古林 与志安 KOBAYASHI Yoshiyasu

Articles:  1-20 of 56

  • 1 / 3
  • 重篤な肝性光線過敏症を呈したホルスタイン種乳牛の1症例  [in Japanese]

    大島 徹治 , 大戸 千帆 , 伊東 絵理子 , 堀内 雅之 , 古林 与志安 , 猪熊 壽

    獣医畜産新報 69(5), 359-362, 2016-05

    Ichushi Web 

  • Cerebellar Cortical Degeneration in a Japanese Black Bull  [in Japanese]

    TAGAWA Michihito , CHIBA Shiori , OKAMATSU Hiroyuki , KOJIMA Yuka , MATSUMOTO Kotaro , KOBAYASHI Yoshiyasu , INOKUMA Hisashi

    黒毛和種牛が出生翌日より横臥,後弓反張を呈した.脳挫傷を疑い,抗生物質,ビタミンB<sub>1</sub>製剤,消炎鎮痛剤により加療され,いったんは改善したが同様の症状が間欠的に認められた.歩様異常は継続して認められたが,一般状態は良好で8カ月齢まで飼養された.しかし,その後開脚姿勢,測定過大を伴う歩様異常,威嚇瞬き反応の低下が進行した.病理組織学的検索により小脳にプルキン …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 66(8), 545-548, 2013-08-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (20)

  • Diplomyelia in a Holstein Calf  [in Japanese]

    CHIBA Shiori , FUJISAWA Tetsuro , ISHIHARA Kosuke , MATSUMOTO Kotaro , YAMADA Kazutaka , INOKUMA Hisashi , MATSUI Takane , KOBAYASHI Yoshiyasu

    左後肢の伸張,歩様蹌踉,左旋回運動及び頭部の震盪を呈していたホルスタイン種子牛を,臨床及び病理学的に検索した.頭部CT検査では,特に異常が認められなかったことから脊髄異常が疑われた.病理解剖の結果,第十三胸髄部から尾側にかけて,脊髄の重複が確認され,重複脊髄症と診断された.重複脊髄症の報告は,本邦ではこれまで黒毛和種牛の数例に限られていたが,今回,本邦のホルスタイン種でも発生することが明らかとなっ …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 65(7), 516-519, 2012-07-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (7)

  • Comparison of Clinicopathological Findings of Idiopathic Hydropericardium Characterized by Blood-Like Fluid and Pericarditis in Dairy Cattle  [in Japanese]

    INOKUMA Hisashi , AOKI Takahiro , YAMAKAWA Kazuhiro , TAKEUCHI Toshihiko , MATSUMOTO Kotaro , ISHII Mitsuo , KOBAYASHI Yoshiyasu , FURUOKA Hidefumi

    病理学的に血様液貯留を特徴とする特発性心囊水腫と診断された乳牛8症例(血様心囊水貯留群)の臨床病理学的検査所見を回顧的に取りまとめ,心膜炎7症例(心膜炎群)の所見と比較した.血様心囊水貯留群では冷性浮腫を呈する症例が心膜炎群に比べて多かったが,その他の臨床症状には両群で差がなかった.心エコー検査では血様心囊水貯留群では,心膜炎でみられる心囊内の顕著なフィブリン析出はなかった.血液及び生化学検査では …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 65(6), 436-440, 2012-06-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (8)

  • A Case of Bovine Leukosis with Chronic Endometritis in a Holstein Cow  [in Japanese]

    TAKEUCHI Toshihiko , YOSHIMOTO Kaoru , KOMAGATA Makoto , FUKUNAKA Morito , KOBAYASHI Yoshiyasu , MATSUMOTO Kotaro , INOKUMA Hisashi

    5歳5カ月齢のホルスタイン種雌牛が,発熱,食欲不振及び胎盤停滞を呈した.悪露排出及び子宮の腫脹は治療で改善がみられなかった.体表リンパ節の腫大はみられなかったが,直腸検査で子宮の硬結を認めたため,牛白血病を疑った.病理解剖では腹腔内リンパ節の腫大,胃漿膜面の腫瘤形成及び子宮壁の肥厚が認められた.また,組織所見ではこれら組織へのリンパ球様腫瘍細胞の浸潤が認められた.腫瘍細胞はB細胞マーカー陽性であっ …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 64(9), 708-711, 2011-09-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (9)

