小山 敦 KOYAMA Atsushi

ID:9000005107120

筑波大学大学院システム情報工学研究科 Graduate School of Systems and Information Engineering, University of Tsukuba (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-9 of 9

  • Parallelization of Tree-Puzzle Program for Phylogenetic Analysis in Molecular Evolution by Hadoop using JNI  [in Japanese]

    KOYAMA Tsutomu , SATO Mitsuhisa

    広域分散環境における大容量データ処理を効果的に行うためのプログラミングモデルを開発するためにMapReduceに着目し,進化系統樹解析用ソフトウェアTree-Puzzleの並列化を行った.従来のTree-Puzzleではユーザ指定系統樹についての解析については並列化は考慮されていない.本稿ではMapReduceの実装であるHadoopをJNIを用いてプログラミングコストを少なくする実装方法を提案し …

    IEICE technical report. Computer systems 111(255), 49-54, 2011-10-14

    References (6)

  • A study on framework for integrated monitoring and diagnostication system in multi-grid environment  [in Japanese]

    長坂 康史 , 小山 敦

    Bulletin of Hiroshima Institute of Technology Research volume 44, 235-239, 2010-02

  • A Study on Efficient Monitoring System in Multi-Grid Environment  [in Japanese]

    KOYAMA Tsutomu , NAGASAKA Yasushi , WATASE Yoshiyuki , SASAKI Takashi , IWAI Go , SATO Mitsuhisa , TATEBE Osamu

    現在のグリッドシステムでは膨大な計算資源を扱う.これら計算資源は広域に分散しており,全ての把握が困難である場合が多い.グリッドシステムの拡充に伴い,これらをより安全に運用し,システムの可用性を高めることが重要であるが,ミドルウェアやアプリケーションの改善といったユーザサイドからの努力には限界がある.計算機環境全体を監視する独立したシステムを用いて保守を行うことでロバストで可用性の高いグリッド環境の …

    情報処理学会研究報告. ハイパフォーマンスコンピューティング 122, H1-H6, 2009-10-09

    References (6)

  • B-6-7 A Study on Framework of Integrated System for Monitoring and Diagnostication in Multi-Grid Environment  [in Japanese]

    KOYAMA Tsutomu , NAGASAKA Yasushi , WATASE Yoshiyuki , SASAKI Takashi , IWAI Go

    Proceedings of the IEICE General Conference 2009年_通信(2), 7, 2009-03-04

  • L-013 Improvement of Computational Resource Allocation based on RTT in Grid System  [in Japanese]

    Koyama Tsutomu , Nagasaka Yasushi

    情報科学技術フォーラム講演論文集 7(4), 119-120, 2008-08-20

    IPSJ 

  • Finding Periodic Oscillations Using Complex Time Homotopy  [in Japanese]

    HISAKADO Takashi , KOYAMA Atsushi

    非線形回路における周期振動の探索をパラメータ空間において大域的に系統的に探索する方法として,電圧や電流などの回路における状態変数を複素化し,ホモトピー曲線に単調性をもたせる方法が提案されている.しかし,状態変数の複素化により,ホモトピー曲線が不連続になることがあることが問題となっていた.本稿では,時間についても複素化することにより,ホモトピー曲線の不連続点が複素時間平面上での分岐点に相当することを …

    IEICE technical report 108(174), 47-52, 2008-07-24

    References (9)

  • L-004 Verification about the effectiveness of introduction of RTT resource allocation method in a grid system  [in Japanese]

    Koyama Tsutomu , Nagasaka Yasushi

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集 6(4), 7-8, 2007-08-22

    IPSJ 

  • Linear Time-invariant Analysis of CMOS Output Buffer with LECCS Model Using Time-variant Resistors  [in Japanese]

    KOYAMA Atsushi , HISAKADO Takashi , WADA Osami

    本稿では,CMOS出力バッファの電源系ノイズの高速な時間領域シミュレーションのための新しい手法について提案した.まず,MOSトランジスタスイッチを線形時変抵抗であるとみなすことにより,CMOS出力バッファの線形時変モデルを導いた.次に,回路の遷移が速いという条件の下で,遷移行列を用いることにより線形時変モデルを線形時不変シミュレーションのみで解析できることを示した.したがって,時変シミュレーション …

    IEICE technical report 107(25), 43-48, 2007-04-20

    References (5) Cited by (2)

  • Analysis of Discontinuity on Complex Homotopy Path with Complex Time Variable  [in Japanese]

    KOYAMA Atsushi , HISAKADO Takashi

    非線形交流回路の周期振動を求める際, ホモトピー法が応用できる.ホモトピー法において状態変数を複素数とすると, ホモトピーパラメータがホモトピー曲線の弧長パラメータに対して単調となり, この単調性を利用すれば効率の良い周期振動探索が可能である.ところが, 複素ホモトピー曲線の追跡において, 不連続点が存在することが確認されており, これは周期振動探索の弊害となる.本報告では, 複素時間変数を導入す …

    IEICE technical report 105(483), 33-38, 2005-12-09

    References (6) Cited by (1)

Page Top