池谷 毅 IKEYA T.

ID:9000005508080

国立大学法人東京海洋大学 海洋資源環境学部 (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 113

  • INFLUENCE OF EXPERIMENTAL CHANNEL WIDTH ON TSUNAMI FORCE ACTING ON LAND STRUCTURES IN HYDRAULIC MODEL TEST  [in Japanese]

    IKEYA Tsuyoshi , IWATA Yoshihiro , OKUDA Yasuo , KIKITSU Hitomitsu , ISHIHARA Akihiko , HASEGAWA Iwao , HASHIMOTO Jun , OBATA Daisuke

    水理模型実験における陸上構造物に作用する津波力に及ぼす実験水路幅<i>B</i>の影響を,水理模型実験と理論解析により明らかにした.水理模型実験では,初めに,流量制御可能なポンプを備えた水路内に,従来実施されていなかった限界流の条件を含む6通りの定常流を作成した.次に,幅<i>d</i>を5通りに変化させた正四角柱の構造物模型を設置して,構造物に作用 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 73(2), I_901-I_906, 2017

    J-STAGE 

  • WAVE CHARACTERISTICS AT THE OFFSHORE CHOSHI WIND POWER PLANT  [in Japanese]

    FUKUYAMA Takako , IKEYA Tsuyoshi , FUKUMOTO Yukinari

    わが国における洋上風力発電の導入促進を目的として,千葉県銚子沖合において実証研究が行われた.銚子沖約3.1km地点に洋上風力発電設備を建設するとともに,気象・海象観測設備を設置し,各種の計測を行った.わが国における洋上ウィンドファームを実現するためには,長期の気象・海象観測による特性把握が重要である.このため,今回の計測で得られた各種データをとりまとめ,銚子沖における波浪特性を把握した.具体的には …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 73(2), I_1651-I_1656, 2017

    J-STAGE 

  • 着床式洋上風車の水槽実験  [in Japanese]

    福山 貴子 , 池谷 毅

    Wind Energy 40(1), 12-15, 2016

    J-STAGE 

  • EXPERIMENTAL AND NUMERICAL STUDY OF TSUNAMI WAVE LOAD ACTING ON A BUILDING WITH OPENINGS  [in Japanese]

    IWAMAE Nobuyuki , AKIYAMA Yoshinobu , IKEYA Tsuyoshi , SUZUKI Norio , TATENO Tomokazu

    内閣府の津波避難ビル等に係るガイドラインでは,設計津波波圧として設計用浸水深の3倍の水深における静水圧を用いることが示されている.しかし,この算定式は必ずしも合理的な波圧評価を与えるものではなく,東日本大震災以降の被災調査結果を受け見直しが行われつつある.<br> 本研究では,津波避難ビルを想定した開口を有する建築物に作用する津波荷重につき,水理実験および数値解析により影響を評価した. …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 72(1), 51-61, 2016

    J-STAGE 

  • EVALUATION OF CHARACTERISTICS OF RUN-UP TSUNAMI NEAR COASTLINE BY ENERGY GRADE LINE ANALYSIS  [in Japanese]

    IKEYA Tsuyoshi , TAKAHASHI Toshihiko , FUKUYAMA Takako , SUENAGA Seiya , KIKITSU Hitomitsu , KABEYASAWA Toshikazu , IWATA Yoshihiro , OKUDA Yasuo

    陸上構造物に作用する津波波力を評価するためには,津波の浸水深と水深係数を知る必要がある.従来,水深係数として3が用いられてきたが,東日本大震災後の現地調査により,海岸線からの距離により低減が可能であることがわかった.しかしながら水理学的なメカニズム,適用の合理性については課題が残る.<br> 本論文では,初めに既往の研究成果から,水深係数がフルード数に依存して決まることを示す.次に,簡 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 72(2), I_157-I_162, 2016

    J-STAGE 

  • 沿岸土木構造物の津波に対する対策(3)津波による洗掘・侵食  [in Japanese]

    池谷 毅 , 佐々 真志

    地盤工学会誌 : 土と基礎 63(11・12), 48-53, 2015-11

    NDL Digital Collections 

  • EVARUATION METHOD OF TSUNAMI WAVE FORCE ACTING ON LAND STRUCTURES CONSIDERING REFRECTION PROPERTIES  [in Japanese]

    IKEYA Tsuyoshi , SUENAGA Seiya , FUKUYAMA Takako , AKIYAMA Yoshinobu , SUZUKI Norio , TATENO Tomokazu

