廣田 幸子 HIROTA Sachiko

ID:9000006046461

西南女学院大学短期大学部 (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • Present Condition of Cookery Practice Education in University and the Actual State of Students as Seen by University Teachers  [in Japanese]

    AKINAGA Yuko , KUSUNOSE Chiharu , SONODA Junko , YAHIRO Miki , HIROTA Sachiko , IKEDA Hiroko , YONEDA Toshiko , FUTATSUGI Eiko , Futatsugi Eiko

    大学における調理実習教育に関する現状と担当教員の把握する学生の実態について,九州に所在する大学において調理実習科目を担当している教員を対象として,アンケート調査を実施した。<br> 調理実習科目の開講状況は,栄養士養成系および家政・教員養成系において,平均開講総単位数は2.8単位および2.0単位,平均必修単位数は2.2単位および0.6単位であった。<br> 調理実習の時間割 …

    Journal of Cookery Science of Japan 45(4), 255-264, 2012-08-05

    J-STAGE  NDL Digital Collections  References (15) Cited by (1)

  • A study of lifestyle on young female students for planning of health education programs  [in Japanese]

    YASHIRO Akiko , YAMADA Shima , HIROTA Sachiko , TAKIZAWA Kazuko , YONEDA Toshiko , NAGANO Yuko , ASAO Mihoko , KANEKO Aya , RYU Kanako , MIZOBUCHI Yuriko , OKUDA Chie , ARAKI Yuko , KANEKO Makiko , HOSOI Yoko , SAKAMOTO Tomoko , MIYAKE Masaki

    我々は、平成16年度(2004年)〜平成18年度(2006年)にかけて、九州女子大学・九州女子短期大学在学生を対象にした日常生活状況および身体状況に関する調査を実施した。調査結果ならびに今後の課題は以下のとおりである。生活・身体状況全般に関する調査結果では、欠食割合は比較的少ないものの、摂取食品の中で穀類の摂取が著しく低く、そのことが炭水化物の%エネルギー比を低下させていると推測された。一方で、菓 …

    Bulletin of Kyushu Women's University. Natural sciences 44(2・4), 13-32, 2008

    Ichushi Web 

  • Effect of tests in proficiency for acquiring the name and amount of the various foods  [in Japanese]

    YONEDA Toshiko , HIROTA Sachiko , MATSUMARU Tomomi

    食品名や食品分量を習得するために小テストを5回実施した。食品名と食品分量の習熟度について、小テストの効果をアンケート調査により検討を行った。1)食品名の正解率は、食品の種類や食品群で異なっており、畜産類ときのこ類で高く、果物類は低い結果であった。2)食品分量の目測率は、黄な粉、片栗粉などの粉状の形態、葉物野菜、干し椎茸などの乾燥食品は、高い結果で重く目測をした。3)テスト回数の進行度と食品名の正解 …

    Bulletin of Kyushu Women's University. Natural sciences 42(4), 27-36, 2006

  • A Survey of Intake of Nutrients and Proportional Intake of Food Groups among Aged Women living in Moji, Kitakyushu(Natural Sciences)  [in Japanese]

    SHIMODA Taeko , HIROTA Sachiko , HOSOI Yoko , MAKIYAMA Chinami

    高齢者が在宅で健康に過ごすためにどのような食事のサポートが必要かを知る目的で、門司区在住高齢者の食生活実態調査を行った。60歳から89歳の女性、計46人を対象とし、栄養素・食品群別摂取量の調査にはDHQを用いた。60歳代、70歳代および80歳代の3群に分け栄養素等および食品群別平均摂取量について検討した。エネルギーおよび栄養素摂取量は加齢とともに減少していた。平均栄養素等摂取量と年齢別・身長別栄養 …

    Bulletin of Kyushu Women's University. Natural sciences 39(2), 1-11, 2002

    Ichushi Web 

Page Top