河合 透 KAWAI Toru

ID:9000005629924

(財)化学及血清療法研究所 (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-13 of 13

  • Characterization of Infectious Laryngotracheitis Viruses Isolated from Chickens with Respiratory Symptoms in Five Prefectures of Kyushu from 2005 to 2008  [in Japanese]

    YAMAZAKI Kenichi , NAGAI Toshimune , OHTA Hideyuki , KAWAI Toru , HONDA Takashi

    鶏伝染性喉頭気管炎(ILT)が2005年に熊本県、2006年に佐賀県、2007年に長崎県および鹿児島県、2008年に宮崎県でそれぞれ発生した。各県で分離されたILTウイルス(ILTV)の疫学的関連性をDNA制限酵素断片多型解析(PCR-RFLP)法により解析したところ、熊本県、佐賀県および鹿児島県で発生に関与したILTVは、同一のRFLPパターンを示し近縁のウイルス株である可能性が示唆された。一方 …

    Journal of the Japanese Society on Poultry Diseases 46(2), 100-106, 2010-08-25

    IR  References (9)

  • 2005〜2008年に九州5県の鶏伝染性喉頭気管炎(ILT)発症鶏から分離されたILTウイルスの性状  [in Japanese]

    山崎 憲一 , 永井 寿宗 , 太田 秀幸 , 河合 透 , 本田 隆

    鶏伝染性喉頭気管炎(ILT)が2005年に熊本県、2006年に佐賀県、2007年に長崎県および鹿児島県、2008年に宮崎県でそれぞれ発生した。各県で分離されたILTウイルス(ILTV)の疫学的関連性をDNA制限酵素断片多型解析(PCR-RFLP)法により解析したところ、熊本県、佐賀県および鹿児島県で発生に関与したILTVは、同一のRFLPパターンを示し近縁のウイルス株である可能性が示唆された。一方 …

    鶏病研究会報 46(2), 100-106, 2010-08

    JASI 

  • Occurrence of Mastitis Associated with Pastuerella multocida in Japanese Black Cattle  [in Japanese]

    MATAYOSHI Masanao , FUNAKURA Hisashi , URAE Kenta , YOKOGAWA Kenji , KAWAI Toru

    沖縄県石垣市で8歳の黒毛和種の繁殖牛が分娩後80日前後から右前乳房が腫脹、硬結し、California Mastitis Testで陽性、臨床型乳房炎と診断された。乳汁の細菌検査ではPasteurella multocidaが純培養状に623 CFU/mlで分離された。分離菌はPCRによる莢膜抗原型別試験およびゲル内沈降反応による菌体抗原型別で血清型A:3、4と型別され、PMT遺伝子toxAは保有 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(7), 524-526, 2010-07-20

    IR  Ichushi Web  References (20)

  • Pasteurella multocidaが分離された黒毛和種繁殖牛の乳房炎  [in Japanese]

    又吉 正直 , 船倉 栄 , 浦江 健太 , 横川 顕治 , 河合 透

    沖縄県石垣市で8歳の黒毛和種の繁殖牛が分娩後80日前後から右前乳房が腫脹、硬結し、California Mastitis Testで陽性、臨床型乳房炎と診断された。乳汁の細菌検査ではPasteurella multocidaが純培養状に623 CFU/mlで分離された。分離菌はPCRによる莢膜抗原型別試験およびゲル内沈降反応による菌体抗原型別で血清型A:3、4と型別され、PMT遺伝子toxAは保有 …

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(7), 524-526, 2010-07

    JASI 

  • The importance of toxinogenic Pasteurella in Atrophic Rhinitis in Japan and Development of AR Toxoids  [in Japanese]

    KAWAI T. , USHIJIMA T.