  • A Case of Nasal Osteosarcoma in a Holstein Cow  [in Japanese]

    YOSHIMOTO Kaoru , KOMAGATA Makoto , CHIBA Shiori , HIRO Masahiro , MATSUMOTO Kotaro , KOBAYASHI Yoshiyasu , INOKUMA Hisashi

    5歳6カ月齢のホルスタイン種乳牛が鼻出血,眼球突出および黒色便を呈したため,地方病性牛白血病を疑った.しかし,生前の臨床検査では牛白血病の確定診断はできず,病理組織学的検査により鼻腔内骨肉腫と診断された.本症例では,明瞭な呼吸器症状や顔面の変形といった鼻腔内腫瘍を疑わせる所見が乏しく,生前診断が困難であった.

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 64(6), 457-460, 2011-06-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (11)

  • Radiation Therapy for Lomustine-Resistant Cutaneous Lymphoma in a Dog  [in Japanese]

    SATO Genki , NISHIMURA Maki , MIYOSHI Masahumi , KAWAMOTO Keiko , KOBAYASHI Yoshiyasu , ISOMURA Hiroshi , MIYAHARA Kazurou

    下唇の腫脹と下顎リンパ節の腫脹を伴った12歳のT細胞型皮膚型リンパ腫のシーズー犬に対してロムスチン(CCNU)による治療を行ったが効果は認められなかった. そこで,1回4Gyを2日おきに計5回,総線量20Gyで放射線治療を実施したところ,腫脹の軽減が認められた. その後,飼い主希望により,積極的な治療は行わなかったが,数回の放射線治療のたびに,改善が認められた. 最終的に下唇と下顎リンパ節の腫瘤が …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(9), 711-714, 2010-09-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (7)

  • Atypical Sporadic Bovine Leukosis with Astasia in a Holstein Heifer  [in Japanese]

    MATSUYAMA Yuuki , MURAKAMI Tomoaki , OHBAYASHI Tetsu , KOBAYASHI Yoshiyasu , MATSUMOTO Kotaro , MATSUI Takane , INOKUMA Hisashi

    8カ月齢ホルスタイン種乳牛が起立不能を呈した. 右下顎リンパ節相当部に腫瘤を認めたため,牛白血病を疑い血液検査および針吸引細胞診を実施したが,確定診断に至らなかった. 病理解剖においては,環椎および胸椎にも腫瘤が存在し脊髄を圧迫していた. 病理組織学的に,腫瘍細胞はBLA-36抗原陽性であり,B細胞性リンパ腫と診断した. BLV抗体は陰性であった. これらのことから,本症例は非定型若齢牛の散発性牛 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(5), 355-358, 2010-05-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (20)

  • A Case of Brain Stem Abscess in a Holstein Calf Showing Neurological Signs  [in Japanese]

    MATSUMOTO Kotaro , MURAKAMI Tomotaka , SUGO Kiharu , YAMADA Kazutaka , KOBAYASHI Yoshiyasu , MATSUI Takane , INOKUMA Hisashi

    17日齢のホルスタイン種雌子牛が,神経症状を示した. 病畜は頭部を左後方に折り曲げて伏臥姿勢を示し,時折自力で起立したがすぐに倒れ歩行不能であった. 神経学的検査では右の対光反射,威嚇瞬き反射,眼験反射,および音響耳介反射が消失していた. ビタミンB<sub>1</sub>およびデキサメサゾンの投与により第7病日に歩行可能となったものの左への斜頚・旋回が認められ,神経学的検 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(5), 351-354, 2010-05-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (6)

  • Early Detection of Enzootic Bovine Leukosis through Measurement of Serum Thymidine Kinase Activity  [in Japanese]

    SAKAMOTO Leo , OHBAYASHI Tetsu , KOBAYASHI Yoshiyasu , MATSUMOTO Kotaro , ISHII Mitsuo , INOKUMA Hisashi

    チミジンキナーゼはDNA合成に関わる酵素の一つであり,近年牛白血病の発症マーカーとして利用できることが報告されている. 今回,牛白血病ウイルス汚染農場において,本酵素の活性を測定することにより,牛白血病罹患牛の早期摘発を試みた. その結果,臨床症状は示さなかったものの,地方病性牛白血病に罹患していた10歳9カ月齢のホルスタイン種雌牛を摘発できた. 牛白血病ウイルス汚染牛群における本酵素活性の測定が …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(3), 191-193, 2010-03-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (11) Cited by (2)

