清水 美希 SHIMIZU Miki

Articles:  1-20 of 58

  • 1 / 3
  • 部分内臓逆位, 肝部後大静脈欠損および奇静脈連結を伴う静脈管開存症の犬の1例  [in Japanese]

    ISHIKAWA Taisuke , TANAKA Ryou , SAIDA Yuuto , SODA Aiko , HARADA Takashi , HOSHI Katsuichiro , SHIMIZU Miki , MOCHIZUKI Manabu , YAMANE Yoshihisa

    部分内臓逆位を確認した門脈後大静脈シャントを有する雄のシー・ズー犬において後大静脈の部分的な欠損を認めた。X線透視装置を用いて後肢からの還流血管を確認したところ,後肢からの還流は門脈とシャントしている後大静脈を通らずに,奇静脈へとシャントして心臓へと流入することが確認された。造影CTスキャン検査画像を詳細に解析したところ,部分内臓逆位,肝部後大静脈欠損および奇静脈連結を伴う静脈管開存症と確定診断で …

    Advances in Animal Cardiology 40(1), 28-34, 2007-06-01

    JASI  J-STAGE  Ichushi Web  References (14)

  • 心房細動罹患犬における心臓の病理学的検索  [in Japanese]

    NAKAO Shu , SHIMIZU Miki , MATSUMOTO Hideki , CHIMURA Syuichi , KOBAYASHI Masayuki , MACHIDA Noboru

    犬における心房細動(AF)の発生にかかる形態学的基盤について明らかにする目的で,生前にAFを示した犬5例の心臓について,心房筋および洞結節を中心に組織学的検索を実施した。症例1は雑種,10歳,僧帽弁および三尖弁閉鎖不全症例であり,AFは死亡前の4カ月間持続した。症例2はマルチーズ,14歳,僧帽弁および三尖弁閉鎖不全症例であり,AFは死亡前の10日間認められた。 症例3はゴールデン・レトリーバー,雌 …

    Advances in Animal Cardiology 40(1), 1-10, 2007-06-01

    JASI  J-STAGE  Ichushi Web  References (16) Cited by (1)

  • Correlation between Pressure Gradients and Left Ventricular Systolic Function Parameters on Continuous Wave Doppler Echocardiography in Dogs with Pulmonic Stenosis  [in Japanese]

    SAIDA Yuuto , TANAKA Ryou , SODA Aiko , SHIMIZU Miki , SHIMAMURA Shunsuke , HIRAO Hidehiro , YAMANE Yoshihisa

    肺動脈狭窄症(PS)は大動脈狭窄に次いで発生頻度の高い先天性心疾患である。<br> PSの病態把握には超音波検査が有用であり,PSの重症度評価指標としてはドプラ法によって肺動脈血流速度から算出される圧較差が主に用いられている。<br> しかしながら,圧較差が80mmHgを超えていながら症状を示さない個体もみられ,圧較差のみでの重症度判定には限界がある。したがって,超音波検査 …

    Journal of Animal Clinical Medicine 15(4), 113-118, 2006-12-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (23)

  • Cardiac Remodeling and Angiotensin II-Forming Enzyme Activity of the Left Ventricle in Hamsters with Chronic Pressure Overload Induced by Ascending Aortic Stenosis

    SHIMIZU Miki , TANAKA Ryou , FUKUYAMA Tomoki , AOKI Ryoko , ORITO Kensuke , YAMANE Yoshihisa

    キマーゼの作用が犬と類似している雄のシリアンハムスターを使用して,慢性的な圧負荷を伴う左室のリモデリングとアンジオテンシンII産生酵素活性について調べた.圧負荷は上行大動脈を狭窄することにより作成し,心臓超音波検査,病理組織学的検査,心臓組織中のアンジオテンシン変換酵素およびキマーゼ様活性の測定を実施した.大動脈狭窄後10週目に,左室の求心性心肥大がみられた.大動脈狭窄後20週目に,心室重量/体重 …

    The journal of veterinary medical science 68(3), 271-276, 2006-03-25

    JASI  Ichushi Web  References (35)

  • Effect of Angiotensin II Type 1 Receptor Blocker on Cardiac Angiotensin-Converting Enzyme and Chymase-Like Activities, and Cardiac Fibrosis in Cardiomyopathic Hamsters

    SHIMIZU Miki , TANAKA Ryou , UCHIDA Mizuho , ORITO Kensuke , SHIMAMURA Shunsuke , YAMANE Yoshihisa

    心臓組織中のキマーゼはアンジオテンシン(Ang)IIを産生するだけでなく,Ang IIを介さない機序により心筋線維化に関与していることが報告されている.本研究では,ハムスター(拡張型心筋症ハムスター,Bio TO2)を用いてcandesartan cilexetilを4週間投与し,心臓組織中のアンジオテンシン変換酵素(ACE)およびキマーゼ様活性の変化と心筋線維化に対する作用を検討した.Bio T …

