寺門 とも子 Terakado Tomoko

Articles:  1-12 of 12

  • A continuing nursing education training course for Indonesian nurses : Career development ladder project  [in Japanese]

    寺門 とも子 , 喜多 悦子 , 小川 里美 [他] , エレーラ ルルデス , 本田 多美枝 , 上村 朋子 , 松尾 和枝 , 五十嵐 清

    Under the auspices of the Japan International Cooperation Agency (JICA), The Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing (JRCKICN) organized and conducted a training program that aims a …

    日本赤十字九州国際看護大学紀要 = Bulletin of the Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing (12), 57-62, 2013

    IR  DOI 

  • Factors that influences nurse's occupational career maturity scales  [in Japanese]

    Kotegawa Yoshie , Honda Tamie , Abe Orie , Honda Yumi , Terakado Tomoko , Yahiro Machiko

    The aim of this research is to shed light on the factors that influence the Occupational Career Maturity Scale. We believe that personal attribution; the presence or absence of role models, mentors, …

    The Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing, intramural research report (9), 15-25, 2010

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • The effect on the palliative oral care for the terminal patients of ementia  [in Japanese]

    渡部 貴美江 , 中村 早苗 , 原 等子 , 桐明 あゆみ , 寺門 とも子 , 渡部 貴美江 , 中村 早苗 , 原 等子 , 桐明 あゆみ , 寺門 とも子

    終末期認知症高齢者の口腔内の現状には、口腔乾燥や歯周病などさまざまな苦痛要因が存在する。今回われわれは、認知障害のために意思表示のできない患者に対し、緩和ケアの視点を取り入れた「緩和口腔ケア」を提案し、病棟スタッフへの段階的教育を行い、ケア現場での導入を試みた。その過程を振り返ることで「緩和口腔ケア」の定着のために必要な点として、1.歯科専門家、看護、介護スタッフなどとのチームアプローチ。2.スタ …

    日本赤十字看護学会誌 = Journal of the Japanese Red Cross Society of Nursing Science 6(1), 110-118, 2006-03

    IR 

  • 看護職者のキャリア形成にむけた学習ニーズの分析--九州ブロックN系病院9施設における調査  [in Japanese]

    寺門 とも子 , 本田 多美枝 , 山本 捷子

    Journal of the Japanese Red Cross Society of Nursing Science 5(1), 106-116, 2005-03

    Ichushi Web 

  • Analysis of the learning needs for nurses career development : an investigation 9 hospitals in Kyushu block  [in Japanese]

    寺門 とも子 , 本田 多美枝 , 山本 捷子 , 寺門 とも子 , 本田 多美枝 , 山本 捷子

    Purpose; It was to clarify learning needs of carrier development for nurses working at N-affiliated Hospitals in Kyushu area, and to analyze the connection with the longitude of experience.  Method; A …

    日本赤十字看護学会誌 = Journal of the Japanese Red Cross Society of Nursing Science 5(1), 106-116, 2005-03

    IR 

  • Cognition about Terminal Care of Nursing Home Staff : the survey of three M city institutions  [in Japanese]

    Terakado Tomoko , Saeki Ayumi , Inadome Yukiko , Hara Naoko , Schreiner Andrea.S.

    M市内にある介護老人福祉施設で働くケアスタッフの、高齢者終末期ケアに対する認識を明らかにし、日本における高齢者終末期ケアのあり方を模索していくための資料とすることが今回の研究目的である。研究方法は、M市にある介護老人福祉施設に勤務する人全員を対象に、高齢者終末期に関する認識、属性、心理的健康状態などを調査項目とした自記式質問紙調査である。結果は、調査対象201、回収率61.1%、そのうちの有効回答 …

    The Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing, intramural research report (4), 141-151, 2005

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • 痴呆性高齢者の施設における緩和ケアモデルへの提言--アメリカナーシングホームの実践を通して  [in Japanese]

    守本 とも子 , Schreiner Andrea.S. , 原 等子 [他] , 寺門 とも子

    The Japanese journal of nursing science 29(10), 59-66, 2004-09

    IR  Ichushi Web 

  • Analysis of the Learning Needs for Nurses Career Development : An Investigation on N-Hospitals in Kyushu Block  [in Japanese]

    Yamamoto Shoko , Honda Tamie , Terakado Tomoko

    九州ブロックN系列9病院に働く看護職者に対し、看護職のキャリア形成に向けた学習ニーズの実態を明らかにするために質問紙調査を行った。有効回答数は482名で、結果の概要は以下のとおりであった。1)約6割以上の人は職務満足が高く、今後の職業継続意志を持っているが、迷っている人も3割と比較的多かった。2)キャリア形成の条件である家族のサポートは良好だが、職場の学習意欲を促進するような雰囲気や同僚の理解など …

    The Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing, intramural research report (3), 208-218, 2004

    IR  DOI  Ichushi Web  Cited by (1)

  • An Investigation of Hospital Care received prior to Death among Nursing Home Transfers with Dementia in Japan  [in Japanese]

    Terakado Tomoko , Hara Naoko , Schreiner Andreas , Okayama Masahiro

    Despite growing consensus that palliative end-of-life care should be provided in the nursing home setting to residents with Alzheimer's and other dementias, many nursing home residents with dementia i …

    The Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing, intramural research report (3), 171-181, 2004

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • The Effect on "The Palliative Oral Care" for the Terminal Alzheimer's Patients  [in Japanese]

    Hara Naoko , Schreiner A.S. , Terakado Tomoko , Saeki Ayumi , Nakamura Sanae , Watanabe Kimie , Saga Yumi , Jyufuku Mutsuko , Numata Youko , Oobayashi Kyoko , Hirota Katsuhiko , Miyake Youichiro

    現在、日本の病院や施設にいる痴呆性高齢者の死因の多くは肺炎や尿路感染など感染症である。近年、不顕性誤嚥による肺炎予防での口腔ケアの効果が注目されている。今回われわれは、終末期痴呆性高齢者を対象者として、口腔内のさまざまな苦痛を伴う症状緩和、あるいは肺炎などの原因となる歯周病関連疾患予防に重点をおいた口腔ケア(これを「緩和口腔ケア」と呼ぶ)を実施することによって、対象者にどのような効果が現れるかにつ …

    The Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing, intramural research report (3), 101-114, 2004

    IR  DOI 

  • The Use of life Event History Interviews as an Effective Method for Nursing Students to Learn about Elderly People's life and Health Values  [in Japanese]

    Terakado Tomoko , Otsuka Kuniko , Ishimatsu Naoko , Hirakawa Orie

    個人史インタビューという方法は,看護学生が高齢者の人生観・健康観を把握し,高齢者を理解するために効果的であることがわかった.学生はこのインタビューにより個人史を聞くことで,身近な存在であった高齢者の積極的な生き方や,健康に気をつけた生き方をしていることを理解し,高齢者に対する見方,考え方を変化させていた.これは知的・情緒的理解であり,個人史インタビューは世代間のギャップを越えて看護の対象を理解する …

    Journal of Japan Academy of Gerontological Nursing 7(1), 88-94, 2002

    J-STAGE  Ichushi Web  References (14) Cited by (4)

Page Top