有田 亘 Arita Wataru

Articles:  1-12 of 12

  • High School Visit Fieldwork in First-year Seminars  [in Japanese]

    有田 亘 , アリタ ワタル , Wataru Arita

    We report on student high school visits which are Seminar 1 tasks at the Department of Psychology and Communication, OIU. These consists of a series of operations; (1) students write a report to intro …

    国際研究論叢 = OIU journal of international studies : 大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部紀要 28(2), 29-39, 2015-01

    IR 

  • For Attempt to Introduce Character in the Field of University Education  [in Japanese]

    有田 亘 , アリタ ワタル , Wataru Arita

    We have been trying to introduce the character to education from 2010 in the Osaka International University, Department of Psychology and Communication. While this attempt is still continuing as of 20 …

    国際研究論叢 = OIU journal of international studies : 大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部紀要 28(1), 91-107, 2014-10

    IR 

  • Imperial Humanism : Internationalism in the Anti-Semitism of Wagner  [in Japanese]

    有田 亘 , アリタ ワタル , Wataru Arita

    The music of Wagner has been strongly criticized for its racial imperialism and inhumane nature rooted in anti-Zionism. Because of this, Israel had even effectively tabooed any performances of Wagner' …

    国際研究論叢 = OIU journal of international studies : 大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部紀要 27(3), 31-42, 2014-03

    IR 

  • Towards Lolita Fashion as a "Gaze Revolution"  [in Japanese]

    Arita Wataru

    Many clothing styles of young Japanese women are driven by a desire to make themselves "look cute". However, girls dressed in the Lolita fashion, which is characterized by feverishly pursuing dollish …

    OIU journal of international studies 26(3), 1-20, 2013-03

    IR 

  • The post-colonial dispute about Jane Austen's Mansfield park  [in Japanese]

    Arita Wataru

    Edward W. Said's Culture and Imperialism stirred up a post-colonial dispute about the novel, Mansfield Park, written by Jane Austen.  But Said's point in question was to interpret the "structure of at …

    OIU journal of international studies 23(3), 91-105, 2010-03

    IR 

  • The encoded critique of colonialism: on the post-colonial dispute about Jane Austen's Mansfield Park  [in Japanese]

    Arita Wataru

    Bulletin of the Faculty of Sociology, Otemon Gakuin University (4), 1-16, 2010

    IR 

  • "Opera Aperta" as Communication Study  [in Japanese]

    有田 亘 , Arita Wataru

    ウンベルト・エーコの提唱した「開かれた作品」の概念は、現代芸術に特有な不確定性や受け手の参加の問題を論じたものとして、もっぱら美学方面で高く評価されてきたが、ここではコミュニケーション論、特にメディア論的観点からの再評価を試みる。

    Annals of human sciences (21), 77-90, 2000

    IR  DOI 

  • Counterpoint as Medium  [in Japanese]

    有田 亘 , Arita Wataru , アリタ ワタル

    「対位法」という用語は今日、メディア論の分野ではよく知られたものになっている。卓抜した対位法の実践例として知られるピアニスト、グレン・グールドの演奏─だけにはとどまらない活動の全般─が、彼の傾倒していたマーシャル・マクルーハンのメディア論に結びつけて取り上げられてきたのが、その大きな理由の一つであろう。また、特に最近のカルチュラル・スタディーズの隆盛とともに、並列性、複数性、相補性などを重視するべ …

    Annals of human sciences (20-2), 377-389, 1999

    IR  DOI 

  • Optimism in Mass Culture : Focussing on Pollyannaism  [in Japanese]

    有田 亘 , Arita Wataru , アリタ ワタル

    楽観主義という肯定的であるはずの価値観には、常に現実離れした嘘くささがつきまとっている。しかしその一方で、分別をわきまえた現実主義の評判がよいわけでもけっしてない。本稿では大衆文化の中での楽観主義/現実主義の問題を、現実/フィクションの社会的構築の問題として考察する。その作業を行う際、具体的素材として、エレナ・ポーターの小説『ポリアンナ』─日本では一九八六年にテレビアニメ化された─の主人公ポリアン …

    年報人間科学 (17), 101-113, 1996

    IR  DOI 

  • Optimism in mass culture : focussing on pollyannaism  [in Japanese]

    Arita Wataru

    Annals of human sciences 17, 101-113, 1996

  • The "Gentile" Epistemology of Society  [in Japanese]

    Arita Wataru

    E ・W ・サイードの社会認識論を明らかにすることを試みる。「財産目録を作成することがまず初めに要求されている」というグラムシの言葉を参照しつつ提示されるその認識論は、社会認識の比喩である「財産目録の作成」からの疎外を前提している。これはヴィーコの言う「異教徒的世界」、つまり遡及的な社会認識の不可能性を念頭に置いた議論である。初めの二つの節で示されたそうした主張が成立可能となる条件について、第3節 …

    Annals of human sciences (16), 93-106, 1995

    IR  DOI 

  • Edward W.Said, The world, the text, and the critic  [in Japanese]

    有田 亘

    Annals of human sciences (14), 131-135, 1993

    IR  DOI 

Page Top