    有限幅の水域内に設置された直方体陸上構造物に作用する津波波力について,水理模型実験及び理論解析により考察を加えた.縮尺1/100の水理模型実験の結果,水深の増幅係数(水深係数)は,2次元壁体と3次元柱状体の中間的な挙動をすること,抗力係数は3次元柱状体より大きくなることが明らかとなった.現象観察の結果,構造物の側方で限界水深の発生がみられ,これに伴う反射波の存在が波力を増大させていると思われた.反 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 71(2), I_985-I_990, 2015

    J-STAGE 

  • REDUCTION OF TSUNAMI WAVE FORCE ACTING ON A LAND STRUCTURE BY PROTECTIVE BARRIERS  [in Japanese]

    IKEYA Tsuyoshi , SUENAGA Seiya , FUKUYAMA Takako , AKIYAMA Yoshinobu , TATENO Tomokazu , SUZUKI Norio

    陸上構造物に作用する津波波力は,陸上構造物と海域の間に存在する防潮堤や大粗度などの遮蔽物により低減するといわれる.本論文では,遮蔽物による陸上構造物に作用する津波波力の低減効果を定量的に評価することを目的とした.低減効果の特性を把握するために,想定縮尺1/100のフルード相似則に従った水理模型実験を実施した.その結果,防潮堤が高いほど,地表面粗度が粗いほど,海岸線からの距離が大きいほど,波力の低減 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 71(2), I_569-I_574, 2015

    J-STAGE 

  • Review and Future Research-Issues on Tsunami Wave Force Evaluation  [in Japanese]

    秋山 義信 , 池谷 毅 , 福山 貴子 [他]

    鹿島技術研究所年報 62, 39-44, 2014-09

  • 津波から粘り強い防波堤で港を守る : アスファルトマットを用いた工法 (特集 防災,安全・安心を確保する社会基盤整備)  [in Japanese]

    岸田 哲哉 , 田崎 邦男 , 池谷 毅

    建設機械施工 = Journal of JCMA : 一般社団法人日本建設機械施工協会誌 66(9), 48-53, 2014-09

  • Hydraulic Model of Sustained Tsunami Wave Pressure Acting on Land Structures Considering Openings in Walls  [in Japanese]

    IKEYA Tsuyoshi , IWAMAE Nobuyuki , AKIYAMA Yoshinobu , FUKUYAMA Takako , SUENAGA Seiya , SUZUKI Norio , TATENO Tomokazu

    Evaluation method of tsunami wave pressure acting on land structures and buildings has been reviewed after the Tohoku earthquake. In this study, a new mathematical model which evaluates tsunami wave p …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 70(2), I_386-I_390, 2014

    J-STAGE 

  • Modeling of Buildings with Openings as Porous Media in CADMAS-SURF/3D  [in Japanese]

    IWAMAE Nobuyuki , IKEYA Tsuyoshi , AKIYAMA Yoshinobu , SUENAGA Seiya , SUZUKI Norio , TATENO Tomokazu

    Numerical simulation is thought to be one of the most effective and efficient methods to evaluate tsunami wave force acting on land structures and buildings. Although it is desiable to use fine-mesh g …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 70(2), I_376-I_380, 2014

    J-STAGE 

  • Scour Resistance Evaluation of the Seabed at Choshi Offshore Wind Power Station  [in Japanese]

    FUKUYAMA Takako , IWAMAE Nobuyuki , HAYASHIDA Koji , IKEYA Tsuyoshi , SUKEGAWA Hiroyuki , FUKUMOTO Yukinari

    The proving research of the offshore wind power has been continuing at the offshore of Choshi. The seabed of this area is composed of soft rock, but the scour resistance of the soft rock has not been …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 70(2), I_1046-I_1050, 2014

    J-STAGE 

  • HYDRAULIC MODEL TEST OF TSUNAMI WAVE PRESSURE ACTING ON TIDE PROTECTION FACILITY BY REPRODUCING THE WAVE FORM CHARACTERISTICS  [in Japanese]

    OMURA Hideaki , OZAKI Mitsuhiro , HIRATA Kazuo , AKIYAMA Yoshinobu , IWAMAE Nobuyuki , IKEYA Tsuyoshi

