神宝 貴子 SINPOU Takako

ID:9000005996006

岡山県立大学保健福祉学部看護学科 Department of Nursing, Faculty of Health and Welfare Science, Okayama Prefectural University (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-12 of 12

  • Relationship between the level of care, degree of bedriddenness, and severity of dementia and mortality rates of elderly requiring long-term care in a hilly and mountainous area in city A  [in Japanese]

    Mitoku Kazuko , Fujita Toshiharu , Tomita Sanae , Shimpo Takako , Morito Masako , Nagao Mitsushiro , Ogawa Takanori

    本研究の目的は,中山間地域における要介護高齢者の要介護度,寝たきり度および認知症度と死亡との関連を明らかにすることであった.A市において2003年4月から2004年12月までの間に要介護(支援)認定を受けた65歳以上の高齢者2,341人について,2009年8月10日までの追跡調査を行った(平均追跡期間5.7年).男女別に累積死亡率(単位100観察人年)を求めるとともに,死亡を従属変数とし,Cox回 …

    Kawasaki medical welfare journal 20(2), 383-389, 2011

    IR  Cited by (1)

  • The Process in Which Patients with Shizophrenia Coming to a Psychiatric Day Care or a Small-Scale Workshop Rearch "Oriai" with Reality  [in Japanese]

    SINPOU Takako , KUNIKATA Hiroko

    Journal of Japanese Society of Nursing Research 31(5), 71-78, 2008-12-20

    Ichushi Web  References (18)

  • Schizophrenic Patients' Experiences in Psychiatric Day Care or Small-Scale Workshops : A Qualitative Study  [in Japanese]

    KUNIKATA Hiroko , KAYAHARA Michiyo , OHMORI Kazuko , SHINPOU Takako , OKADA Yumi

    Journal of Japanese Society of Nursing Research 29(1), 37-44, 2006-04-20

    Ichushi Web  References (21) Cited by (4)

  • The Safety of the Hot Water Bottle in Relation to Temperature Changes of Water  [in Japanese]

    奥山 真由美 , 掛橋 千賀子 , 神宝 貴子 , 重西 桂子 , 村上 生美 , Mayumi Okuyama , Chikako Kakehashi , Takako Shinpo , Keiko Omonishi , Ikumi Murakami

    臨床や家庭で多く使用されている3種類の湯たんぽ(ゴム製、プラスチック製、金属製湯たんぽ)について、湯温の違いによる湯たんぽの表面温度の経時的変化から安全性の検討を行った。その結果、ゴム製湯たんぽは、ネルカバーを掛けた場合には湯温50℃で、パスタオルで3層に巻いた場合には湯温55℃で安全性が確認された。蓋付きのプラスチック製湯たんぽは、湯温60℃で安全であると思われたが、80℃の湯温では低温熱傷を起 …

    岡山県立大学保健福祉学部紀要 = Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University (13), 57-65, 2006

    IR  DOI 

  • The safety of the hot water bottle in relation to temperature changes of water  [in Japanese]

    OKUYAMA MAYUMI , KAKEHASHI CHIKAKO , SHINPO TAKAKO , OMONISHI KEIKO , MURAKAMI IKUMI

    臨床や家庭で多く使用されている3種類の湯たんぽ(ゴム製、プラスチック製、金属製湯たんぽ)について、湯温の違いによる湯たんぽの表面温度の経時的変化から安全性の検討を行った。その結果、ゴム製湯たんぽは、ネルカバーを掛けた場合には湯温50℃で、パスタオルで3層に巻いた場合には湯温55℃で安全性が確認された。蓋付きのプラスチック製湯たんぽは、湯温60℃で安全であると思われたが、80℃の湯温では低温熱傷を起 …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 13, 57-65, 2006

    Ichushi Web 

  • Preparing for a Regional Health Welfare System Supporting a Healthier Life Expectancy for Older Adults in the Chusankan Area  [in Japanese]

    "Futoyu Yoshiko , Okada Yumi , Shinpou Takako , Okuyama Mayumi , Takeda Keiko , Kawaguti Taeko"

    総社市の中山間地域の富山地域を対象に,在宅高齢者の健康寿命を支える地域の保健福祉支援の基盤づくりのための基礎的な調査を実施した.この調査活動の目的は,(1)この地域に住む独居,夫婦世帯の高齢者の健康意識と生活者としての意識を明らかする.(2)在宅高齢者の健康生活を支える支援の方略を考えることである. 79名の聞き取り調査の結果,86.1%の高齢者は自分の住む地域はすばらしいと思い,同時に,92.6 …

