真柄 真実 MAKARA Manami

Articles:  1-11 of 11

  • Note on a Pacific white-sided dolphin stranded at the coast of Toyama City, Toyama Prefecture, Sea of Japan  [in Japanese]

    田島 木綿子 , 真柄 真実 , 山田 格 , 南部 久男

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (37), 111-113, 2013-06-25

    IR 

  • Lectin Binding Pattern of Gastric Mucosa of Pacific White-Sided Dolphin, Lagenorhynchus obliquidens

    SHIMOKAWA Tetsuya , DOIHARA Takuya , MAKARA Manami [他]

    The journal of veterinary medical science 74(2), 155-160, 2012-02

  • Stranding records of marine mammals in Toyama Bay, Japan, in 2010  [in Japanese]

    南部 久男 , 関 東雄 , 真柄 真実 , 山田 格 , 大田 希生 , 藤田 将人

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (34), 141-144, 2011-03-15

    IR 

  • Stranding records of cetaceans in Toyama Bay, Japan, in 2009  [in Japanese]

    南部 久男 , 真柄 真実 , 栗原 望 , 山田 格 , 関 東雄 , 台蔵 正一 , 石川 雄士

    2009年に3科4種8例8個体の鯨類(漂着7例7個体で、目撃が1例1個体)を富山湾で確認した。いずれも富山湾では既知種である。カマイルカは、1月23日~6月4日にかけ、最も多い4例4個体が確認された。他にハンドウイルカ1例1個体、イシイルカ1例1個体、ミンククジラ2例2個体を確認した。

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (33), 105-108, 2010-03-15

    IR 

  • Note on a bottlenose dolphin stranded at the coast of Himi-city, Toyama Prefecture, Sea of Japan  [in Japanese]

    真柄 真実 , 栗原 望 , 山田 格 , 南部 久男 , 石川 雄士

    2009年3月に富山県氷見市で、ハンドウイルカ(Tursiops truncatus)1頭が漂着した。本個体は、比較的死後経過時間が短い個体であり、現地で計測および剖検を実施した。肉眼解剖結果から、性的に未成熟である若い雌の個体であると判断され、気管における白色泡沫状物充満および肺のうっ血水腫、豊富な胃内容物、胃腸内における寄生虫寄生を確認した。座礁および死因を特定する所見は確認できなかったが、食 …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (33), 109-112, 2010-03-15

    IR 

  • Note on Stejenger's beaked whale stranded at the coast of Suzu-city, Ishikawa Prefecture, Sea of Japan  [in Japanese]

    真柄 真実 , 田島 木綿子 , 谷田部 明子 , 山田 格 , 坂井 恵一 , 福島 広行 , 横井 将大 , 吉田 俊憲 , 台蔵 正一 , 南部 久男

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (32), 117-120, 2009-02-25

    IR 

  • Goiter-Like Changes in the Thyroid Gland of Mass Stranded Striped Dolphins (Stenella coeruleoalba)  [in Japanese]

    MAKARA Manami , TAJIMA Yuko , YAMADA Tadasu K , ISOBE Tomohiko , TAKAHASHI Shin , TANABE Shinsuke , SHIMADA Akinori

    2003年3月,愛媛県興居島にて7頭のスジイルカ(<i>Stenella coeruleoalba</i>)が集団座礁し,そのうち6頭について全身解剖および病理組織学的検索を行った. 体長などからいずれも成体であることが推測された. 各個体の直接的な死因は,肺における重度のうっ血水腫と思われるが,これらの症例に共通する漂着の原因を示す所見は確定できなかった. 2例の甲状腺に …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(2), 155-160, 2009-02-20

    J-STAGE  JASI  References (19)

  • Aspiration Pneumonia as a Cause of Neonatal Death in Three Captive Bottlenose Dolphins (Tursiops truncates)

    MAKARA Manami , SHIMADA Akinori , KAWAMURA Natsuko , MURASE Toshiyuki , MORITA Takehito

    新生仔の虚弱は飼育下の鯨類においてよく起こる繁殖上の問題点である。出生時から虚弱であった3日齢の3例のハンドウイルカが死亡した。病理学的検索により、細菌塊および異物を肺胞内に混じた化膿性気管支肺炎像がいずれの症例にも認められたことから、これらの新生仔の虚弱および死亡の原因として誤嚥性肺炎が示唆された。

    The journal of veterinary medical science 69(3), 325-327, 2007-03-25

    JASI  References (6)

  • Necrotic Hepatitis due to Clostridium perfringens Infection in Newly Hatched Broiler Chicks

    SASAKI Jun , GORYO Masanobu , MAKARA Manami , NAKAMURA Kenji , OKADA Kosuke

    3ヵ所の養鶏場において,2孵化場由来の孵化直後のブロイラー幼雛に多発性壊死性肝炎がみられ,5例について病理学的に検索した.肉眼的に肝臓は脆弱感を示し,表面あるいは割面では大小不同の限界明瞭な黄色から緑色巣が多発性に認められた.組織学的には,肝臓において明瞭な分界線を伴う多発性巣状壊死がみられた.壊死巣内にはグラム陽性大桿菌が多数認められ,これらのグラム陽性大桿菌は抗clostridium perf …

    Journal of Veterinary Medical Science 65(11), 1249-1251, 2003-11-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (9)

  • Relation between Phenotype of Tumor Cells and Clinicopathology in Bovine Leukosis

    YIN Shan-ai , MAKARA Manami , PAN Yaoqian , ISHIGURO Hiroyuki , IKEDA Manabu , NUMAKUNAI Shigeru , GORYO Masanobu , OKADA Kosuke

    33例のEBLの牛,14例のSBLの牛とリンパ球に対する6種類の単クローン性抗体を用いて免疫組織学的に検索した.EBLはB-1a細胞型が17例,B-1b細胞型が10例およびB-2細胞型が6例に,SBLはB細胞由来(B-2細胞型)の5例およびT細胞由来の9例に分類された.EBLにおいてphenotypeによる発症年齢の平均は,B-1a細胞型は8.6歳,B-1b細胞型は6.5歳,及びB-2細胞型は4. …

    Journal of Veterinary Medical Science 65(5), 599-606, 2003-05-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (33) Cited by (2)

  • Hemorrhagic Enteritis Associated with Clostridium perfringens Type A in a Dog

    SASAKI Jun , GORYO Masanobu , ASAHINA Masatoshi , MAKARA Manami , SHISHIDO Satoshi , OKADA Kosuke

    出血性下痢および嘔吐を伴い急死した犬1例について, 病理学的および原因学的に検索した. 肉眼的に病変は主に消化管に限局しており, 腸管内には血様の泥状物が認められた. 組織学的には, 空回腸における粘膜表層の出血性壊死が著明で, 病変部にはダラム陽性大桿菌が広範囲に認められた. 空腸内容物の嫌気性培養により, Clostridium perfringensが多数分離された. これらの結果より, 本 …

    Journal of Veterinary Medical Science 61(2), 175-177, 1999-02-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (11)

Page Top