福田 典子 FUKUDA NORIKO

ID:9000005796705

東京都立松沢病院 Tokyo Metropolitan Matsuzawa Hospital (2002年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • Activities of Daily Living in Patients with Schizophrenia Analysis by the Functional Independence Measure (FIM)  [in Japanese]

    SENBA HIROYUKI , SEKIGUCHI MARIKO , NAKAYAMA HITOSHI , NAGUMO HIROTAKA , IMAMURA YOKO , SUDA MIKA , FUKUDA NORIKO , SAKATA KAORU , SEKINE MASAYUKI , KIKUCHI YOSHIYUKI , HASHIMOTO AKIKO , AOKI YUJI , KOSAKA TSUNEYO , KASUGA TAKEHIKO

    本研究は,慢性精神科病棟に入院する精神分裂病患者の日常生活動作について機能的自立度評価法(FIM)を用いて評価し,各日常生活動作項目の難易度,類似性や関連性,加齢による能力低下を明らかにし,日常生活動作の障害構造を究明することを目的とした。平成12年10月現在東京都立松沢病院慢性精神科病棟に入院中の精神分裂病患者478名のうち無作為抽出した男性36名57.9±10.1歳,女性95名58.6±12. …

    Rigakuryoho kagaku 17(1), 71-75, 2002-02-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (7)

  • Clinical Findings of a Patient with Schizophrenia and Physical Disability during Physical Therapy Treatment  [in Japanese]

    SENBA HIROYUKI , IMAMURA YOKO , FUKUDA NORIKO , SEKINE MASAYUKI , KIKUCHI YOSHIYUKI , NUMAO MASUO

    本研究は、身体障害を有する慢性分裂病患者が理学療法を実施するに際して、プログラムの計画や実施に問題となる臨床症状を明らかにすることを目的として実施した。対象は、平成9年7月より12年3月の間に、身体障害を生じ理学療法を実施した慢性精神分裂病患者で、精神症状がコントロールされている男性58名49.8±13.4歳、女性71名52.7±15.9歳、合計129名とした。当院理学 …

    Rigakuryoho kagaku 16(2), 91-95, 2001-05-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (24) Cited by (2)

  • 125 精神分裂病患者の理学療法効果  [in Japanese]

    仙波 浩幸 , 今村 陽子 , 福田 典子 , 関根 正幸 , 菊地 善行

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2001.28.2(0), 63, 2001

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 533 慢性精神分裂病患者の理学療法実施困難要因(調査・統計)  [in Japanese]

    仙波 浩幸 , 今村 陽子 , 福田 典子 , 関根 正幸 , 菊地 善行

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2000.27.2(0), 267, 2000

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (1)

Page Top