田中 伸明 TANAKA Nobuaki

ID:9000005800719

諏訪中央病院分院リバーサイドホスピタル東洋医学センター M. D., Oriental Medical Center, Riverside Hospital, Branch of Suwa Central Hospital (1996年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Study of the Differences in the Clinical Use of Atractylodes Japonica and Atractylodes lancea in Kampo Formulas  [in Japanese]

    NATORI Michio , TOSA Hiroyori , TANAKA Nobuaki , KAWAMATA Hirosi

    「朮」は大きく白朮と蒼朮に分類され, 白朮は利水・補剤として, 蒼朮は発汗・除湿剤として用いられてきた。しかし, 実際に白朮と蒼朮を入れ換えることにより, 自覚症状がいかに変化するかは検討されていない。今回我々は, 漢方方剤中の白朮と蒼朮を4週間ごとに入れ換えて処方検討することにより, 以下のことを明らかにした。<br>1) 関節痛がある症例では蒼朮を用いた方が有効率が高い。<b …

    Kampo Medicine 47(3), 419-424, 1996-11-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (7) Cited by (3)

Page Top