  • 帯広畜産大学における公開総合臨床学実習の概要  [in Japanese]

    石井 三都夫 , 佐々木 直樹 , 山田 一孝 [他] , 松井 基純 , 羽田 真悟 , 松本 高太郎 , 古岡 秀文 , 古林 与志安 , 猪熊 壽 , 三宅 陽一

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(3), 171-173, 2010-03-20

    IR 

  • Bovine Leukosis with Hind Limb Paresis due to Direct Invasion of Intra-Abdominal Neoplastic Tissue to the Vertebral Canal  [in Japanese]

    MATSUYAMA Yuuki , KAMIO Kyouhei , MURAKAMI Tomoaki , SHIMODA Takashi , KOBAYASHI Yoshiyasu , FURUOKA Hidefumi , MATSUMOTO Kohtaro , INOKUMA Hisashi

    5歳6カ月齢ホルスタイン種乳牛が,後躯麻痺による起立不能を呈した.浅頸リンパ節の腫大と直腸検査による腫瘤の触知から牛白血病を疑ったが,血液検査とリンパ節の針吸引生検では確定診断できなかった.剖検では,60×40×20cm 大の多結節性腫瘤が背側の腹腔壁に接して存在していた.腫瘍組織は腸腰筋に浸潤し,一部は第5および第6腰椎椎間孔より脊柱管内に連続的に波及し,脊髄および脊髄神経根を圧迫していた.腫瘍 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(9), 713-716, 2009-09-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (15) Cited by (1)

  • 教育GP海外視察報告 : オーストラリア・クイーンズランド大学における産業動物臨床教育  [in Japanese]

    山田 一孝 , 石井 三都夫 , 佐々木 直樹 [他] , 古林 与志安

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(9), 670-672, 2009-09-20

    IR 

  • Ependymoblastoma in a Holstein Heifer  [in Japanese]

    TAGAWA Michihito , TANI Natsumi , KAJIWARA Ayano , KOBAYASHI Yoshiyasu , FURUOKA Hidefumi , MATSUI Takamine , ISHII Mitsuo , INOKUMA Hisashi , MATSUMOTO Kohtaro

    10カ月齢のホルスタイン種雌育成牛が急性に斜頸,旋回,後弓反張,意識混濁の症状を呈した. 大脳皮質壊死症を疑い,ビタミンB<sub>1</sub>製剤,コルチコステロイドおよび抗生物質による治療を実施したが反応せず,予後不良と判定された. 病理解剖により小脳に直径3.5cm大の腫瘤が確認され,左右側脳室および中脳水道の拡張がみられた. 本症例は小脳腫瘍による周辺部の圧迫およ …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(8), 636-639, 2009-08-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (9) Cited by (1)

  • Bilateral Nodular Lipogranulomatous Conjunctivitis in a Young Adult Cat  [in Japanese]

    FUNATO Shingo , KOBAYASHI Yoshiyasu , HIROKAWA Haruki , FURUOKA Hidefumi , MATSUI Takane

    雄の若成猫(3歳9カ月齢)の両側上眼瞼結膜に同時に発生した腫瘤を病理学的に検索し,両側性結節性脂肪肉芽腫性結膜炎と診断した. 右側腫瘤は直径約7mm 大,左側腫瘤は直径約5mm 大で,乳白色表面滑沢であった. 組織学的に,これら腫瘤はいずれも結合組織層における,種々の量の脂肪空胞/空隙を細胞質に持つ多核巨細胞およびマクロファージを主体とする炎症性細胞の集簇と,細胞外遊離脂質から成っていた. しかし …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(6), 473-475, 2009-06-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (4)

  • Caudal Vena Cava Thrombosis with Thrombi in Right Atrial Chamber in a Heifer  [in Japanese]

    INOKUMA Hisashi , JI Lintai , SHIMODA Takashi , TOGASHI Yoshihiko , KOBAYASHI Yoshiyasu , FURUOKA Hidefumi , SATHO Motoyoshi , ISHII Mitsuo

    1歳10カ月のホルスタイン種育成雌牛が,初診時食欲不振,削痩,チアノーゼ,肺音粗励,発咳等の症状を呈した.さらに第14病日には頻脈,頸静脈拍動等の循環器症状が認められた.血液および血液生化学検査により慢性炎症像が,また心エコー検査により右心房内に三尖弁と付着しない高エコー占拠性病変が観察された.本症例は病理解剖により後大静脈血栓症と診断されたが,血栓が心臓内において描出されたまれな症例と思われた.