    Kawasaki medical welfare journal 15(2), 423-431, 2006

    IR  DOI  Ichushi Web  Cited by (1)

  • Recovery Process and Self-Esteem of Schizophrenic Patients in Psychiatric Day Care or A Small-Scale Workshop  [in Japanese]

    SHINPOU TAKAKO , KUNIKATA HIROKO

    デイケアまたは作業所に通所している統合失調症患者が自尊心を回復するプロセスを明らかにすることを目的に、11名を対象に生活への思いをインタビューした。対象者が自分に好意を抱き、自分を尊重する内容(または、その逆の内容)を語った部分を抽出し、それを質的帰納的に分析した。その結果、《私はわからない》 《私がない》 《私はこれでいいのかも…》《私は頑張る》《私はダメだ》《私はうまくいかない》 《私はこれで …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 12, 57-66, 2005

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • 精神看護学実習に対する不安測定尺度の検討  [in Japanese]

    國方 弘子 , 神宝 貴子

    The Japanese journal of nursing science 29(6), 722-727, 2004-05

    Ichushi Web 

  • The Effect of Physical Excercises for Elderly with Dementia on Group Home  [in Japanese]

    OKUYAMA MAYUMI , SINPOU TAKAKO , KITAZONO AKIE , WATANABE FUMIKO

    グループホームで生活している痴呆性高齢者に対し、アクティビティの一環として、下肢の筋力維持・向上に重点をおいた運動を計画、実施し、利用者の行動特性とアクティビティケア評価表からその有効性を評価し、運動介入の効果について検討した。その結果、運動に対する行動特性として、【動きが出る】、【意欲的に行う】、【感情表出する】、【交流する】の4つの概念が創出された。アクティビティケア評価表による評価では、積極 …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 10, 39-47, 2003

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Logitudinal Study of the effect of care for Elderly with Dementia on Group Home -Changes over two years in the behavioral characteristics of the elderly with dementia living in group home-  [in Japanese]

    OKUYAMA MAYUMI , SHINPOU TAKAKO , KITAZONO AKIE , WATANABE FUMIKO

    グループホームの生活環境やケアが痴呆性高齢者(利用者)の行動にどのような影響を及ぼしているかを検討することを目的に、平成11年度から13年度にかけて、利用者の行動特性の変化を参加観察法により明らかにした。その結果、利用者がグループホームの生活になじみ、精神的に安定した生活を送っていることや、その人らしさを保持していることがわかった。その反面、利用者の痴呆症状の進行と、老化や痴呆の進行による身体機能 …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 9, 12-18, 2002

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • The Effect of Care for Elderly with Dementia on Group Home -Comparison of the behavioral characteristics of the elderly with dementia living in group home and health service facility for the frail elderly-  [in Japanese]

    ODA MAYUMI , SHINPOU TAKAKO , KITAZONO AKIE , NISHIMURA MISATO , WATANABE FUMIKO

    本研究はグループホームの痴呆性高齢者の行動特性を大集団ケアの場として代表的な介護老人保健施設の痴呆性高齢者の行動特性と比較し、グループホームケアの意義および効果について検討することを目的とした。研究方法は、グループホームに入居している痴呆性高齢者の行動を参加観察法により抽出し、内容分析の手法に基づき質的帰納的に分析した。介護老人保健施設においても同様の方法で行った。その結果、グループホームでは【仲 …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 8, 1-10, 2001

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Behavioral Characteristics of The Elderly with Dementia Living in Group Home  [in Japanese]

    ODA MAYUMI , SHINPOU TAKAKO , KITAZONO AKIE , YAMAMOTO KEIKO , WATANABE FUMIKO

    本研究はグループホームにおける痴呆性高齢者の行動特性を明らかにすることを目的とした。グループホームに入居している痴呆性高齢者の行動を参加観察法により抽出し、内容分析の手法に基づき帰納的・質的に分析した。その結果、グループホームにおける痴呆性高齢者の行動特性として、【自由な自己表出】、【家族・訪問者との交流】、【内輪の仲間・スタッフとの交流】、【その人らしい日常生活行動】、【痴呆に伴う行動】、【家事 …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 7, 41-50, 2000

    IR  DOI  Ichushi Web 

Page Top