池田 英喜 IKEDA Hideki

Articles:  1-4 of 4

  • 状態の移行前を表す「もう/まだ」について  [in Japanese]

    池田 英喜

    Handai Nihongo kenky(0xFAEC) (12), 49-56, 2000-03

  • mou and "mada", Expressing Time Before the Shift of States  [in Japanese]

    池田 英喜 , Ikeda Hideki , イケダ ヒデキ

    「彼はもう来る」には「来ていない/来るのを待っている」といった継続している状態の打ち切りというニュアンスがあるが、「彼は来る」にはそのようなニュアンスはない。また、「水がもう少し必要だ」は言えるが、「水がもう必要だ」は特殊な状況を設定しないと言えない。これはいずれも「もう」が状態継続の打ち切りという意味を付加するためであり、動作性述語文の前者では状態継続の打ち切りのための手段が述語によって表され、 …

    阪大日本語研究 12, 49-56, 2000-03

    IR 

  • mou and "mada", Adverbs Expressing Before or After the Shift of States  [in Japanese]

    池田 英喜 , Ikeda Hideki , イケダ ヒデキ

    「もう・まだ」は「コップに水がまだ半分もある」と「コップに水がもう半分しかない」、「コップに水がもう半分もある」と「コップに水がまだ半分しかない」のように、「コップに水が半分入っている」という一つの事態を全く逆の2つの観点から表す際に用いられる。一方「彼はまだ来ない」「披はもう来ている」のように、事象の達成・未達成を表すことから、アスペクトの副詞として扱われることが多い。本稿ではこの2通りの「もう …

    阪大日本語研究 11, 19-35, 1999-03

    IR 

  • "Mou" and "Mada",Adverbs Expressing before or after the Shift of States  [in Japanese]

    IKEDA Hideki

    Handai nihongo kenkyu 11, 19-35, 1999

Page Top