori , Wakabayashi Chisato , Miyazaki Yasunobu

    高強度鋼板スポット溶接継手の静的強度は、適正な条件の後通電を施すことで向上可能である。今回、一次元熱伝導解析解を利用し、後通電における溶接部の温度推定と現象解析を試みた。結果、適正な後通電条件指針の提案に至り、この指針近傍の条件は実験の適正条件範囲と概ね一致した

    Preprints of the National Meeting of JWS 2014f(0), 334-335, 2014

    J-STAGE 

  • Study on Solidification Cracking in Laser Welds of Thin Steel Plate (Report 5):- Development of solidification cracking prevention technology -  [in Japanese]

    TOKUNAGA Masatoshi , FUJIMOTO Hiroki , UCHIHARA Masato , YASUYAMA Masanori , MIYAZAKI Yasunobu

    自動車用鋼板の鋼板端部をレーザ溶接したときの凝固割れ感受性はおおむねC量で整理されるが、SiとTiを複合添加することで凝固感受性がC量で予測されるよりも抑制可能であることを見出した。

    Preprints of the National Meeting of JWS 2014f(0), 144-145, 2014

    J-STAGE 

  • Effect of indentation on joint strength of spot weld  [in Japanese]

    Okada Tohru , Zeniya Tasuku , Yasuyama Masanori , Miyazaki Yasunobu

    車体組立の主要接合技術であるスポット溶接では,チリが発生すると継手強度のばらつきが大きくなる.その原因として,ナゲット径の変動や,インデンテーションの増大が指摘されているが,継手強度に及ぼすインデンテーションの影響は必ずしも明確にはなっていない.そこで,スポット溶接継手強度に及ぼすインデンテーションの影響を調査した.

    Preprints of the National Meeting of JWS 2014f(0), 106-107, 2014

    J-STAGE 

  • Statistically study on cross tension strength of spot weld, 2nd Report  [in Japanese]

    Wakabayashi Chisato , Furusako Seiji , Watanabe Fuminori , Miyazaki Yasunobu , Nose Tetsuroh

    スポット溶接継手の十字引張強さはばらつきが大きいことが知られている。そのため、統計的な解釈をする必要がある。前報にて、CTSのばらつきの確率的表現の検討を行ったが、本報では鋼種による差異等について検討する。

    Preprints of the National Meeting of JWS 2014s(0), 30-31, 2014

    J-STAGE 

  • Study on Solidification Cracking in Laser Welds of Thin Steel Plate:- Effect of Chemical Component on Solidification Cracking Susceptibility -  [in Japanese]

    TOKUNAGA Masatoshi , FUJIMOTO Hiroki , UCHIHARA Masato , NAITOU Yasuaki , YASUYAMA Masanori , MIYAZAKI Yasunobu

    薄板炭素鋼の鋼板端部近傍をレーザ溶接したときに発生する凝固割れの感受性に及ぼす化学成分の影響を調査した結果を報告する

    Preprints of the National Meeting of JWS 2014s(0), 172-173, 2014

    J-STAGE 

Page Top