    The journal of veterinary medical science 68(3), 227-233, 2006-03-25

    JASI  Ichushi Web  References (24)

  • Effect of Intermittent Administration of Sustained Release Isosorbide Dinitrate (sr-ISDN) in Rats with Pressure-Overload Heart

    SHIMAMURA Shunsuke , ENDO Hayato , KUTSUNA Hiromi , KOBAYASHI Masayuki , HIRAO Hidehiro , SHIMIZU Miki , TANAKA Ryou , YAMANE Yoshihisa

    硝酸薬は,NOを作用させることで血管を拡張させる循環作動薬である.近年NOは循環動態への影響のみならず,神経体液性因子への関与や心筋保護効果が注目されるようになっており,心筋肥大や心筋線維化に対する抑制効果が期待されている.これらの心筋リモデリング抑制効果は心不全時の心臓の形態と機能の維持に有効に働くと考えられる.しかしながら圧負荷心臓に対して硝酸薬を長期的に作用させた時の有効性について検討した報 …

    The journal of veterinary medical science 68(3), 213-217, 2006-03-25

    JASI  Ichushi Web  References (34)

  • The Effect of Intermittent Administration of Sustained Release Isosorbide Dinitrate (sr-ISDN) in Rats with Volume Overload Heart

    SHIMAMURA Shunsuke , OHSAWA Tomoko , KOBAYASHI Masayuki , HIRAO Hidehiro , SHIMIZU Miki , TANAKA Ryou , YAMANE Yoshihisa

    近年, 1日10〜12時間の休薬時間を設定する間欠投与法が硝酸薬の慢性投与時における耐性発現を回避し, その降圧効果を長期間維持可能であることが明らかになっている.そこで, 本研究ではウィスターラットに対して徐放性硝酸薬sr-ISDN(5mg/kg once a day)の間欠的慢性投与を行い, 耐性の発現の有無を確認した.次いで, 本投薬法を3か月の間, 容量負荷モデルラットに対して用いることで …

    The journal of veterinary medical science 68(1), 49-54, 2006-01-25

    JASI  Ichushi Web  References (37)

  • Megaesophagus was Complicated with Billroth I Gastroduodenostomy in a Cat

    SHIMAMURA Shunsuke , SHIMIZU Miki , KOBAYASHI Masayuki , HIRAO Hidehiro , TANAKA Ryou , YAMANE Yoshihisa

    7歳齢の雑種猫が食欲・元気消沈にて来院した.単純レントゲン検査および超音波検査にて, 上腹部正中に石灰化を伴った腫瘤塊を認めた.摘出を目的に開腹し, 胃の幽門部を中心に全層におよぶ腫瘤を確認した.腫瘤は十二指腸にはおよんでおらず, また周囲組織への浸潤, 領域リンパ節の腫脹なども認められなかったため, Billroth I法による腫瘤摘出を実施した.術後の回復は順調であり, 術後8日目には摂食を開 …

    Journal of Veterinary Medical Science 67(9), 935-937, 2005-09-25

    JASI  J-STAGE  Ichushi Web  References (16)

  • 犬の門脈体循環シャントの術前診断におけるCTの有用性の検討  [in Japanese]

    稲葉 晴貴 , 才田 祐人 , 曽田 藍子 , 清水 美希 , 島村 俊介 , 平尾 秀博 , 田中 綾 , 山根 義久

    日本獣医循環器学会抄録 82, 270-271, 2005-06-25

  • 体外循環下での外科的治療が著効を呈した右室二腔症の犬の2例  [in Japanese]

    田中 綾 , 曽田 藍子 , 才田 勇人 , 島村 俊介 , 清水 美希 , 松本 英樹 , 山根 義久

    日本獣医循環器学会抄録 82, 233-234, 2005-06-25

  • 犬の門脈体循環シャントの術前診断におけるCTの有用性の検討  [in Japanese]

    稲葉 晴貴 , 才田 祐人 , 曽田 藍子 , 清水 美希 , 島村 俊介 , 平尾 秀博 , 田中 綾 , 山根 義久

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 36, 261-262, 2005-06-20

    Ichushi Web 

  • 体外循環下での外科的治療が著効を呈した右室二腔症の犬の2例  [in Japanese]

    田中 綾 , 曽田 藍子 , 才田 勇人 , 島村 俊介 , 清水 美希 , 松本 英樹 , 山根 義久

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 36, 224-225, 2005-06-20

    Ichushi Web 

  • Effects of β-blocker, Metoprolol for Chronic Heart Failure in Dogs with Naturally Acquired Mitral Regurgitation  [in Japanese]

    KOBAYASHI Masayuki , HOSHI Katsuichiro , HIRAO Hidehiro , SHIMIZU Miki , SHIMAMURA Shunsuke , TANAKA Ryou , YAMANE Yoshihisa