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(5), 376-378, 2009-05-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (10)

  • Blood-Like Pericardial Fluid with Unilateral Pleural Effusion in a Dairy Cow  [in Japanese]

    YAMAKAWA Kazuhiro , SUGISAKI Giichi , TAI Jilin , KOBAYASHI Yoshiyasu , FURUOKA Hidefumi , SASAKI Naoki , ISHII Mitsuo , INOKUMA Hisashi

    2歳5カ月齢ホルスタイン雌乳牛が胸垂冷性浮腫,頸静脈拍動を呈し,心音聴取困難および心電図各波低電位所見から拡張型心筋症が疑われた.右胸腔には赤色変性性漏出液が多量に貯留しており,また超音波検査により心囊水貯留を認めた.病理解剖の結果,心囊は直径60cm大に腫大して血様心囊水の貯留を認めたが,炎症あるいは腫瘍は認められず,血様心囊水貯留の原因については不明であった.ただし右肩部に壊死巣を認めたことか …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(1), 49-51, 2009-01-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (10) Cited by (1)

  • Three Cases of Atypical Bovine Leukosis in Holstein Cows  [in Japanese]

    TAGAWA Michihito , SHIMODA Takashi , TOGASHI Yoshihiko , WATANABE Yuki , KOBAYASHI Yoshiyasu , FURUOKA Hidefumi , ISHII Mitsuo , INOKUMA Hisashi

    体表リンパ節の腫脹, 末梢血中における異型リンパ球出現を伴うリンパ球数の著増などの典型的な牛白血病症状を示していなかったことから, それぞれアミロイドーシス, 胸膜炎, 心疾患が疑われた3頭のホルスタイン種乳雌牛を病理解剖したところ, いずれも牛白血病と診断された. 血液検査および身体検査において著変が観察されない場合でも, 難診断時には鑑別診断リストに牛白血病を加えるべきであると考えられた.

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 61(12), 936-940, 2008-12-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (11) Cited by (3)

  • Analysis of Blood Flow in a Third Ventricular Ependymoma and an Olfactory Bulb Meningioma by using Perfusion Computed Tomography

    KISHIMOTO Miori , YAMADA Kazutaka , SEOK Joon-Soo , SHIMIZU Junichiro , KOBAYASHI Yoshiyasu , AKIBA Yumi , MORISHITA Yasuyuki , IWASA Akiko , IWASAKI Toshiroh , MIYAKE Yoh-Ichi

    第3脳室上衣腫および嗅球部髄膜腫と診断された、雑種犬とゴールデンレトリーバーの脳Perfusion CT撮像を行った。今回の上衣腫は正常脳組織よりも血流が遅く、血液量は多く、組織通過時間は遅く、また今回の髄膜腫は正常脳組織よりも血流が速く、血液量は多く、組織通過時間は遅いことが分かった。動物における脳腫瘍血流データを蓄積することで、Perfusion CTは、脳腫瘍の悪性度分類や鑑別診断リストを絞 …

    The journal of veterinary medical science 70(9), 981-983, 2008-09-25

    JASI  Ichushi Web  References (13)

  • Brain Abscess in a Japanese Black Calf : Utility of Computed Tomography (CT)

    EL-KHODERY Sabry , YAMADA Kazutaka , AOKI Daisuke , KAMIO Kyouhei , KISHIMOTO Miori , SHIMIZU Junichiro , KOBAYASHI Yoshiyasu , ISHII Mitsuo , INOKUMA Hisashi , YAMAUCHI Sen-ichi , MATSUI Takane

    旋回と視覚障害の神経症状を呈した6ヵ月齢黒毛和種牛の脳膿瘍の診断にCTを使用した。CT像では左右非対称な側脳室と大脳右半球に被膜に囲まれた複数のX線低吸収域が認められた。剖検により、右大脳および嗅球は腫大し、脳室周囲と側脳室の膿瘍からはクリーム状膿汁が採取された。細菌検査ではFusobacterium necrophrumが検出された。牛脳膿瘍の仮診断にCTは有用な手段であることが示された。

    Journal of Veterinary Medical Science 70(7), 727-730, 2008-07-25

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (18) Cited by (1)

  • 1 / 3
Page Top