岡田 知之 okada tomoyuki

ID:9000005091560

高の原中央病院放射線科 (1992年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-5 of 5

  • 17. 注腸検査時の腹部単純像の検討(造影, 近畿部会)  [in Japanese]

    島田 育廣 , 薄木 裕之 , 上田 義信 , 藤本 一郎 , 岡田 知之 , 中村 裕二

    Japanese Journal of Radiological Technology 48(7), 1053, 1992

    J-STAGE

  • 172. the evaluation of simple abdominal graph at the Ba-enema (2nd)  [in Japanese]

    島田 育廣 , 薄木 裕之 , 上田 義信 , 藤本 一郎 , 岡田 知之 , 中村 裕二

    Japanese Journal of Radiological Technology 48(3), 510, 1992

    J-STAGE

  • 171. the evaluation of simple abdominal graph at the Ba-enema (1st)  [in Japanese]

    島田 育廣 , 薄木 裕之 , 上田 義信 , 藤本 一郎 , 岡田 知之 , 中村 裕二

    Japanese Journal of Radiological Technology 48(3), 510, 1992

    J-STAGE

  • 172. the evaluation of plain abdominal graph at the Ba-enema, the 2nd  [in Japanese]

    shimada yasuhiro , usuki hiroyuki , ueda yoshinobu , fujimoto ichirou , okada tomoyuki , nakamura yuuji

    以上の結果次のことが言える。1、A領域ではガス像とBa付着に弱い相関がある。(r=0.370, rs=0.332)2、B領域では両者に相関が認められない。(r=0.116, rs=0.094)3、C領域は両者に強い相関を認めた。(r=0.725, rs=0.715)注腸検査において最もBa付着が不良になり易い深部結腸における相関の強さは今後の注腸検査の画質向上に大きく寄与できるものと考える。

    Japanese Journal of Radiological Technology 48(8), 1256, 1992

    J-STAGE Ichushi Web

  • 171. the evaluation of plain abdominal graph at the Ba-enema, the 1st  [in Japanese]

    shimada yasuhiro , usuki hiroyuki , ueda yoshinobu , fujimoto ichirou , okada tomoyuki , nakamura yuuji

    以上の結果、次のことがいえる。1、分類したガス像とBa付着程度には比較的、相関が認められた。(相関係数r=0.551、順位相関係数rs=0.702)2、O型とI型はガス像の形態、分布においては明らかに区別出来るものの、Ba付着に関しては有意差は無く両者ともに良好なBa付着が得られている。(平均では僅かにI型が良好)3、II型は平均的にBa付着は不良気味である。4、III型はBa付着が不良であった。

    Japanese Journal of Radiological Technology 48(8), 1255, 1992

    J-STAGE Ichushi Web

Page Top