安藤 信夫 ANDO NOBUO

Articles:  1-5 of 5

  • Existence of a Unique Stress-strain : time Relation of Clays  [in Japanese]

    赤井 浩一 , 足立 紀尚 , 安藤 信夫

    完全飽和した正規圧密粘土を用いて4種のタイプの三軸圧縮試験を行なうことで, より一般性を有する粘土の構成方程式を確立させるためのデータを供した。三軸試験結果から, 定ヒズミ速度セン断下での挙動に対するYongとJappの実験式, および応力緩和に対する村山他の実験式の成立を確証した。また, これら2式が等価であることと, SinghとMitchellのクリープ現象に対する実験式がこれら2式より誘導 …

    土質工学会論文報告集 17(3), i, 1977

    NDL Digital Collections 

  • 飽和粘土の応力-ひずみ-時間関係  [in Japanese]

    赤井 浩一 , 足立 紀尚 , 安藤 信夫

    飽和粘土を弾-粘塑性体と考えて, その時間効果を実験的に究明し, 単一の応力-ヒズミ-時間関係が存在することを明らかにしたものである。実験は飽和粘土の非排水条件下における定ヒズミ速度セン断と応力緩和試験の2種類であり, 実験結果として以下のことが知られた。非排水で軸対称条件下での発生間ゲキ水圧は最大主ヒズミの関数であり, ヒズミ速度の影響をうけない。定ヒズミ速度セン断の有効応力経路上に求めた等ヒズ …

    土質工学会論文報告集 16(1), ii, 1976

    NDL Digital Collections 

  • EXISTENCE OF A UNIQUE STRESS-STRAIN-TIME RELATION OF CLAYS :

    AKAI KOICHI , ADACHI TOSHIHISA , ANDO NOBUO

    Four types of triaxial compression tests were conducted on fully saturated normally consolidated clays under undrained conditions, in order to serve data for constructing a more general constitutive e …

    Soils and Foundations 15(1), 1-16, 1975

    NDL Digital Collections  Cited by (2)

  • Shock Tube Study on Stress Wave Propagation in Confined Soils  [in Japanese]

    赤井 浩一 , 堀 正幸 , 安藤 信夫 , 霜上 民生

    土中の応力伝パに関する現象を明確にし, とくに波動伝パに及ぼす減衰の効果を究明することを目的として, 載荷装置としてショックチューブを用いた実験と結果の概要について記述している。チューブは内径77.6mm, 長さ約3mの鋼製であり, 正確に制御された衝撃圧力(最大約80kg/cm^2)を得るために, 窒素ガスを用いる2段隔膜方式を採用した。低圧室の末端に接続する土供試体部分の寸法は, 内径76mm …

    土質工学会論文報告集 13(2), viii, 1973

    NDL Digital Collections 

Page Top