太田 道人 OHTA MICHIHITO

Articles:  1-20 of 95

  • 1 / 5
  • Research report of nature in mountain region in Toyama City (2018)  [in Japanese]

    藤田 将人 , 増渕 佳子 , 岩田 朋文 , 太田 道人

    富山県,岐阜県,長野県の新穂高〜水晶岳の高山帯・亜高山帯において,(1)地質・地形,(2)動物,(3)植物の調査を行った.(1)地質・地形では,板状節理が発達する安山岩溶岩をワリモ岳及び水晶岳で確認し,水晶岳のカールで水晶と灰鉄ざくろ石を採取した.(2)動物では,9種の無脊椎動物(昆虫及びナメクジ),弓折岳付近でライチョウを,黒部源流域の標高2,400 m付近でタゴガエルを確認した.タゴガエルは国 …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (43), 53-58, 2019-07-01

    IR 

  • The characteristics of the distribution of Aquifoliaceae species in Toyama Prefecture  [in Japanese]

    佐藤 卓 , 太田 道人

    富山県に自然に分布するモチノキ科植物10分類群の分布環境を,富山市科学博物館所蔵の標本情報とメッシュ平年値2010を用いて多変量解析を行った.その結果,モチノキ,ソヨゴグループ,ヒメモチグループ,ツルツゲの4つのグループに分けられた.モチノキ単独グループは年平均気温が最も高く夏の降水量が冬より少ない地域に,ソヨゴグループは年平均気温がモチノキよりも低く夏の降水量が冬より少ない地域に,ヒメモチグルー …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (43), 15-21, 2019-07-01

    IR 

  • Research report of nature in mountain region in Toyama City (2017)  [in Japanese]

    藤田 将人 , 吉岡 翼 , 岩田 朋文 , 太田 道人

    富山市の太郎兵衛平〜雲ノ平の高山・亜高山帯において,(1)地質・地形,(2)動物,(3)植物の調査を行った.(1)地質・地形では,板状節理が発達する安山岩や溶岩台地などの火山地形を雲ノ平で確認した.また,氷河地形として,薬師岳の南東に伸びる稜線の西斜面に発達するカールを確認した.(2)動物では,約30種の昆虫を観察した.このうちベニヒカゲ,オオルリボシヤンマ,ミヤマハンミョウ,カオジロトンボは高標 …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (42), 61-64, 2018-07-01

    IR 

  • The characteristics of the distribution of Gymnosperms in Toyama Prefecture  [in Japanese]

    佐藤 卓 , 太田 道人

    富山県産裸子植物24分類群について,メッシュ気候値から得た87環境因子の平均値を用いたクラスター分析(ユークリッド距離,Ward法)を行った結果,(1)ハイマツグループ(トウヒ,オオシラビソ,コメツガ,ウラジロモミ,カラマツ,ハイマツなど),(2)クロベグループ(キャラボク,ゴヨウマツ,アシュウスギ,ヒノキなど),(3)モミグループ(クロマツ,アカマツ,モミなど)の3つのグループに分けることができ …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (42), 25-34, 2018-07-01

    IR 

  • Regarding the planning of revegetation in alpine region from the case of Tateyama Route  [in Japanese]

    Ohmiya Tohru , Ohta Michihito , Yamashita Toshiyuki , Matsuhisa Taku , Shiro Katsuki , Kobayashi Hiroyuki

    <p> 富山県の主要観光地である立山は古くから山岳信仰の対象として多くの人を招き入れ、その景観は神聖なイメージに重ね合わせて尊重されてきた。しかし20世紀に入ってから山麓への鉄道等のインフラが整備され、さらに戦後には山岳道路とそれに付随する施設の建設が進むに至って本来の景観は危機にさらされた。これに対し関係諸機関は1967年、立山ルート緑化研究委員会を発足し、植生復元を中心にこの課題に …

    The Japanese Forest Society Congress 129(0), 867, 2018

    J-STAGE 

  • A new record of Pyrola minor L. (Pyroleae, Ericaceae) from Mt. Tateyama, Hokuriku District, Japan  [in Japanese]

    首藤 光太郎 , 太田 道人 , 田向 一也 , 黒沢 高秀

    分類 : 日本植物分類学会誌 17(1), 63-66, 2017-07

  • Research report of nature in mountain region in Toyama City (2016)  [in Japanese]

    藤田 将人 , 吉岡 翼 , 太田 道人

    2016年8月30日から9月2日にかけて,黒部川源流域の富山市山岳域の地質,地形,動物相,植物相の調査を行った.新穂高から入山し,双六小屋,鷲羽岳,水晶岳,野口五郎岳,烏帽子岳を経由して高瀬ダムまでの尾根沿いを調査した.火山地形として,鷲羽池の火山湖,雲ノ平の溶岩台地,ワリモ岳の安山岩の板状節理を確認した.氷河地形として,水晶岳東斜面のカール,野口五郎岳のカールの馬蹄形モレーンなどを確認した.周氷 …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (41), 59-63, 2017-06-20