    わが国のARにおける毒素原性Pasteurellaの重要性とトキソイド開発。この度は、栄えある第16回藤崎優次郎賞を賜わりまして心から感謝申し上げます。私どもが財団法人化学及血清療法研究所に入所して間もない頃、1987年4月にAR(ボルデテラ)生ワクチンが製造承認され、同年12月に発売されました。しかし、翌年3月頃から本ワクチン接種豚にAR症状がみられるという症例が各地から寄せられたことから、その …

    日本豚病研究会報 = Proceedings of the Japanese Pig Veterinary Society (55), 4-7, 2009-08-01

    IR  Ichushi Web  References (6)

  • インタビュー ワクチンを効果的に使おう! 今、ワクチンに求められていることは?  [in Japanese]

    本田 隆 , 島田 英明 , 河合 透 [他]

    養豚の友 (474), 46-52, 2008-09

  • インタビュー ワクチンを効果的に使おう! 今、ワクチンに求められていることは?  [in Japanese]

    本田 隆 , 島田 英明 , 河合 透 [他]

    養鶏の友 (559), 10-16, 2008-09

  • 豚部門 (第130回日本獣医学会講演紹介(2000,大阪))  [in Japanese]

    長尾 和哉 , 河合 透

    Report of the Japanese Association of Veterinary Biologics 34(1), 26-32, 2001-01

  • Efficacy of inactivated vaccine against Mycoplasma hyopneumoniae infection in pigs  [in Japanese]

    NAGAO KAZUYA , KAWAI TORU , TAKASE KOZO , FUJIKAWA HIDEO

    日本マイコプラズマ学会雑誌 = Japanese Journal of Mycoplasmology 23, 113-114, 1996-12-31

  • 豚からのBordetella bronchisepicaおよびPasteurella multocidaの分離  [in Japanese]

    牛島 稔大 , 河合 透 , 長尾 和哉

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 47(6), 390-393, 1994-06

    JASI 

  • Safety and Efficacy of the Cell-Associated Vaccine Prepared by an Attenuated Infectious Laryngotracheitis Virus  [in Japanese]

    TANENO Akira , HONDA Takashi , SAKAI Eishi , KAWAI Toru , TOKUYAMA Yukio , ETO Masanobu

    鶏胚初代培養細胞に弱毒ILTウイルスCE株を接種して得られた感染細胞をワクチンとし(C-Aワクチン), 鶏での安全性と有効性について調べた. このC-Aワクチンは鶏の頚部皮下又は下腿部筋肉内に接種することにより鶏に免疫を与え, 10^<3.0>TCID_<50>以上のウイルス量のワクチンを接種された鶏はその70%以上が強毒株による攻撃に対して耐過した. また, このワクチン …

    The Journal of veterinary medical science 53(4), p671-676, 1991-08

    Ichushi Web 

  • Reproduction of Turbinate Atrophy in Pigs by Intranasal Consecutive-Day Inoculation with Suspensions of a Toxigenic Serotype D Strain of Pasteurella multocida  [in Japanese]

    KAWAI T , HONDA Takashi , TOKUYAMA Yukio , TANENO Akira , OISHI Sinji , OKAMURA Hiroshi , NONAKA Fujio , SAKAI Eishi , MIYAHARA Tokuji , ETO Masanobu

    毒素原性パスツレラ・マルトシーダD型菌株浮遊液の豚鼻内連続接種法の検討を行い, わが国で初めて鼻甲介萎縮病変の再現に成功した. 病変の程度は, 連続3日間接種よりも6日間接種の方が重篤であった. 接種菌は, 剖検時に回収され難いことから, 鼻内で持続的に定着できないことが示唆された. 病変形成に必要な菌数は, 豚の日齢により異なり, 1日齢及び80日齢SPF豚で各々10^6個以上,10^<1 …

    The Journal of veterinary medical science 53(3), p507-509, 1991-06

    Ichushi Web  Cited by (4)

  • Immunological Properties of the Cell-associated Live Infectious Laryngotracheitis Virus  [in Japanese]

    TANENO Akira , HONDA Takashi , SAKAI Eishi , KAWAI Toru , TOKUYAMA Yukio , HANAKI Takuma , ETO Masanobu

    ILTV感染細胞を20日齢鶏に皮下, 筋肉内及び点眼投与したところ, 強毒株による攻撃に対し, 投与後14日目でいずれの投与経路においても, 細胞フリーの現行ワクチンと同等以上の防御効果を示した. また, 初生齢鶏に感染細胞を皮下投与したところ, 投与後14日目で85-95%, 70日目でも60-70%の効果が認められた. このことから, ILTV感染細胞は, 免疫原性に優れた新しいタイプのワクチ …

    The Japanese journal of veterinary science 52(4), p827-829, 1990-08

    Ichushi Web 

Page Top