    犬の僧帽弁閉鎖不全症(MR)による慢性心不全(CHF)に対するβ遮断薬の有効性と安全性を評価する目的で,β遮断薬治療を行ったMR犬26症例を対象とし遡及的検討を行った。投与開始時のNew York Heart Association (NYHA)の心機能分類はII度が10例,III度またはIV度が16例で,ジゴキシン,ACE阻害薬,利尿薬を含む標準的な心不全治療が行われていた。 …

    Journal of Animal Clinical Medicine 14(2), 51-57, 2005-06-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (14)

  • An Experimental Study of Apico-Aortic Valved Conduit (AAVC) for Surgical Treatment of Aortic Stenosis in Dogs

    HIRAO Hidehiro , INOUE Tomoki , HOSHI Katsuichiro , KOBAYASHI Masayuki , SHIMAMURA Shunsuke , SHIMIZU Miki , TANAKA Ryou , TAKASHIMA Kazuaki , MORI Yuichi , NOISHIKI Yasuharu , YAMANE Yoshihisa

    新型の弁付き導管を犬大動脈弁を用いて作成した.生体代替弁はグルタールアルデヒドとエポキシ化合物(Denacol-EX313/810)により固定した.超極細ポリエステル繊維製人工血管(直径10mm, 全長20mm)を使用した.犬4頭に左心室-大動脈間弁付き導管(AAVC)移植術と大動脈バンディングを行いバイパス群とした.もう4頭にはAAVC移植術は行わず大動脈パンディングのみを行いコントロール群とし …

    The Journal of veterinary medical science 67(4), 357-362, 2005-04-25

    JASI  Ichushi Web  References (20) Cited by (2)

  • Successful Control of Serum Thyroxine and Calcium Concentrations after Surgical Removal of Thyroid Tumors in a Dog  [in Japanese]

    UMAHASHI Yukito , UENO Yoshiki , SHIMAMURA Syunsuke , SHIMIZU Miki , KOBAYASHI Masayuki , HIRAO Hidehiro , TANAKA Ryou , MARUO Kouji , MACHIDA Noboru , YAMANE Yoshihisa

    動物臨床医学 = Journal of Animal Clinical Research Foundation 13(2), 71-75, 2004-09-20

    Ichushi Web  References (8)

  • 体外循環下開心術によって根治術を行った超大型犬の心室中隔欠損症の1治験例  [in Japanese]

    小林 正行 , 平尾 秀博 , 清水 美希 , 島村 俊介 , 田中 綾 , 山根 義久

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 35, 195-196, 2004-06-20

  • 肝葉切除を行った犬の外科的治験の2症例  [in Japanese]

    福島 彰子 , 清水 美希 , 上野 芳樹 , 島村 俊介 , 小林 正行 , 平尾 秀博 , 田中 綾 , 山根 義久

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 35, 137, 2004-06-20

  • 肝内門脈枝の未発達が重度であった猫の門脈体循環シャント症の1例  [in Japanese]

    遠藤 隼人 , 平尾 秀博 , 島村 俊介 , 清水 美希 , 小林 正行 , 田中 綾 , 山根 義久

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 35, 133, 2004-06-20

  • Surgical Correction of Subvalvular Aortic Stenosis Using Cardiopulmonary Bypass in a Dog

    HIRAO Hidehiro , HOSHI Katsuichiro , KOBAYASHI Masayuki , SHIMIZU Miki , SHIMAMURA Shunsuke , TANAKA Ryou , MACHIDA Noboru , MARUO Koji , YAMANE Yoshihisa

    3ヵ月齢,雄のゴールデン・レトリーバーが大動脈弁下狭窄症と診断された.左室-大動脈間収縮期圧較差は90mmHgであった.体外循環下で大動脈切開アプローチにより大動脈弁下の線雄性病変を切除した.術後,臨床症状は認められなくなった.7ヵ月後,圧較差は44mmHgに減少していた.しかし,その3ヵ月後,予兆なく突然死した.剖検所見に左室圧負荷の増大に起因する病理学的変化は重度ではなかった.

    The Journal of veterinary medical science 66(5), 559-562, 2004-05-25

    Ichushi Web  References (11) Cited by (1)

  • Effects of Candesartan Cilexetil (TCV-116), an Angiotensin Receptor Antagonist, on Hemodynamics in Experimental Model Dogs with Mitral Insufficiency  [in Japanese]

    TAKENAKA Masahiko , TAKASHIMA Kazuaki , KURUMATANI Hajimu , IDA Nobutaka , SATO Reeko , YAMANE Yoshihisa , SAKAI Naoko , TAKASHIMA Kazuaki , SHIMIZU Miki , YAMANE Yoshihisa

    <b>Objective :</b> Since the sensitivity to prostacyclin differs widely depending on the animal species, it is essential to investigate the dose setting from the safety point of view befor …

    Journal of Animal Clinical Medicine 12(3), 131-139, 2003-12-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (55)

  • 1 / 3
Page Top