    東北地方太平洋沖地震(2011/3/11)の津波被災を受け防潮堤の整備が進められている.防潮堤に作用する津波波力は,津波波形や設置地形の影響を受ける.また,レベル2(減災レベル)津波では防潮堤の越流も考えており,越流時の作用力や背後地の洗掘の検討も必要である.そこで,ポンプ式津波造波装置を用い,東北地方太平洋沖地震に伴う津波において観測された二段型波形を含む現実的な津波を実験で再現し,盛土上に設置 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 70(2), I_432-I_437, 2014

    J-STAGE 

  • THE EVALUATION MODEL OF TSUNAMI WAVE FORCE ACTING ON COLUMNAR BODY CONSIDERING PRESSURE DISTRIBUTION  [in Japanese]

    IKEYA Tsuyoshi , IWAMAE Nobuyuki , SUENAGA Seiya , AKIYAMA Yoshinobu , TATENO Tomokazu , SUZUKI Norio

    陸上の構造物に作用する津波の持続波圧は,入射波のフルード数に依存して変化することが知られている.ところが,津波持続波力を抗力モデルを用いて評価する場合,抗力係数には形状により決定する一定値が用いられるのが一般的で,上述のフルード数の影響は考慮されない.本論文では,波圧分布と整合性のある波力の評価法を提示する.風工学の分野で用いられる圧力係数を基本として,これに,柱体前面での跳水によるエネルギー減衰 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 70(2), I_396-I_401, 2014

    J-STAGE 

  • EXPERIMENTAL STUDY OF TSUNAMI WAVE FORCE ACTING ON STRUCTURES WITH MULTIPLE PILLARS  [in Japanese]

    SUENAGA Seiya , IWAMAE Nobuyuki , IKEYA Tsuyoshi , AKIYAMA Yoshinobu , TATENO Tomokazu , SUZUKI Norio

    2011年の東日本大震災において,多くの構造物が津波被害にあった.その中で,ピロティ構造を有する建築物は多く残存しており,ピロティ構造は耐津波構造として効果的であると考えられている.しかしながら,ピロティ構造の波力低減効果について詳細に検討した例は少ない.<br> そこで,本研究では,ピロティ構造を有する建築物に作用する津波波力を把握するための第一歩として,ピロティ構造の柱部分を対象と …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 70(2), I_390-I_395, 2014

    J-STAGE 

  • OBSERVATIONS OF WAVE AND WAVE PRESSURE AT THE CHOSHI OFFSHORE WIND POWER STATION AND TECHNICAL PROBLEMS IN JAPAN  [in Japanese]

    FUKUMOTO Yukinari , MAEDA Osamu , FUKUYAMA Takako , IKEYA Tsuyoshi , INAGAKI Satoshi , IWAMAE Nobuyuki , USAMI Eiji , ISHIHARA Takeshi

    2013年1月,銚子沖洋上風力発電所は,わが国初の沖合洋上風力発電所として運転を開始した.実証研究設備として,洋上風車の性能評価や洋上風況の評価,環境影響調査など,着床式洋上風力発電の技術を総合的に確立していく.発電所建設前から47ヶ月にわたり観測してきた波浪データによれば,当海域は常に波高が高く「うねり」が来襲しやすい.また,台風1326号により設計波高に近い観測最大の最高波高が発生し,基礎に衝 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 70(2), I_13-I_18, 2014

    J-STAGE 

  • CHARACTERISTICS AND PROBABILISTIC EVALUATION OF WAVE PRESSURE ACTING ON THE OFFSHORE WIND POWER FOUDATION  [in Japanese]

    FUKUYAMA Takako , IKEYA Tsuyoshi , FUKUMOTO Yukinari

    日本における洋上風力発電の導入促進を目的に,千葉県銚子沖で洋上風力発電に関する実証研究が進められている.洋上風力発電設備および洋上風況観測タワーの基礎は重力式基礎であり,作用波力を低減するために水面付近の径を細くした形状である.このような基礎の設計手法の妥当性を検討するために洋上風力発電設備基礎に波圧計を設置し,基礎に作用する波圧および揚圧力を観測している.波圧計の観測データを解析した結果,有義波 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 70(2), I_127-I_132, 2014

    J-STAGE 

  • On the Hydraulic Mechanism of Sustained Tsunami Wave Pressure Acting on Land Structures  [in Japanese]

    池谷 毅 , 秋山 義信 , 岩前 伸幸

    土木学会論文集. B2, 海岸工学 69(2), 816-820, 2013

Page Top