    IR 

  • 富山市の身近な自然調査の結果概要-植物、昆虫、両生爬虫類、鳥、ほ乳類、酸性雨、土の色-  [in Japanese]

    太田 道人 , 根来 尚 , 南部 久男 , 朴木 英治 , 増渕 佳子 , 吉岡 翼 , 坂井 奈緒子 , 市川 真史

    とやまと自然 40(1), 1-8, 2017-03-04

    IR 

  • Vegetation restoration along the Tateyama route, achievement of half a century and future tasks  [in Japanese]

    Ohmiya Tohru , Ohta Michihito , Yamashita Toshiyuki , Matsuhisa Taku , Shiro Katsuki

    <p>1971年に全線開通した立山黒部アルペンルートは、3,000m級の山岳を貫く観光ルートである。計画当初から、国立公園である立山の自然景観保全を求める声も強く、国による工事認可にも緑化は現地産植物で行うことが明記された。これを受けて1966年、立山ルート緑化研究委員会が発足し、沿線の植生復元について研究と現地指導を行うこととなった。緑化には成長の早い外来種を併用することが常識であっ …

    The Japanese Forest Society Congress 128(0), 202, 2017

    J-STAGE 

  • 立山でエゾイチヤクソウを確認  [in Japanese]

    首藤 光太郎 , 太田 道人 , 田向 一也 , 黒沢 高秀

    BUNRUI 17(1), 63-66, 2017

    J-STAGE 

  • Geological and geomorphological characteristics and vegetation of the alpine and subalpine zone in Toyama City - II  [in Japanese]

    藤田 将人 , 増渕 佳子 , 太田 道人

    常願寺川源流域及び黒部川源流域の特徴的な地形や地質,生物分布等に関する知見を得ることを目的とし,黒部川上流域(太郎山~北ノ俣岳~黒部五郎岳~三俣蓮華岳〜新穂高)までの登山道周辺)の予察調査を行った.調査地の地質は,主にジュラ紀の花崗岩類,後期ジュラ紀~前期白亜紀の堆積岩類(手取層群),前期白亜紀の閃緑岩からなる.調査地域内の氷河地形として,黒部五郎カールとそのカール内の羊背岩を確認した.調査地の植 …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (39), 87-90, 2015-06-20

    IR 

  • ヤッホー 3,000m の世界へ ~立山の自然を楽しもう~  [in Japanese]

    増渕 佳子 , 坂井 奈緒子 , 太田 道人 , 根来 尚 , 南部 久男

    とやまと自然 38(1), 1-8, 2015-03-01

    IR 

  • Geological and geomorphological characteristics and vegetation of the alpine and subalpine zone in Toyama City - I  [in Japanese]

    太田 道人 , 藤田 将人 , 増渕 佳子

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (38), 121-126, 2014-06-20

    IR 

  • 富山のいきものたちの今  [in Japanese]

    太田 道人 , 根来 尚 , 南部 久男

    とやまと自然 35(4), 1-8, 2013-01-05

    IR 

  • 世界の湿地を守るラムサール条約に登録された 立山弥陀ヶ原・大日平湿原  [in Japanese]

    太田 道人 , 佐藤 武彦

    とやまと自然 35(3), 2-5, 2012-10-01

    IR 

  • The characteristics of the range of several Japan Sea elements and their relatives in Toyama Prefecture (4): especially pteridophytes  [in Japanese]

    佐藤 卓 , 太田 道人

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (35), 15-28, 2012-03-10

    IR 

  • The characteristics of the range of several Japan Sea elements in Toyama Prefecture (3): Especially southern elements  [in Japanese]

    佐藤 卓 , 太田 道人

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (34), 11-22, 2011-03-15

    IR 

  • The characteristics of the range of several Japan Sea Elements and their relative in Toyama Prefecture (2): Especially boreal elements  [in Japanese]

    佐藤 卓 , 太田 道人

    富山県内に産する日本海要素と呼ばれる植物の分布がどのような環境因子と関連があるのかを、蓄積された分布情報とメッシュ気候値を使って考察した。今回は、北方系の日本海要素の植物19種を取り上げた。結果・北方系日本海要素の分布に影響をおよぼしている環境因子は標高と年降水量、最深積雪、CIの4因子であると考えられた。・ヤナギランは北方系日本海要素とされるが、日本海指数が小さい地域で年平均降水量も少ない内陸的 …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (33), 15-26, 2010-03-15

    IR 

  • 北の大地をおおう樹林  [in Japanese]

    太田 道人

    とやまと自然 32(2), 6-8, 2009-07-01

    IR 

  • 北海道の自然のあらまし  [in Japanese]

    坂井 奈緒子 , 太田 道人 , 南部 久男

    とやまと自然 32(2), 2-3, 2009-07-01

    IR 

  • 1 / 5
Page Top